[かぶ] 恒例の2泊3日松本滞在だったので、私の最近のお気に入りのお店を挙げてみます。

[かぶ] 恒例の2泊3日松本滞在だったので、私の最近のお気に入りのお店を挙げてみます。

スポンサーリンク

8月20日から22日まで、不定期ですが年に数度の松本旅行に行ってきました。今回のメインは21日に四賀支所内ピナスホールで開催される「明日に羽ばたく平和コンサート」~指揮者・柳澤寿男と松本&郡山の子供たち~に参加することでした。

コンサートの詳細などには今回は触れませんが、年に何回か訪れる程度とはいえ、私にとってお気に入りの場所の一つでもある松本について、今回は最近お気に入りのお店を中心にご紹介したいと思います。

予想通り駅前のホテルはほぼ満室状態。

ちょうどこの週末は松本では毎年の一大イベント「セイジ・オザワ松本フェスティバル」(旧サイトウ・キネン・フェスティバル)と重なりまして、直前ということもあり市内のホテルは値段も倍近く上がっている上に更にほぼ満室状態。

0991-201508_Matsumoto 05

そんな中で幸運にも松本城近くのホテル池田屋<長野県>に泊まることが出来ました。

この時期にも関わらずダブル2泊で18,400円(1泊4,600円/1人)で泊まれたのは本当に助かりました。新宿から松本までは往復ともに特急あずさですが、行きはちょうど回数券が使えないんです。(8/11〜20は利用不可)。回数券を金券ショップで購入すると1枚約4,500円。指定席も取れますし、普通に切符を買うと1枚7,200円ということを考えると、もしこの時期に松本に行くのであれば、10日以前か21日以降にあずさ回数券、更に今回のホテルのようにシーズン相場に対してかなり安く泊まれるところを見つけるのも賢いかもしれませんね。

ホテル池田屋は部屋も綺麗でWi-Fiも各階完備、11acも使えて快適です。

ちなみに今回泊まったホテル池田屋は駅からは少し歩きますが、却って松本城や芸術館に近く、蔵の街 中町にあるということもあり、市内散策には却って便利です。私のお世話になっている靴の館 ヤマザキ屋にも近いですしね。(ただしヤマザキ屋は現在、店舗を3階に移転するため、9月4日まで店舗が閉まっています。今回行けなかったのは残念でした。

更にこのホテルは(最近では増えてきたとは言え)各階にWi-Fiが完備されていて、11acにも対応しているので、大変助かります。実際部屋にいる間はほぼスマホもChromebookもWi-Fiに繋ぎっぱなしでしたので、ほとんどパケットも使いませんでした。

私の松本での定番をほかに3つ紹介するよ。

松本自体、既に10年以上前から年に何回か遊びに行っているので、今から何か市内観光、ということも特になく、私の場合はヤマザキ屋訪問をメインに、あとは妻と幾つかのお気に入りのお店を廻る(といっても大抵食事など)といったシンプルなものです。もっと観光地楽しめ、と突っ込まれそうですが、観光ではなく数日の息抜きに行くので。あまり色々回りたくないんですね。

そんな中で最近気に入っているお店が3つあるので、今回紹介したいと思います。もし松本に行くことがあったら頭の片隅にでも覚えておいて貰えると嬉しいです。

昭和35年オープン、老舗の洋食屋「どんぐり」

0991-201508_Matsumoto 06

学生を中心に常に賑わう老舗洋食屋「どんぐり」。普段全くと言ってよいほどハンバーグなんぞ食べやしない私がここでは何故か注文してしまうのです。どこか懐かしい味でありながら、ボリュームもあり、松本に来たら最近はどこかで一食はこの「どんぐり」を入れないと気が済まなくなってしまいました。店内の雰囲気も良いですしね。

〒390-0811 長野県松本市中央1-4-5
電話 0263-35-9505

元麻布が本店。丸善併設のブックカフェ。ミカフェート松本店

松本駅前にMARUZENが出来たことも大変に嬉しいことだったのですが、そこに併設されているカフェ。元々、元麻布に本店のある株式会社ミカフェートの提供するカフェの5店舗目として松本にオープン。

ミカフェート松本店 | 松本駅から徒歩4分、丸善併設のブックカフェ【公式HP】

0991-201508_Matsumoto 07

コーヒーも美味しいのですが、それ以上に松本というお土地柄か、丸善に併設されていながら平日は非常に空いています。ゆっくりと時間を過ごせるのがありがたい。そして各席コンセント常備、Wi-Fiも使えます(注文時のレシートにパスワードが記載されています。)

松本の古くからある雰囲気のある喫茶店も確かに素晴らしいのですが、なかなか初めて松本に来てそこで寛げるか、というと別。少しゆっくり休みたいけれど、どこが良いか分からない、というのは知らない土地ではよくあることです。それを楽しむのも旅行の醍醐味ですが、一つこうしたお店を知っておくと非常に助かります。

結局21日、22日と2回お世話になってしまいました。

〒390-0815 長野県松本市深志1丁目3-11 コングロM 1階
電話 0263-88-3480

昔ながらのクリームあんみつ、みつまめが食べたくなったら。甘味喫茶 塩川

0991-201508_Matsumoto 08

数年前にたまたまフラフラ歩いていて見かけた甘味喫茶なのですが、後で松本でお世話になっている、母と同世代の方にこの話をしたら、その方が学生の頃よく食べに来ていたとのこと。昔からの馴染みのお店だったようです。偶然って面白い。

美味しいですよ。駅周辺からは少し離れますが、その分松本城の近くですので、松本城周辺を歩きながらふと甘いものが食べたくなった時にはオススメのお店。

0991-201508_Matsumoto 09

この辺りはまた駅前と雰囲気も音も風も違うので、のんびり歩くには良いところです。

〒390-0874 長野県松本市大手4丁目12-8
電話 0263-32-2818

松本に行くと山に登りたくなる。良い街ですよ、ホント。

0754-201504_Matsumoto 04

まぁお膝元ですから。松本経由して向かう登山者の姿をよく見かけますしね。ここ最近少々ご無沙汰してしまっているのですが、松本に行く度に山熱が再燃します。

私にとっては生まれた訳でも育ったわけでもないのですが、ふとした縁でコンスタントに通うことになった長野県松本市。この10年余でお気に入りだったお店も幾つか閉まってしまったり、少しずつ変化はあるとは思うのですが、いつも気負わず静かに迎えてくれる街です。

広い歩道にはそこかしこに綺麗な花が植えられていて、歩いていて気持ちが良いですしね。

今年ももう一度くらい行きたいな、と思っているのですが。今回はヤマザキ屋には訪問できませんでしたしね。私の和創良靴は全てこちらでお願いしています。

〒390-0811 長野県松本市中央2丁目3-22
電話 0263-36-3426

0754-201504_Yamazakiya

私の定番靴の一つ、宮城興業の和創良靴。以前二足目のコレスポンドシューズを取り上げたことがあります。 宮城興業の和創良靴の魅力とその無限に広がる可能性を、私の2足目の一足を例に上げながら書いてみる。...

松本は長野県の中でも東京からアクセスの非常に良い場所の一つです。新宿から高速バスでも1本3時間40分程度ですし、あずさに乗れば2時間半です。これからも定期的に通い続けたいと思います。

0991-201508_Matsumoto 02 Rugged Shoes

靴好きとして最後に恒例の靴紹介。今回の2泊3日の小旅行に履いていったのは、雨も考慮に入れた上で三交製靴ラギッドシューズのMG73でした。しっかり役目を果たしてくれて、かなり歩きましたが非常に快適に過ごすことが出来ました。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。