[0475-201412] 散々悩みましたが、通販生活でボネコの気化式加湿器を購入、昨日も今日も湿度50%台を維持しています。

[0475-201412] 散々悩みましたが、通販生活でボネコの気化式加湿器を購入、昨日も今日も湿度50%台を維持しています。

スポンサーリンク

湿度30%台後半が常の冬のわが家ですが、そろそろ必要性を痛切に感じ始めて検討に入ったのが2週間前でした。
その時点で幾つか調べた中で通販生活専売のボネコの気化式加湿器とパナソニックのFE-KFK05の2つに絞ったところまでが前回。
[0418-201412] そろそろ加湿器の必要性を痛切に感じ始めまして。候補は通販生活のボネコとパナソニックのFE-KFK05まで絞りました。
結局通販生活のボネコ気化式加湿器に決まり、昨日午前中に届きましたのでご報告です。
0475-201412_Boneco01

決め手は取り扱いが楽そうで、かわいいから。

その後妻にも改めてサイトをそれぞれ見てもらいながら、どちらが「好きか」を選んでもらったところ、妻の意見は「通販生活のボネコ」。
理由は「読んでみたけど、そのまま水足せるし、シンプルで取り扱いが楽そうじゃん。かわいいしね。」とのことでした。
元々通販生活では散々色々なモノを購入してきて、今のところ大半はハズレがなかったのと、デザイン、どちらが部屋にあったほうが「気持ちが良いか」を考え、ボネコを選択しました。
通販生活® | ボネコ気化式加湿機 - 湿気対策 | 通販生活:カタログハウス
元々このモデルはE2441という品番で発売されていたもので、Googleなどで検索すると、結構出てきます。どこも在庫切れになっているのは販売の形態が変わって、今は通販生活でのみ扱っているからでしょうか。

デザインがかわいいんです。レッドドット・デザイン賞を受賞したそうで。

ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが選定を行っているレッドドット・デザイン賞は、過去2年以内に製品化されたデザインを対象とし、デザインの革新性、機能性、人間工学、エコロジー、耐久性など9つの基準から審査されます。これらをクリアした作品にレッド・ドット賞が、中でも特に優れている作品にはベスト・オブ・ザ・ベストが贈られます。また、プロダクトデザイン部門のデザインチームの中からデザインチーム・オブ・ザ・イヤーが選ばれます。
2003年度は約30ヶ国から4,103点の応募があり、340点にレッド・ドット賞が贈られ、その中から31点のベスト・オブ・ザ・ベストが選ばれました。また、デザインチーム・オブ・ザ・イヤーはNokia社デザインチームに授与されました。

0475-201412_Boneco02
こちらのブログが中身も含めて写真付きで紹介レビューされているので、中の構造などが気になる方はご覧下さい。
BONECOでかっ! :: ハッピーぶたのマンション生活|yaplog!(ヤプログ!)byGMO

ひとまず一晩使ってみた。

昨日午前中に届いたのですが、私は昼前に出かける用事があり、とりあえずセッティングだけして出かけました。
日中は妻が休みで家にいたのですが、その間ずっと稼働していたようです。16時半頃妻が買い物に出かけるまでずっと付けっぱなしだったようですが、「なかなか良いよ!」とのこと。
毎年どんどん出てくる日本の家電と違い、流石スイス。一度セッティングしたら、触るところは前面の「電源スイッチ」だけです。それも左が弱、中央がオフ、右が強。それだけ。
0475-201412_Boneco03
しかもこれがちょっと固くて、見にくくて、今電源が入っているのかどうかは音で判断した方が早いくらいです。
ちなみに音は妻は日中はほとんど気にならなかったようですが、帰宅後夕食を食べる時になったら、そこそこ「強」だと聞こえます。気になる人は気になると思います。ただ個人差と、置く場所の違いはあるかな、とは思います。
私は今、「強」の状態でそばに置いてこれを書いていますが、意識しなくても聞こえてくるので、騒音ではありませんがそれなりの音です。個人的には寝る時にはちょっと気になるので、「弱」に切り替えましたが、「弱」だとほとんど気付かないくらいです。
部屋の湿度に関しては、昨夜寝る前も、今朝も50%前半を維持し続けてくれているのが嬉しい。今までは暖房を入れると30%台にまで落ち込むので、実際に体感で分かるくらいに乾燥して辛かったんです。途中で苦しくて暖房止めてましたから。電気代には良いですが。
この加湿器を使う人って、通販生活好きか、このデザインに惚れたか、あたりが一番多いんじゃないかと思うんです。性能で特化しているところが何かあるわけではないですし。多分。かといって決して劣っているわけでもないですが。
日本の家電であれば色々付いてくる色々な付加機能がほとんどない。
ただ、私にとってはそれが嬉しい。余計な機能付けすぎです。ほとんど使わないものも含めて。もうただ加湿(気化式)を黙々と続ける、外見はかわいい奴。使っていて不便は感じません。まだ1日ですし。
個人的には良いですよ、好きです。妻もとても気に入ってくれましたし。通販生活でしか買えないのが一番のネックですが。
非常に気に入っているので、このままほぼ一日稼働させながら、年越し後にまたその後の使い勝手をご報告したいなぁ、と思っています。
通販生活® | ボネコ気化式加湿機 - 湿気対策 | 通販生活:カタログハウス

追記:2015年12月16日 22:30 更新 – 1年後の気になる点と使用感を書きました。

冬に入り、乾燥してきたからでしょうか。このボネコ気化式加湿器の記事のアクセスが急激に伸びてきましたので、購入当初には気づかなかった点なども含め、1年使ってみての気になる点と使用感を改めて書いてみました。
[1109-201512] 1年後の通販生活 ボネコ気化式加湿器。気になる点と現状を報告します。
1109-201512_Boneco 01
私が購入した1年前と比べ、中の使い捨てのフィルター(水洗いが出来ない)がこの冬から水洗いが出来るタイプのフィルターに変更になっていたり、と気になっていた点が改善されてきています。その点についても触れています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。