[0281-201407] 3年後のNaturaヌメ革Lファスナー

[0281-201407] 3年後のNaturaヌメ革Lファスナー

スポンサーリンク

このブログで検索ワードで常に上位に入っているのが土屋鞄関連ですが、特にここ1週間ほど、急に「土屋鞄 Lファスナー」でたどり着く方が増えているので、改めてこちらについて取り上げてみたいと思います。
Natura ヌメ革Lファスナー | Life Style Image
使用3年のNaturaヌメ革Lファスナー

普段使いは味が出たのか汚くなったのか分からないけれど。

私のLファスナーは、普段使いというよりも、休日やちょっとした旅行の時に入れ替えて使うくらいです。仕事の日はORTHODOXEEのメッシュの長財布を愛用しています。
ORTHODOXEE メッシュ長財布
それなりには使っているのですが、今回改めて振り返るまで、あまり変化が出てないなぁ、と思っていました。普段使いしていると、変化に気付きにくいのかもしれません。
尻ポケットはしていないので、そんなに酷使はされていないと思います。尻ポケットは革製品を一気に傷めるので。それに尻ポケットは座ったときにお尻の収まり具合が悪いので、それ以外でも滅多にしません。
土屋鞄 Naturaヌメ革Lファスナー
光の当たり具合で写真写りが全く変わるので、なかなか表情を伝えるのが難しいのですが、実際の色はもう少し綺麗な飴色だと思います。一枚目は少し薄く、汚れている部分が目立ちすぎ。上の写真は少し光りすぎ。

三年間使ってきて思うこと。

私の中では、メインの財布にはなり得ないかなぁ、と思います。あくまでサブ。身軽な服装で出たいとき。もしくは小旅行のように、少しタフに扱う可能性も出てきてしまうとき。
1番の理由は、小銭が取り出しにくいこと。真ん中のポケットが基本的には小銭入れを想定していると思うのですが、取り出しにくいんです。三年経っても。特にカード等を左右に入れていると、両サイドが固いので、この小銭入れ部分が開きにくい。これが結構ストレスで、例えばコンビニやスーパーなど、後ろに人が並んでいるときや、最近だと消費税が8%ということもあって細かいお金を出したくなったときに、お金が見えない。取り出しにくい。で、面倒だから結局お札を使ってしまう。そうしたことが頻繁にありました。
そこで、購入当初に友人のTKさんにコメント等で教えてもらったように、真ん中をお札、両サイドをカードと小銭にしています。
Lファスナー中身の分け方
これ、今綺麗に入っていますが、カードが6枚(住基カード、保険証、クレジットカード2枚、キャッシュカード2枚)、お札は3枚、小銭が100円だけ、という非常に少ない状態なのでそう見えるだけです。
少し見えにくいけれど、100円のみ。
これが、一日使うと、結構大変になってきます。真ん中のお札は、1番使いやすく綺麗に収まるのは一枚ごとに半分に折っていれておくこと。幾ら入っているのか把握がしやすいのと、お札が取り出しやすいので。ただ、一日の中で例えば1万円や5千円を崩した途端に、渡されて目の前で折る余裕などなく、ひとまずまとめてかるく折って突っ込まざるを得ないので、一気に秩序は崩壊します。
また、私はレシートは全てもらって、一応一日ごとに夜に家計簿に付けているのですが、そうしたお財布の中にレシートがそれほど多くない人でも、さてではこのお財布の何処にレシートをひとまず入れておくか悩みどころです。お札と一緒に渡されるか、小銭と一緒に渡されるか、全部まとめて渡されるかによって、その時にどうするか結構困ります。まぁ全部まとめて渡されればこの財布でなくとも困りますが。

カードも小銭もお札もたくさん、という人には向かないと思う。

あくまでシンプルに、多くは持たない人向けかな、と。マネークリップと感覚が似ているかもしれません。まぁ、メインでごっそりこれだけで賄おうとする人は少ないかもしれませんが、そうした割り切りがあれば、このお財布は使いやすいかもしれません。割り切って使うシンプルなお財布。
また、さすがに3年も使っていると、ヌメ革の表面が良い具合に照りが出てきます。これは、なかなか変化が出にくく、表情も変わりにくいけれども結構丈夫な土屋鞄のヌメ革ならでは。私はマウスパッドも使っていますが、同じように使っていても、こうして普段から手に触れる機会が多く、油分も付きやすく摩擦も起きやすいお財布のほうが表情は綺麗に出る気がします。
3年ぶりの土屋鞄Naturaヌメ革マウスパッドのその後。
表面の照りは相変わらず綺麗。
写真では難しいけれど、実際きれいに艶が出ています。
細かい傷もついてくると、愛着も出てきます。ただ、では雑に扱って良いかというと、その辺は難しいと思います。まったく手入れも何もせず、普段から「使い倒す」という言葉のもとに乱暴に扱っていれば、そうした風に革も返してきます。それを味と思うか、痛々しいと思うかはもう個人の解釈の問題。
と言いつつも、このLファスナーもここしばらくそれほどお手入れらしいお手入れはしていません。そんなに神経質に扱わなくてもそれなりに良い具合に傷も表情も出てくれるのが、こうしたお財布の良いところ。土屋鞄の代表的なモデルでもありますし、全商品の中では比較的入門的な価格帯。自分と土屋鞄の相性を知る上でも、一つは持っていたいアイテムかなと思います。私は好きです。

ヌメ革 Lファスナー【楽ギフ_包装】

ヌメ革 Lファスナー【楽ギフ_包装】
価格:5,500円(税込、送料別)

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。