[1251-201605] 夫婦での歌舞伎、文楽鑑賞のために。ニコン ミクロン6×15(Nikon MIKRON 6×15 CF)を購入。

[1251-201605] 夫婦での歌舞伎、文楽鑑賞のために。ニコン ミクロン6×15(Nikon MIKRON 6×15 CF)を購入。

スポンサーリンク

今年はすっかり歌舞伎や文楽にハマっています。夫婦で予定を合わせて歌舞伎座や国立劇場で見ているのですが、先日は東京で逃してしまった歌舞伎を近々松本でやると知り、それなら松本で見よう、とチケットを取るまでに。昨年少々歌舞伎について触れた時には想像もつかないほど、この素晴らしい世界に魅了されています。
[kanren postid=”6428″]
これを書いたのが、丁度1年前の4月。今もまだまだ歌舞伎初心者に過ぎませんが、当時書いた漠然とした不安や先入観は全て杞憂だったと分かりました。分からなくてもそれなりに楽しめる、そして分かってくれば益々楽しめる世界だろうな、と思います。
[kanren postid=”13294″]
で、毎月のように通っていますと、少し欲が出てきます。私達夫婦は大抵一番安い、更に最後尾の席にする(眠くなって首が揺れても後ろにご迷惑をかけない)のですが、そうすると役者や人形があまりよく(しっかりと)見えないんです。
それでも雰囲気からお話、そして遠くから見ても分かる大物役者のオーラのようなものまで感じることは出来るのですが、先日たまたまTVで正月公演の様子を見まして。
「こんな表情だったのか・・」(私達も見にいった公演)
と新鮮な気持ちになりました。これは時々双眼鏡(オペラグラス等)を使いたい。きっと歌舞伎や文楽だけでなく、色々な場所で楽しめそうだから。
ということで探していたのですが、分からない中で今回選んだのが、評判も良いニコンのミクロン 6×15 CF(Nikon MIKRON 6×15 CF)です。
1253-201605_NICON MIKRON 6x15 CF 01
色々な蘊蓄や物語もあるようですが、今回はそこにはあまり触れずに、写真も含めてご報告したいと思います。

Nikon 双眼鏡 ミクロン 6×15 ポロプリズム式 6倍15口径 M6X15 (日本製)

オペラグラスなんて、買おうと思えば数千円から買えるようなのですが、色々調べてみると価格には価格なりの理由があるのは同じ。かといって拘り過ぎる必要もないのですが、今回選んだのは外観からして玄人受けしそうなこのモデルです。


ニコンとしての初めて1921(大正10)年に発売された小型双眼鏡「ミクロン」の復刻版。1997年に復刻され、未だに販売され人気のあるモデルのようです。
1253-201605_NICON MIKRON 6x15 CF 03
特段性能が突出している、という訳ではないのですが、長年変わっていなくても充分過ぎる性能と、何よりもその変わらない雰囲気が人気の理由なのかな、と思います。

画像から受けるイメージとは違って、大きさはマウス程度。

もちろん観劇中にも使うわけですし、大きいものを想像していた訳でもないのですが、その雰囲気ある外観は、小さいと分かっていながらも何となく嵩張る、大きいような印象がありました。
1253-201605_NICON MIKRON 6x15 CF 05
並べてみたら、MicrosoftのDesigner Bluetooth Mouseと似たような大きさです。手のひらに乗るサイズです。

専用のポーチも付属。これがなかなか柔らかくてかわいらしい。

Amazonのレビューにもありましたが、きちんと専用のポーチが付属しています。
1253-201605_NICON MIKRON 6x15 CF 06
ちょっと明るめに写っていますが、実際はもう少し濃いブラウン。触った感じも柔らかく、なかなかかわいらしいです。決して男性向け、というわけでもなく、この双眼鏡自体女性に人気であることも分かる気がします。
Amazonでは一緒におすすめの商品として別売りポーチが表示されますが、きちんと付属していますので、間違えて買わないように気をつけましょう。

当初候補として考えていたのは同じニコンの「遊 4X10D CF」。

ニコンの双眼鏡の中では最薄(厚さ19mm)、最軽量(質量65g)でフラットなボディが持ち運びにも便利。それでいて使い勝手も充分に良い、と評判の「遊 4X10D CF」。


妻が使うにもこちらの方がシンプルで気に入ってくれるかなぁ、と思ったのと、価格がMIKRONの約半分だったので、同じ予算で2つ買える(いきなり買わなくても、後々もう一つ買ってもMIKRON 1つ分)ので、ほぼこちらに決めていました。数日前まで、あとはこれをどのタイミングで買うかを考えていたくらい。実際にカートに入れて購入前の確認画面まで何度か行きましたし。
にも関わらずMIKRON 6×15 CFに急遽変更した理由は単純。今月、たまたま楽天ポイントが大量に入ったんです。ポイントだけで買えてしまうくらい。全く想定外。でもそれならばそういう機会でないとなかなか買わないであろう、このMIKRONを折角だから使いたいな、と思ったのです。こちらもカートには常に入れていたので。

出番はこれから、ですが、夫婦で仲良く使ってこれからも楽しみたいと思います。

1253-201605_NICON MIKRON 6x15 CF 04
歌舞伎、文楽だけでなく、能や相撲も楽しそうだね、という話になっていますし、最近の楽しみはほぼそうした芸能に絞られてきています。その分美術館や映画館、外でのカフェや食事に行く頻度がかなり減ったのですが、非常に濃い、素晴らしい時間を過ごさせてくれるこれらの芸能は是非もっと多くの人に知って欲しいなぁ、とまだまだ駆け出しにも関わらず思うのです。
高いと思われている価格も、実際は他と比べてもそれ程高い訳ではないんですよね。贅沢で高尚な娯楽だとばかり思って今まで避けていたのが勿体なかったくらいです。
このミクロンを手に、これからも歌舞伎や文楽をはじめとしたこれらの芸能を夫婦で楽しみたいと思います。
[kanren postid=”6428″]
[kanren postid=”13294″]

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。