[0644-201502] 今更だけれど、携帯料金って月々の利用料だけ見ても比較も節約もできないよね、って話。

[0644-201502] 今更だけれど、携帯料金って月々の利用料だけ見ても比較も節約もできないよね、って話。

スポンサーリンク

昨日書いたこの話題。
[0638-201502] 早とちりでバッフンバッフンして更に数字に弱いところを晒してしまったので、穴があったら入りたい。iPhoneとSoftBankの話。
昨日は「割賦契約は金額に入らない」前提で単純な利用料金で比較してみましたが、実際に毎月の生活費、という点で考えるのであれば、割賦であろうがなかろうが、端末代は非常に大事な要素だなぁ、と改めて思いました。
OK76_iphone6hikusugi20141221141320500

昨日あの後時間があったので簡単に24ヶ月で計算してみた。

現状ではこのままSoftBankの契約を続けて、「パケットし放題」プランだけ「フラット」から変更して運用する、という話をしました。
ただ、興味があったので昨日ちょっと時間を見つけて幾つかのパターンで計算してみたんです。暇ですね、私。でも意外と楽しいですよ。ぜひ一度ご自身の場合を軽く計算してみるとオススメです。
「プランを変えないでこのまま現状維持」「フラットだけ変更」「全て解約してMVNO契約に変える」「いつでも解約等が自由に出来るようついでにiPhone自体もこれからSIMロックフリーに買い換える」
こうして挙げてみると何の魅力もない平凡な4パターンですが、それぞれ大体の金額を出してみたところ、結局一番影響するのは端末代だということ。
これは一括で払っている人も結局は先に払っているわけで、それをどの程度の期間使うかによって多少変わるものの、その期間月数で割れば月々の端末にかかる費用が出てきます。
以下、それぞれ私の場合で挙げてみます。あくまで私の現状からおおまかな計算をしただけなので、細かい金額は時期やその人の選ぶプランによって変わります。そこは突っ込まれても答えようがありません。
PAK86_iphonetomemo20140313500

「プランを変えないでこのまま現状維持」

まぁ何も考えずに普通に契約して2年使うならベースこれくらいの値段だよね、という額。2年で24万円です。
24ヶ月TOTAL ¥240,204-
1ヶ月当たり ¥10,009-
現状SoftBankの月額が色々差し引きして¥4,853-。更に割賦残高が¥95,220-残っているものを24回で分けています。(実際は既に一部払っているのですが)

追記 2015年2月10日 15:00 更新

上の金額は私の場合で昨日出しているので、今気づいたのですがOCN モバイル ONEの月2GBデータ通信専用(¥1,188-)が入っています。これ、普通に使うなら要らないと思うので、ここから更にこの金額(¥1,188-)引いて考えて下さい。
折角パケットし放題フラットで月7GBまではSoftBankで制限なく使えるわけですから、私のようにChromebookとか別に使いたければテザリングすればいいんです。
再計算は面倒なのと、あくまで自分用の現状からの比較なので、このままにさせて下さい。失礼しました。

「プランをフラットから変えるだけ、他はそのまま」

もうiPhone買っちゃったし、かと言って折角だから少しコスト抑えたいと思った場合。私のように折角だからMVNOとか試してみるか、とデータ通信全般はモバイルルーターでSIM使ってWi-Fiで。


[0610-201502] Aterm MR03LNが届いたので、ひとまずOCNモバイルOneの月2GBコースで始めてみました。
あ、でもこの場合モバイルルーターの値段とか入れてないや。まぁその辺はiPhoneの払い済みの割賦分を入れてないのと同じで大体で見て頂けるとありがたいです。再計算めんどくさいから。
24ヶ月TOTAL ¥168,660-
1ヶ月当たり ¥7,028-
節約出来る金額 ¥71,544-(一ヶ月あたり¥2,981-)
プランを「パケットし放題」に変更。これで月額が¥1,872-になります。今既に使っているOCN モバイル ONEの月2GBデータ通信専用(¥1,188-)をそのまま利用の場合です。

「SoftBankを解約、MNPでMVNOに乗り換え。iPhoneも処分。」

もう今の生活スタイルをバッサリ変えたい。iPhoneだなんだ言わずに、この2年間はちょっと抑えていく。まぁスマホは使うので持ち続けるけど安いのにするよ、って場合。
24ヶ月TOTAL ¥109,544-
1ヶ月当たり ¥4,564-
節約出来る金額 ¥130,660-(一ヶ月あたり¥5,444-)
MVNOは現状のOCN モバイル ONEのデータ通信専用SIMを音声付きに変更、月¥1,836-に。データ通信は2GB。
流石にかなりコストは抑えられます。SoftBankの契約解除手数料¥10,260-、MNP手数料¥2,000-も加えています。
現状のiPhone6 Plusをヤフオクで出品、相場を中古ということで7万円で設定しています。代わりにSIMロックフリーの端末として、何を選んでも良いのですが、ここでは私が気になっているZenfone5 16GBで計算。¥28,000-。MVNOは上と同じ。

「SoftBankを解約、MNPでMVNOに乗り換え。iPhoneをSIMフリーに買い替え」

これはないけど、今を刹那的に楽しみたい場合。もう嫌だ、SoftBankとはオサラバしたい。そんなSIMロックかかった中途半端なiPhoneなんてiPhoneじゃない。これを売ってSIMフリーのiPhoneに変えればMNPで通信量抑えながらiPhoneも使えるじゃないか、という場合。
24ヶ月TOTAL ¥203,244-
1ヶ月当たり ¥8,469-
節約出来る金額 ¥36,960-(一ヶ月あたり¥1,544-)
これ、何が楽しいのかさっぱり分からないプランですが。この場合契約解除料¥10,260-、MNPが¥2,000-などは上と変わらず。現状のiPhone6 Plusをヤフオクで出品、相場を中古ということで7万円で設定しています。またSIMロックフリー版はAmazonで確認、かなり値段が上がっているので64GB版に下げて¥121,700-。
うわ、ゴールドが安くなってるなぁ、昨夜この数字出した時にはもっと高かったのに。シルバーは相変わらず。この辺りはタイミングによって大分変わるので、難しいですが。

iPhoneや高額Androidにする人は既に月換算で高くなるよね。

PAK85_garakebb20141025171133500
当たり前といえば当たり前なのですが、ついキャリアの利用料金や通信料金にばかり目がいっていると意外と忘れがち。
正直大手キャリアからMVNOで格安SIM契約しようが、元々の端末代が高いんです。iPhone6 PlusならSoftBankで月¥4,440-なわけですから。
本当にコスト抑えたければ真っ先に削るのは細かいオプションやプラン云々以前にiPhone止めればいいんです
例えば3番目のiPhoneやめちゃうパターンなら、現状維持から24ヶ月前提で考えるなら11万近く節約出来てしまう。これが一番楽です。最初から考えなければ良いんです。
まぁ2年後に売ること前提でSIMフリーのiPhone買う、って手もありますが、その辺考えるとAndroidでも半年毎に安い端末買い換えていってもいいでしょ、とか色々パターン出てくるので、ここではあくまで私が自分でありそうな選択肢で私の場合で計算したものと思って細かい数字は突っ込まないで下さい。

あまりSIMやMVNOに過度に期待せず、けれどきちんと把握しているならかなり楽しめるし抑えられます。

PAK85_kaiphonedetorihikisaki20140727500
抑えるのが全てになって、使いにくい、ストレス溜まる、面白くない、では本末転倒です。抑えられてたかが月数千円、2年間で10万円くらいです。
多分それくらい他でもっと簡単に削れる無駄な出費がたくさんあります。
こんなくだらない計算をちまちまやって悩んでいる数時間を労働に充てれば、あなたの時給であっさり元取れちゃいます。ガタガタ言わずに働くのが一番です。
されど月数千円です。こうした一つ一つの意識の積み重ねがかなり効いてきます。
一つこうしたことに興味を持ち始めると、自分の生活の無駄に気付きます。また、自分の支出を主体的に考えコントロールすることが出来るようになります。
何となくiPhone最高!って思っていたけれど、そんなに使ってないじゃん、それよりも毎回最高!最高!言ってないでちょっとその時々の生活に合わせてもっと自分に合うモノが見つかるんじゃないか、と思えるのであれば、それも素晴らしいことで、かなり楽しめます。趣味みたいなもんです。まぁスマホ自体趣味のようなものですが。趣味はケチっちゃいけません。既に矛盾してますが。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。