[0769-201505] 改めてApple Watchを腕にしてみたら、やっぱり良いね。iPhoneが欲しくなったよ。

[0769-201505] 改めてApple Watchを腕にしてみたら、やっぱり良いね。iPhoneが欲しくなったよ。

スポンサーリンク

昨日は天気も良く、夫婦ともに休みでしたので、パッキャオxメイウェザーをWOWOW観戦後、少し落ち込みながら亀戸まで藤まつりに行ってきました。

藤自体は少し時期を過ぎてしまったからか、あまり見どころはなかったのですが、周りに咲いている花や植物がキレイで、充分にゆっくりした休日を・・過ごせなかったな、ゆっくりは。だってその後駆け込みで隣駅まで移って映画祭に参加したし。帰ってきたらグッタリです。

改めてApple Watchを見た。腕にした。

帰りにまったく別件でビックカメラの新宿ハルク店に行きました。目的は達することが出来なかったのですが、折角なので妻にもApple Watchを見てもらいたいな、と思い売り場へ。

妻が写真撮ってあげるよ、と言うので撮ってもらったものです。こうした画像はInstagramにあげております。Instagramされている方はご覧頂けると嬉しいです。

Instagram

担当してくれるスタッフで印象が180度変わるのは面白いところ。

前回SoftBankショップで試着させて頂いた時には、相性が悪かったのかとってもつれない態度を取られてしまって楽しく検討が出来なかったのですが、今回のビックカメラの売り場のお兄さんは素晴らしかった。もう、思わずその場で買っちゃおうかと思いました。

しかも私の本命38ミリのミラネーゼ(上記写真)がこれが最後とかいうもんだから。まったくもう。でも他はスポーツを中心に結構入ってきているみたいですね。ホント、本家オンラインストアやSoftBankショップの、予約受付当日に予約しても未だ配送されない人がいる状況と好対照です。東京にいる限り、渋谷新宿の2つ回るだけでもどこかしらで実物と在庫に拝めそうです。

興味も無いと試着すら嫌がって(面倒がって)いた妻が気に入った。

嬉しくなって、Apple Watchにまったく興味のない、iPhone 6 Plusをこよなく愛する妻に半分無理やり着けてもらったのですが、面倒がって拒んでいたのが、腕にしたら思いの外好印象だった様子。そうです、つけ心地も良ければ、意外とかわいいんですよ。

妻は個人的にはスポーツの色付きバンドのほうが気に入ったようですが。

「ただ、こんなの着けたら益々スマホに依存しちゃうね・・」と言っていました。

転売目的の無表情で誰かと連絡とってる海外の方が大半を占める売り場ですが。

これ、やっぱり良いですね。今回も同じような店員さんでしたら益々気分的には盛り下がっていたと思うのですが、今回のスタッフのお兄さんは本当に気持よかった。価格もスラスラ出てくるし、こちらが聞きたい機能だけでなく、知らなった思わぬ使い方まで嬉しそうに教えてくれました。

でもね、お兄さん、ごめん。私、iPhone手放しちゃったんだ・・。

[0717-201503] それ、意味分からない、と言われても、iPhone 6 PlusからZenfone 5に替えてSoftBankで使っているんです。

ということで、Apple Watchのために5s辺りを格安で手に入れたいな、と。

アホでしょ。分かります。ちなみに私、元々5は持っていたんです。余っていたんです。以前ブログで何度か話題にしていますし。でもあれ、使わなくなったので1万円で手放しちゃったんです。今更後悔です。

ということで、アクティベーションだけ妻のiPhoneでしておいて、普段は単独で持ち歩いてあくまで時計として使っちゃおうと思ったのですが、格安で5sを入手して、それに現在のSoftBankのSIMを入れて、家族通話専用スマホとして鞄の中に入れっぱなしにしておく、というのもありかな、なんて考えております。

無駄と言えば明らかに無駄ですが、こういうことしちゃうんですよ。シンプルと逆行すること。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。