[かぶ] SKINSのカーフタイツをようやく購入。これは立ち仕事にも座り仕事にも最適なサポートツールです。

[かぶ] SKINSのカーフタイツをようやく購入。これは立ち仕事にも座り仕事にも最適なサポートツールです。

スポンサーリンク

買う買う言ってなかなか実現しなかったSKINSのカーフタイツをようやく購入しました。

長かったですね。これ、ホント。早速今日履いていますが、適度な締め付け感が非常に心地よいです。

もともとロングタイツやスリーブは愛用していましたが。

slooProImg_20140708220313.jpg

こうした段階的着圧タイプのサポートタイツ等の効果についてはプラシーボ効果だという意見もあるようですが、私はかなり助けられています。実際RY400などは登山後の就寝時には上下身につけて寝ますが、翌日以降の筋肉痛を初めとする疲労の出方が全く違います。

激しい運動時だけでなく、当時立ち仕事も多くしていましたので、足腰への負担を考えて日常から使っていました。

着脱の面倒さと腰回りの収まりの悪さで登山オンリーに。

ただ、もともとロングタイツやロングスリーブなどは普段使いもしていたのですが、徐々にほぼ登山オンリーになってしまいました。

非常に良いモデルなのですが、ウエスト周りがずれてくるのと、ちょっと脱ぎ履きが面倒なので、少しずつ面倒になってきてしまい、最近は他には長時間電車やバス、飛行機に乗る際に身につける程度に留まっています。

カーフタイツの魅力は着脱のしやすさと手軽さ。

そんな中、カーフタイツは以前から気になっていてこのブログでも何度も取り上げてきました。ロングタイツは一度履いたら夜、風呂に入るまで基本脱ぐのは難しいですが、このカーフタイツであれば、必要な場面で気軽に履けます。靴さえ脱いでしまえば、さっと鞄から出して履く、反対に脱ぐ、といったことが自由にできます。

荷物にもなりませんので、旅行の際にも下手にロングタイツを履いていくよりも嵩張りません。そして、長時間座っているなどの下半身がむくみやすい状況にはこのカーフタイツで充分です(長時間の正座などはしないように注意書きがありますが)

エコノミー症候群や足のむくみが気になる人にとってカーフタイツはまさに救世主ではないか、と。

0785-201505_SKINS 03

立ち机、VFF導入と旧モデルのセールが背中を押した。

最近立ち机を導入し、Vibram fivefingersの使用を再開したことで、肩、背中、腰への負担はかなり和らぎましたが、その分足腰への負担が大きくなりました。前よりこまめにストレッチをするようになったのですが、今まで以上にカーフタイツがほしいなぁ、使いたいなぁ、と思うようになったのです。また、月一で帰省するようになったこと、そして今年もまた石巻はじめ幾つか小旅行の予定があるので。

普段はAmazonでカートに入れて時々眺めていたのですが、先日の楽天ポイントがだいぶ貯まった際に久しぶりに楽天で探したところ、そのうちの幾つかのお店で昨年のモデルのセールをしていました。ただ、時期が遅かったのか、ほとんど残っていませんし、私が悩んでいる間に売り切れに変わってしまったり。

これはあるうちに買わんといかんだろ、と幸いにも残っていたマイサイズSを2セット急いで注文、今日届きました。

0785-201505_SKINS 02

適度な締め付け感が心地よく、常用決定です。

もともとロングタイツを履いていたので新鮮味はないのですが、確かにこういう締め付けだったなぁ、という安心のフィット感。

気軽に脱ぎ履きができて嵩張らず、またタイツのようなウエスト周りの締め付けや全体的な圧迫感もないので、気軽に使うことができます。そして、ふくらはぎは第二の心臓(第二がたくさんありますが)とも言われるように大変大切なところでもあります。

この本に関しては賛否両論のようですが、ふくらはぎが大切なことは実感として分かります。特に腰痛持ちの方、ふくらはぎ重要ですよ。ここを少し痛いくらいに揉んであげるだけで不思議と楽になります。腰ばかり押していてもいまいちスッキリしない場合、ふくらはぎやもも裏などもパンパンなことが多いので、ぜひお試しください。

ふんどし、腹巻き、カーフタイツに五本指ソックス、vibram fivefingers。

昨年11月に書いた文章ですが、この内定番にしていたのは腹巻きと五本指ソックス、vibram fivefingersだけだったんです。ふんどしとカーフタイツはまだでした。

それが今回カーフタイツを導入し、ふんどしはどうも妻がプレゼントしてくれるような空気を漂わせているので、来月初めには移行できるかな、と思っています。

これだけ聞くと、そしてこれで服を着ないのであれば単なる変態ですが、見えない部分でしっかり身体を意識してサポートしつつ、より心地よいスタイルを考えていく。

これからも改善改良を加えながら、少しずつ作っていきたいと思います。

ひとまず、ふんどしと、あとはVibram fivefingersの今年のモデルでほしいのができたので、その辺りかな。

5本指シューズ – Vibram FiveFingers – Barefootinc Japan

スキンズ(SKINS)日本公式サイト|スポーツへの深い愛着が凝縮。着るサプリメント

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。