[かぶ] 【PR】エニープロ Anyproステレオミニプラグケーブル Hi-Fiオーディオケーブル3本セットレビュー。この価格と3本の組み合わせのバランスは絶妙だと思います。

[かぶ] 【PR】エニープロ Anyproステレオミニプラグケーブル Hi-Fiオーディオケーブル3本セットレビュー。この価格と3本の組み合わせのバランスは絶妙だと思います。

スポンサーリンク

提供頂きながら、ごめんなさい。最後まで悩みました。それは、どう書こうか、最初イメージが出来なかったからです。

以前イヤホンを何種類もレビューしていますが、「音」に関するツールというのは私にとって書くことが難しい。「滑らかな」「艶やかさが」などと書くと、ジャズ専門誌やジャズ評論家と同じ世界になってしまうからです。

昨年亡くなられたそうで。私の人生に多大なる影響を与えてくれた方でした。ありがとうございます。

超ジャズ入門 (集英社新書)posted with ヨメレバ中山 康樹 集英社 2001-09 Amazon楽天ブックス 何かにつけ...

今回、アロマディフューザーなどのホームキッチン類から、ケーブル、スピーカーなどの家電製品を幅広く販売しているAnypro様からHi-Fiオーディオケーブル3本セットを提供頂きました。

1209-201604_Anypro Stereo Audio Cable 01

こうした「既に手元に何かしらあって、特に不自由を感じていない」モノほど、後回しにされがちだと思います。先日はLEDデスクライトを取り上げましたが、今回のオーディオケーブルも同じです。

そこで、今回そんなついつい後回しにされがちで、判断のしにくい、けれど使ってみると世界が広がるケーブルというモノについて書いてみたいと思います。

エニープロ Anyproステレオミニプラグケーブル Hi-Fiオーディオケーブル3本セット【0.3mAUDIO変換ケーブル 2m、1mオーディオケーブル】Ф3.5mm AUX接続用 高音質再生 【その場に臨む】

今回提供頂いた商品はこちら。

わが家にもコンパクトサイズのBluetoothスピーカーから5.1chのオーディオシステムまで多少は環境がありますが、そんな私にとってどんな使い方が出来るのか。まずは製品から見ていきたいと思います。

長さの異なる2本のケーブルと、オーディオスプリッタケーブルの、合わせて3本のセット。

1209-201604_Anypro Stereo Audio Cable 02

右上から時計回りに、「オーディオケーブル(2m)」「オーディオケーブル(1m)」「変換ケーブル(0.3m)」です。3本入って、しかも24金メッキでケーブル自体の作りもしっかりしていてこのお値段(参考価格2,856円がセール価格で1,599円 – レビュー時点)というのは、まずは価格の面でも好印象です。

これくらいなら必要に迫られていない時でも手元に持っておくか、という気になります。そして、決して安っぽくない。この安っぽくないのはとても大切です。質感、いつもは触れませんが、ケーブルにおいては大切です。

何故なら、こういうオーディオケーブルは、余ったケーブルの保管が意外と面倒で邪魔な割に、必要な時に限って必要な種類のケーブルが手元にないことが多いからです。余ってる時に邪魔だと思って捨てちゃうことが多いので。そんな時、真っ先に捨てられる可能性が高いのが、100円ショップなり格安でとりあえず間に合わせで買った、ちょっとチープなケーブルだからです。

音質が云々以前に、質感は手元に残るかどうかの気持ちの問題に大きく影響します

一般的な3.5mmオスのケーブルは、それなりに良い音を聴かせてくれそうな雰囲気。

1209-201604_Anypro Stereo Audio Cable 06

ケーブルの世界もどんどん技術が上がっているんですね。普段意識することが少ないだけに、家電量販店などで見ることも少なく、私の中ではオーディオ機器等をたまに買った時に付属で付いている味も素っ気もないケーブルの印象しかなかったのですが、イヤホンと同じく1500円あれば普通にこれだけ綺麗なケーブルが手に入るんです。それも3本。

1209-201604_Anypro Stereo Audio Cable 07

また、0.3mの変換ケーブル(3.5mmオスx1 から 3.5mmメスx2へ)も音楽を複数台でシェアしたくなった時に便利です。大抵そういう時に限って手元にないことが多いと思います。0.3mmという長さは嵩張らず携帯するのにも悪くはありません。

1209-201604_Anypro Stereo Audio Cable 03

本格オーディオ機器を持っていても、また単にスマホや携帯音楽プレーヤーなどしか持っていなくても、意外とこの種の3.5mmの一般的なケーブルは疎かにしがちなので、長さの違う(2mと1m)2本組というのは、思わぬ所で本領を発揮しそうです。

さて。私の環境ではどんな風に使おうか。(実践篇)

最近、瞑想し始めたんです。私。

突然何を言い出すんだ、何に目覚めたんだ、と思われるかもしれませんが、一日一日を過ごす中で、常にスマホだPCだの画面を時間さえあれば眺めていることが多くなり、特にスマホを手にしている時間が多くなってしまいました。最近このブログでもスマホに関する文章、多くなりましたしね。ZenFoneとか。

気がつくと、自分の頭の中を常に大量の情報が飛び交い、コントロールも効かず、渦巻いている状態。改めて考える時間を意識して取ることも出来ない日が続きました。

そんな時にたまたま思い出したのが瞑想。どこかで見かけたこの本がきっかけです。

今更「マインドフルネス」?とか言わないで下さい。最近ビジネス書の類いはほとんど読んでいなかったので、以前に比べると情報が遅れています、私。以前は自己啓発系大好きな20代だったのですが(間もなく40代)

で、明らかに脱線し始めているのでケーブルの話に戻りますが、この瞑想用のアプリがスマホ用なのです。そこでZenFone Zoomと最近愛用中のBluetoothスピーカーの組み合わせでお家で簡単に10分瞑想♪とか思ったのですが・・。

Headspace – meditation – Google Play の Android アプリ

マインドフルネス・アプリ – Google Play の Android アプリ

何故かナビゲーションの声の初めが毎回飛ぶんです。音飛びです。

最初アプリが原因かと思いましたが、イヤホンで聴くと全く問題ありません。どうやら最近自宅に無線が飛び交っているので少々相性が悪いのかもしれません。Pebble Smartwatchとか愛用してますし。

そこで出てきたのがスマホとスピーカーの有線接続ですが、こんな時に限ってオーディオケーブルが手元にありませんでした。そこに今回のケーブルです。渡りに船です。

今は亡きOmakerの名作スピーカー、M075と繋いでみたら瞑想が捗った。

最近レビューしたコンパクトサイズのBluetoothスピーカーにはオーディオ端子がありません。かといって本格的なスピーカーに繋いだら瞑想する場所が限られてしまいます。

1209-201604_Anypro Stereo Audio Cable 09

そんな時にこのスピーカーの出番です。私の中ではサイズ、音ともに絶妙でありながら、気がついたらAmazonから姿を消してしまっていたOmakerの名作BluetoothスピーカーM075です。

先日お伝えした通り、ここ最近Bluetoothスピーカーの使用頻度が急激に上がっています。なにか特別な理由があるわけではないのですが、本格的なオーディオシステムで音楽を「聴く」というだけでなく、音楽を...

あまりに惜しい。確かに充電しながらだとオーディオケーブルが繋げられなかったりと惜しい部分はあるけれど、それ以外は非常に気に入っていたのに。

ということで、早速後ろに繋いでみました。

1209-201604_Anypro Stereo Audio Cable 08

スピーカーとスマホのコンパクトさと機動性を犠牲にせずに、どこでも瞑想が出来そうです。勿論外ではイヤホンを使いますが、時々部屋でスピーカーを使いたい時には最適です。

Chromeboxなど、オーディオ端子がシンプルに3.5mmAUX 端子のみの場合に助かります。

私の愛用Chromebox。最近あまり取り上げないので、すっかり使っていないと思われているかもしれませんが、変わらず現役、今もメイン機種の一つです。

Chromeboxが本日の午前中に到着しました。昨日午前中に注文して、夕方には発送のお知らせ、今朝一番で届きました。佐川さんはありがたいことに午前便だとルートの関係で我が家は9時ジャストに届けてくれる...

Chromeboxに限らず、ノートPCなどコンパクトさが大切な機種では、オーディオ端子がシンプルに3.5mm AUXのみ、という場合も少なくありません。あとはBluetoothあるから良いでしょ、みたいな感じです。

私の立ち机環境のように、液晶一台でChromeboxとChromebook、更に時々T100HA-128Sまで繋いでいるような環境では、今回のオーディオスプリッタケーブルも含めた組み合わせは非常に助かります。あまりケーブル自体の長さも長くなくて良いですし、あとはAUX接続の出来るある程度音の良いスピーカーがあれば良いだけですから。

意外とオーディオケーブルって使うのに、肝心な時にない。けれど本格的に拘るまでではないけれど、折角ならなるべく良い音で聴きたい。そんな時に今回のケーブルは最適だと思いました。

何本あっても困らないけれど保管場所だけは困るオーディオケーブルには、こういう手頃ながら質感もあるセットが最適です。

何かしらオーディオ機器や家電製品を買った際に付属していた気がするけれどほとんど使っていなかったケーブルが、家の中にゴロゴロと、また色々なところから出てきたりしませんか?

オーディオケーブルは拘る方はとことん拘るのですが、興味のない人にとっては何でも同じ、になってしまいがちなモノです。そして、何でも同じ人の手元に限って色々な素っ気ないケーブルが結構あるくせに、年末大掃除や片づけの際に勢いよく捨ててしまったりして、必要な時に限って見つからなかったりします。

けれど、基本的に手元には必要なんです。3.5mmのステレオケーブルって。

であれば、自分でも把握出来る形で長さ違いで2本+ふとした時に必要になる分岐ケーブルの組み合わせ、って意外とバランスが良い気がします。もちろん手元にこだわりの組み合わせがあれば別ですが、意外とこの辺は適当な方も多いのではないか、という気がします。例えば私。

そんな時、今回のような基本的な外装(耐久性もひとまず問題なさそうで24金メッキ、質感も悪くない)部分はしっかり押さえてあるケーブルで揃えておく、というのは良い選択肢なのではないかなぁ、と思いました。といってもわが家では保管しておく、というよりも既に先ほどのように瞑想用にChromebox用、と既に役割が与えられてしまっているので早速本数が足りなくなっていますが。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。