[0245-201406] 相変わらず、うまいなぁ、と思う旅鞄。-土屋鞄x「トランジット」トラベルショルダー

[0245-201406] 相変わらず、うまいなぁ、と思う旅鞄。-土屋鞄x「トランジット」トラベルショルダー

スポンサーリンク

ここ数年、というよりも、震災後、私たち夫婦の生活スタイルも少しずつ変わって、モノに対する考え方も変化してきていたので、あまりチェックしてはいなかったのですが、それでも時々気にはしていました。こうしたブログを更新していることもありますし、何より大学時代ですから10年以上前、まだ土屋鞄製造所が「鞄工房土屋」だった頃からずっと追い続けてきたので。
#当時(2009年)で既に7年あまり。ということは、もう12年近くになるんですねぇ。
旅鞄に関しては、過去何回か土屋鞄からも出ていて、その度に興味は持っていましたし、それなりに楽しみに企画連載を追い続けてきていました。ただ、結局気にはなりながらも購入に至れなかったのも事実です。理由は色々あると思うのですが、あと一歩の押しが自分の中でなかったのもあると思います。
今回の旅鞄も、企画が始まった段階でメルマガで知ってはいたのですが、ちょうどせわしなかった時期と重なり、またブログ自体も大分お休みしていたので、意識して追ってはいませんでした。
ここ数ヶ月こうしてブログを更新する中で、以前の記事を移行しながら、当時書いたものを読み返している内に、また少し土屋鞄を追ってみようかな、と思い始めたのも、こちらで再開した大きなきっかけです。
気付かないうちにソーシャルとの連携もだいぶされていて、サイトも相変わらず積極的に改善されていっている土屋鞄ですが、まだじっくりチェックするには至っていません。そんな中で、私が真っ先に気になったのは、今回の旅鞄でした。
土屋鞄xトランジット トラベラーズショルダー
雰囲気と、色合い(Earth Brown)が落ち着いていて、サイズも手頃で、モデル写真を見た限りでは腰辺りにちょうど鞄がきていて、これ、気軽に普段使いも出来そう。休みの日に、足には三交製靴のラギッドシューズで、この鞄一つで街歩き。散歩なんていいなぁ、と。
[kanren postid=”647″]
価格も税込み3万9000円なら、ちょっと出そうと思えば充分に出せる。ここ最近海外に行けていないこと、今ちょうど妻がイラクに行ってしまっていることで、ちょっと自分の中で旅への想いがいつも以上に強くなっている時でもあるとは思います。
残念なのは、予想通りというか、来週の火曜日だから、ちょうど1週間後に発売にも関わらず、既に楽天支店では完売してしまっている、ということ。無いとなると余計に欲しくなるものです。無念。何かこんな展開は何年経っても相変わらずやってる気がしますが。
これ、店頭販売は・・どうなんだろう?もうすっかり間が開いてしまったので、勘も鈍っています。ちなみに翌25日は妻の帰国日なので、一日空けていたり。。あ、ちょうど良いね、久しぶりの白金店 or 自由が丘店訪問。だいぶご無沙汰してしまって、店員さんも代ってしまったんじゃないか、とちょっと心配だけれど、行ってみようかと思い始めている自分がいます。
#ちなみに前回の白金店訪問は、なんと3年前の8月。。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。