[0327-201409] 整骨院に通いながら、親指の付け根の痛みについて調べてみる。

[0327-201409] 整骨院に通いながら、親指の付け根の痛みについて調べてみる。

スポンサーリンク

昨夜、サポーターを注文しました。到着は今週末のようなので、ひとまず整骨院に行ってきました。
[0326-201409] 右手親指付け根の痛みが気になり始めたので、サポーターを検討してみる。
元々整骨院には腰痛で定期的に通っています。腰も厳しいのですが、一つ一つケアしながら生活習慣を変えていくしかないですね。
[0283-201407] 整骨院は腰痛を治せない。だから治療しに行く。
ひとまずかなり目立ちますし、使いにくいのですが、全く右手を使わないで過ごす訳にもいかないので、気をつけながら時間をかけて改善していきます。

親指の付け根が痛い場合。

海外の人と会話をして英語力の無さを痛感した直後のように、こうした痛みを意識した直後が何かを始めるチャンスです。モチベーションも高まっている時なので、そういう時に畳み掛けるように腱鞘炎について調べてみようと思いました。
ひとまず仕事前に簡単に検索してみたところ、

腱鞘炎になる理由は、手から肩にかけての筋肉の緊張や 収縮が原因となっている場合がほとんどだと言われています。 よって、痛みがある手から肩にかけてゆっくりと押してみて、 痛みがある箇所を見つけることから始めると良いでしょう。

親指の付け根が痛い、と思うと、ついそこだけ治せば良いと思ってしまうのですが、実際は様々な要因が絡んでいるので、他の部分にも負担がかかっている場合が多いですね。

親指の周りが痛いからといって、痛い部分を押しても痛みは治まりません。 痛みの原因が手から肩にかけての筋肉にあることを認識して、 痛みの原因の箇所を探して筋肉の緊張をほぐすことで、 自然と痛みが治まります。

身体というのは一番厳しい部分の痛みを感じるので、その部分の痛みが和らいだ途端に別の部分が痛くなることが多々あります。
筋トレなどでもそうなのですが、どの部分の筋肉を意識しながら動かすかで効果がまるっきり変わってくるように、痛みももっとも気になる部分に意識がいくので、他の部分に気づかないのです。

身体はそれぞれを庇い合いながらバランスを保っている。

けれど、身体の各部分は庇いながら何とかバランスを保っているので、他を和らげてあげることがとても大切。
腰痛で、太ももや膝裏をほぐすのも同じです。また、大抵背中もかなり負担がかかっています。
[0276-201407] 腰痛と足の関係。足のむくみと利き足の関係。

親指の痛みは腱鞘炎の場合が多いと言われ、 ドケルバン病が原因の場合がほとんどのようです。 親指を手のひらに入れて他の4本の指を曲げて ジャンケンのグーの形を作り、そのまま手首を小指側に曲げてみて 痛みがある場合には、ドケルバン病が疑われます。

スマホ腱鞘炎で改めて注目され始めたドケルバン病。私も6月末から今まで、何度も恐る恐る親指を入れて曲げてみたのですが、今のところ痛みは出ていません。
ただ、妻の友人で腱鞘炎で手術をした人も何人かいるのですが、それぞれ最初は親指の付け根が痛み始めたそうなので、今の親指の付け根の痛みがシグナルだと思って早めに気をつけたいな、と。
狭窄性腱鞘炎 (ドゥ・ケルバン de Quervain病)

とはいえ、すぐにテーピングやサポーターが必要なのかというと、別の問題。

いずれにせよ、腱鞘炎の治療のために、テーピングやサポーターなどで手首や指を固定するのは、逆効果であることは知っておいてください。
例えば、骨折をして、ギブスをはめると固定していた関節は動かなくなって、筋肉はやせ細ってしまいます。
復帰するためにリハビリをすることになると思います。
腱鞘炎の場合も同じことが言えて、手首や親指を固定してしまうと、確かに動きづらくなるので痛みは軽減するのですが、
逆に筋肉を固定して硬くしてしまって、余計に痛みがとれづらくなるのです。

こういった意見もありますし、一理あると思います。私が腰痛やヘルニアでもなるべくコルセットを使いたくないのは、この理由が大きいです。勿論あまりに辛い時には無理をせず使うのが良いのですが、その辺りのさじ加減が難しいな、と。
なんであれ、大切なことは、自分自身の身体のことであり、自分で責任をもって判断してケアしていくこと。腰痛同様、少しずつ知りながら付き合っていきたいと思います。

追記:2014年11月13日 更新

色々な方法があるのですが、大切なことは常日頃から自分の使っている手を意識して労ってあげることなんだと思います。
先日からハンドクリームをこまめに使いつつ、一日に何回か手をマッサージしてあげることにしたところ、それだけでもだいぶ変わってきました。


[0352-201411] 手を意識して労わることが何よりのスマホ腱鞘炎対策でした。 – Aesop イソップ レスレクションハントバーム Life Style Image
これだけで全てが解消される訳ではなく、場合によってはきちんと病院等に行くことも必要ですが、一つのポイントとして記しておきたいと思います。
slooProImg_20141113172643.jpg

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。