[0754-201504] 宮城興業 和創良靴3足目はUチップ。一足ごとに広がっていく可能性を感じます。

[0754-201504] 宮城興業 和創良靴3足目はUチップ。一足ごとに広がっていく可能性を感じます。

スポンサーリンク

私の定番靴の一つ、宮城興業の和創良靴。以前二足目のコレスポンドシューズを取り上げたことがあります。

[0722-201503] 宮城興業の和創良靴の魅力とその無限に広がる可能性を、私の2足目の一足を例に上げながら書いてみる。

和創良靴はまさに靴屋としての力量が試される、無限の可能性が広がる面白いシリーズだと思っています。

そして、私がこの和創良靴をオーダーするにあたって、全幅の信頼を寄せているお店が、長野県松本市にある、靴の館 ヤマザキ屋です。

0754-201504_Yamazakiya

今回は一昨年からヤマザキ屋の泉さんと温めて細部を詰めていった3足目のオーダーが完成しましたので、急遽決まった日帰り松本行きに合わせて伺いました。

3足目はUチップ。アッパーは旧イルチア黒、アノネイのワイン、グレインレザー。

経緯は追々書いていきたいと思います。というのは、長くなりすぎるので。ひとまず今回は3つの革を組み合わせたUチップです。

0754-201504_WasoRyoka 04

元となるのは宮城興業の和創良靴らしさが最も表れているMDラスト。オブリックタイプの木型を採用したモデル。通称宮城デン。オールデンのモディファイドラストのような少し特殊な木型ですが、フィットすると非常に履き心地が良い。一度試してみたかったのです。

MDラストをUチップにしてドーヴァーステッチ(スキンステッチ)を加える。

このタイプの木型であれば、オールデン同様、Vチップにするのがデザイン上もっともバランスが取れます。ただ、今回はこのデザインに色々と新しい試みを加えてみたかった。宮城興業がどこまでそれを形に出来るのか、それが楽しみでもありました。

そして、しっかり宮城興業の職人さんは応えて下さいました。

0754-201504_WasoRyoka 06

綺麗ですね。そして、元々MDラストがVチップである理由(オールデンのモディファイドラストがVチップが好まれる理由)はその木型の形にあります。そのままUチップにしてしまうと、中心線がズレて形が何となく収まりが悪くなってしまうのですね。それを今回、オーダーに際して泉さんも心配されていました。

0754-201504_WasoRyoka 03

どうバランスを取って組み立てていくのかは、完全に宮城興業の経験とセンスに依ります。アッパーのデザインのバランスというのは僅かにズレるだけでも野暮ったくも、また何となく収まり悪くもなってしまうもの。

写真ですとなかなか伝わりにくいのですが、実物は予想以上のものでした。

履き心地も重視させ、九分仕立てにハーフミッドソール。

宮城興業の和創良靴の素晴らしいところは、オプション料金の設定の仕方です。私が今回お願いしたような、履き心地に直接関わる訳ではない、デザイン上の意匠などの追加料金や、用いる革によって発生する料金に比べると、九分縫いに対する追加料金が非常に良心的な設定になっています。

0754-201504_WasoRyoka 05

九分に限らず、履き心地に関わる部分のオプション料金は良心的に設定する。靴は履くもの、歩くもの、と考えるととても真っ当な考え方でもあります。逆にデザイン上の追加なんてしっかり価格が上がっても良いんですよ、こっちが好きで言いたい放題お願いしてしまっているんですから。

最高の普段履きが欲しかった。

はい、今回のオーダーの意図は簡単に言うとそういうことです。

0754-201504_WasoRyoka 01

私は普段履きも革靴です。革靴に合うように服装も選んでいます。もう37ですから。そろそろ年齢不詳な服装が似合わなくなってきた、とも言えます。

勿論革靴は色々持っています。ただ、気負わず、旅先でも履けて、旅が楽しくなるような靴。ちょっと上品なお店にも入れて、また仕事も頑張ろうと思える靴。そうした様々な要因を合わせると、なかなか難しいんですね。

気負いが入ってしまうと、肩に力が入ってしまうと、ちょっと違ってきてしまいますから。

そうした靴は一つには今では三交製靴ラギッドシューズがあるのですが、それとはまた違った方向性としてこうした靴を持っておきたかった。そうした願いとイメージを形にしてくれるのが、和創良靴です。

前回のコレスポンドシューズも同様です。

[0722-201503] 宮城興業の和創良靴の魅力とその無限に広がる可能性を、私の2足目の一足を例に上げながら書いてみる。
0731-201504_Sanohata01

何でも詰め込めば良いというものではない。それは野暮でしょ。

豪華てんこ盛りで、どうだー!凄いだろー!と詰め込んで頑張っちゃってるのが分かるような靴は野暮です。この靴が野暮かどうかはそれぞれ意見が分かれるかもしれませんが、単にやりたいことを全て詰め込みたいと思ったわけではありません。

それらの客側の膨れ上がる妄想をきちんとプロの目で判断して、経験を加えて、良い形に落とし込み、職人さんのやる気を奮い立たせてくれるような役割。それが和創良靴における取扱店の店員さんの力量です。前回も書きましたが、コンサルタントですね。

今回もここで触れた以外にも色々入ってはいますが、それを下品にならず、品よくバランス良くまとめて下さったのは、勿論宮城興業の職人さんたちの力も大きいですが、ヤマザキ屋の泉さんだから出来たことだと思います。

本当にありがとうございます。

細部に関しては、ヤマザキ屋のブログにもオーダー例として上げていただけるかもしれませんので、気になる方はそちらをお待ちください。このブログでも折にふれてさり気なく混ぜれたら良いな、と思っています。

0754-201504_Matsumoto 04

とりあえず、今日は松本滞在時間3時間程度で戻ってきてしまったので、ひとまずご報告まで。細部が一部間違いや勘違いがあるかもしれませんが、その辺りは改めて修正します。

0754-201504_Matsumoto 03

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。