[かぶ] 2回目の歌舞伎観劇。初春歌舞伎公演「通し狂言 小春穏沖津白浪」(国立劇場)

[かぶ] 2回目の歌舞伎観劇。初春歌舞伎公演「通し狂言 小春穏沖津白浪」(国立劇場)

スポンサーリンク

先月に続き、2回目の歌舞伎観劇に行ってきました。場所は前回と同じ国立劇場、初春歌舞伎公演の「通し狂言 小春穏沖津白浪」です。

これは面白かった。(前回も面白く、一切眠らなかったのですが。)初春ということもあってか、もうこれは賑やかで飽きさせない。凄いですね。歌舞伎が長く愛される理由が少しだけですが分かった気がします。

[かぶ] 0008-1512 初めて歌舞伎に行ってきた。緊張の先にあったのは、難しくも退屈でもない魅力的な世界でした。 – おふぃすかぶ.jp

Kabuki_kokuritsu 04

幼い頃、そして若い頃は、歌舞伎なんてポスターを見ても年寄りの演歌と同じようなものだと思っていました。梅沢登美男の「夢芝居」のような世界、ちょっとオッサンな娯楽だと思っていました。ごめんなさい。勿論夢芝居は素晴らしいです。

これは真顔で伝えたい。歌舞伎、老後の楽しみや大きなお姉様の趣味にしておくのは本当に勿体ない。若い人にこそ今から見て欲しい。一生楽しめるから。私も妻もハマりました。来月も何を観ようか今から既に探しています。

勿論予備知識や歌舞伎の経験があったほうが楽しめるのでしょうが、決して初心者に冷たい世界ではありません。実際私は歌舞伎の知識なんてありませんし、「通し狂言 小春穏沖津白浪」なんて言われても実際観るまでさっぱり分かりませんでした。

Kabuki_kokuritsu 05

全く興味のなかった方には、そもそもどこでやっていて、どうやって行くのかも、どんな服装をしていけば良いのかも分からないと思うのです。そして、そうしたことの一つ一つが結果として「面倒くさいし、いま忙しいから」と結局行かない言い訳になってしまうので、そんな人にも手軽に入っていける参考書籍として最後に一冊、改めて挙げておきます。

書籍版、Kindle版ともにありますので、読みやすいほうで。久しぶりに都心で暮らしていることのメリットを感じた1日でした。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。