[かぶ] iPhone6 Plusは手への負担を考えるとカバー無しで持った方が良いかもしれない。

[かぶ] iPhone6 Plusは手への負担を考えるとカバー無しで持った方が良いかもしれない。

スポンサーリンク

ここ1週間ほど、また少し右手の親指の付け根が痛くなってきました。あと、左の手首から肘にかけて、少し張ったような感じ。
これはちょっとマズいかなぁ、と思い、以前買ったまままだ感想は書いていなかったサポーターを付けつつ、色々考えていました。

[0326-201409] 右手親指付け根の痛みが気になり始めたので、サポーターを検討してみる。

まだご報告していませんでしたが、なかなか良いと思います。少々べたっとするのが気になるときは気になるくらい。これは特に何かマジックテープ等がついているわけではなく、巻き付けて貼り合わせるだけなので仕方ないのかな、と。逆に、使っていてべたつきがなくなってきて(洗えば元に戻ります)、お、ちょっといいかも、と思うと剥がれやすくなるので、悩ましいところ。ただ、一つ持っていると、ちょっとしたときに安心感があります。実際付けていると変な張り感は和らぎます。

薄々気づいてはいたんです。

薄々感じてはいたんです。最初の付け根の痛みはiPhoneでの更新頻度が一気に上がったから、だったのですが、今回に関してはiPhone6 Plusの大きさと重さだな、と。

朝目が覚めて、布団に入った状態でiPhoneを触ることがあるのですが、片手で操作はしなくなったとはいえ、左手で持っているとそこそこ大きくて重いんです。手も無理して広げている感じ。またその状態で画面を触るのって、結構指にも負担がかかるんですね。

今回私がiPhone6 Plusと一緒に買ったカバーがあるのですが、これが私のこの布団の中の用途では負担が大きかった気がします。あ、このカバーは全く悪くないです。私非常に気に入って使っていましたから。単に布団の中で触らなければいいだけなのです。

あまりiPhoneの雰囲気を崩さず、しっかりサイドをカバーしてくれるので、今でも非常に気に入っています。

カバーを外して素の状態で持ってみた。

iPhone6 Plusは出て早々、曲がる、という話題が出て評判があまり良くありませんでしたが、この本体、意外としっくり手に馴染むんですね。この大きさでありながら、薄さと指に触れる感覚、重さは実は結構考えられていたんだな、と今更気付きました。

今までカバーをしていたからか、僅かな違いにも関わらず、手にしっくり収まるだけでなく、やけに軽い。傷がつくのを気にするあまり、iPhone本体そのものの魅力に気付いていませんでした。

勿論傷は気になってしまうと思うのです。日本人ですから。そこで、この肌触りをそのままに、保護が何か出来るものはないか、と考えていたところ、やはり既に以前から考えられていたのですね。

The Radius | AssistOn

「Radius」をお使いいただく大きな意味は、iPhoneをしっかり手にフィットさせ、持ちやすく、しっかり握りやすくすること。

結局、「面」でiPhoneを覆うのであれば、滑りやすい本体の上に、またさらに滑りやすい面を加えるだけになってしまい、単にケースぶんだけ重量が増えるだけです。


#画像はAssistOnのサイトのページ(http://www.assiston.co.jp/2547)から使わせて頂きました。

「Radius」は素材に6061アルミニウムを使用しました。この素材は強度が高く、耐食性が良好なことから、建築物や車両、船舶の構造体にも使われている素材。このアルミニウム合金を使用して、一般的なiPhoneカバーとは違い、「面」ではなく「梁」構造にして、可能な限り細く、しかし耐久性を失わない構造として完成させたのが「Radius」です。

重量はわずか5.7グラムと極めて軽く、装着していることを忘れるほど。しかし精度高く製造することによって、iPhoneに取り付けた時には、机の上に置いてご利用いただくときにも、ガタついたりすることはありません。

先日まではiPhone6 Plus用がまだ出ていなかったのでもどかしかったのですが、ようやくPlus用も出回るようになったようです。1万円となると、なかなか気軽にというわけにはいかないのですが、その辺りは自分にとってのiPhone6 Plusに対する思い入れの度合いによるかな、と。まだ2年以上使う予定でいますし、その間気持ち良く使えるのであれば、これはいいなぁ、と思いました。

ということで、ちょっと先月末からだいぶ悩んでいるのです。気になるものが増えてきて、何だかんだと毎年困った季節です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。