[かぶ] 初めて歌舞伎に行ってきた。緊張の先にあったのは、難しくも退屈でもない魅力的な世界でした。

[かぶ] 初めて歌舞伎に行ってきた。緊張の先にあったのは、難しくも退屈でもない魅力的な世界でした。

スポンサーリンク

以前から興味がありながらも、何となく難しそう、退屈そう、気難しそう、そもそもつまらなそうという先入観と偏見が邪魔をして、老後の趣味として数十年後に思い出されそうだった歌舞伎

けれど今となってはその全ての誤解と先入観と偏見を抱いていた過去の自分があまりに勿体無かったと後悔しております。こんな素晴らしい世界を老後の趣味にしてしまうのは、あまりに機会の損失、勿体無い。

今回観たのは「東海道四谷怪談」。日本人にはお馴染みお岩さんのお話ですが、私はその話の詳細は元々知りませんでした。単に顔がただれてしまって変形して、井戸に身を投げてうらめしや〜な話だと思っていました。その程度です。ごめんなさい。

そして、初歌舞伎。隣で妻も時々ウトウトしていましたが、私は奇跡的に最後まで食い入るように観ておりました。

でも意味は大半は分かりませんでした。

それなのに、面白いんですよ。あれを伝統芸能だ、の一言で難しいものだと片付けてしまうのは勿体無いです。

元々江戸時代の大衆芸能だったわけで、難しい訳ではないんです。楽しいものなんです。あまり気負っちゃいけないんだなぁ、分かろうとするだけ野暮なんだなぁ、などと勝手に一人納得しながらその独特の雰囲気を楽しみました。

私の中では、年末のNHKホールで聴く第九と同じ類のものだと思いました。あれも行くまでは、なんかかなりお洒落していかなければいけないんじゃないか、背筋伸ばしてクラシックを鑑賞しなければいけないんじゃないか、みたいに緊張してしまいますが、あれだって第九の何が私に分かるかと言われれば、10年近く毎年妻と行っていますが、何も分かりません

でも、不思議な事に、分からないなりに年々寝なくなりましたし(寝ても良いんですが)、毎年指揮者によって違う第九の世界をそれなりに今年は良かった、今までのベストは何年前だな、みたいに楽しんでいる自分に気付きました。あれも年末のエンターテイメントなんですね。歌舞伎も同じです。

Kabuki_kokuritsu 01

今回会場に着くまで、同様に妻と二人緊張しながら、何着てったら良いんだろう、とか相談しながらあーでもないこーでもないとやっておりましたが、一回行ってみたら、あ、そんなこと気にすることのない、また寝ちゃってオッケーな(いびきと激しい横揺れ前揺れは厳禁だと思う)素敵な世界でした。年末の第九ほどイベントにせず、普段から月一くらいの気分で趣味の中に取り入れていったほうがより楽しめると思います。

[0746-201504] 歌舞伎を知らないのはクラシックを聴かないのと同じで勿体ないと思うよ。私も知らないけど。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。