[0189-201405] ユニデン「地震津波警報機 EWR200」- 普段は全く存在感を消しながらも、大切なところでは本領を発揮してくれる頼もしい同居人。

[0189-201405] ユニデン「地震津波警報機 EWR200」- 普段は全く存在感を消しながらも、大切なところでは本領を発揮してくれる頼もしい同居人。

スポンサーリンク


震災の直後、熱に浮かされたように防災グッズ、非常袋などを調べ、ブログでも毎日のようにその様子をアップしました。あれから三年。まだ震災の街は復興したとは言い難く、知人も今も現地に入っています。
ここ最近は「美味しんぼ」騒ぎで、ネットでは一部で非常に白熱した議論が交わされているけれど、一歩街に出ると、街中は至って静かで、すっかり日常。話題はサッカー日本代表か、という空気。
それはそれで、日々を精一杯生きるためには仕方なく、またそれで良いのかもしれません。また、大半の人が無関心でいてくれなければ、そもそも国というものは成り立たないのかもしれません。
そんなことを日々ボンヤリ思いながら先ほど何気無く部屋にかかっているこいつを見る。
緊急地震速報が発令されると、その特殊なシグナルを受け取って、その時だけオンになり、緊急地震速報を流す。中央のセットボタンを押すと、また静かになり、監視中に戻る。
ただそれだけのことなのだけれど、この三年間、忠実に、真面目にその役割だけを果たしてくれています。
勿論外にいれば聴こえないし、今ならスマホやパソコンでも同じようなものは当たり前のようにあります。
けれど、スマホやパソコンはそれ以外の時も触れ、使うので、その存在や便利さはいつでも感じることができる。

この据え置き型のラジオは、普段はあることすら忘れてしまう。

でもこれは監視中に電池を蓄えているので、いざ揺れて停電になっても動き続けるのです。ただ一つ、持ち主に大切な情報を知らせるためだけに。
NHKにセットしているので、全く離れた九州や沖縄、北海道が震源でも、全国区のNHKならではで、突然オンになって驚かせてくれるところも愛嬌。
私はこういう、ただ一つの機能に絞った、ちょっと不器用だけれど、その分無駄がないことが美しさを生む作品が好きです。
今の時代、一芸に秀でただけでは、この移り変わりの激しい日々では生きていけないのかもしれません。
けれど、それでも、例えば書くことであったり、聞くこと、読むことであったり、考えること、知ることといった基本は、いつの時代も変わらないと思うのです。
そして、そういう時、こんな相棒、同居人が一番頼りになるのかもしれません。
そんなことを考えながら、また一日何事もなく過ごせたことを感謝して、眠りにつきます。

追記:2014年11月28日 0:35 更新

先日深夜の長野県の震度6弱の地震の際にもしっかり動いてくれました。スマホアプリとは違った安心感があります。
[0363-201411] 昨夜の地震時の佐久市長のツイートから、改めて佐久に興味を持ちました。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。