[0436-201412] 到着から一週間のHZK測量野帳2冊用カバーの使い勝手をご報告。

[0436-201412] 到着から一週間のHZK測量野帳2冊用カバーの使い勝手をご報告。

スポンサーリンク

HZK Leatherの測量野帳用カバーが届いて一週間が経ちました。この一週間、常に持ち歩いてかなり愛用しています。
[0405-201412] HZK dedicated 測量野帳 2冊用カバーが届きました。
そこで、まだ一週間ではありますが、使っていて気付いたことなどをまとめてみました。
【HZK Leather】革 ノートウェアをカスタマイズ!オーダーメイド 手帳カバー・ブックカバー・システム手帳・聖書カバー 

ヌメ革はクリア塗装で艶もあり綺麗。

革はヌメ革です。表面にクリア塗装を施しているので、艶もあり、また傷や汚れるにも強そうな印象です。
ヌメ革と聞いてBREEなどの焼けやエイジングをイメージされる方には若干ものたりないかも。耐久性をイメージされる方にはピッタリです。

細かい傷も艶でぱっと見目立ちにくいと思います。
クリア塗装はこの価格帯の革製品には非常に良いと思います。革製品って元々好きな方には血管の浮きやシワなどの表情も含めて楽しんでもらえますが、そうでないかたにはちょっとした表面の表情ですらクレームになることも多いです。

この価格で作るとなれば、表情豊かな革は選ぶとロスが出すぎて採算がとれないと思います。返品や交換も出てしまうでしょう。
と考えると、非常に綺麗で、革製品を買って良かったな、と思える、そしてお手入れもそれほど繊細ではない仕上げのほうが、使う人にとっても長く綺麗に愛用出来るのですから。

サイズ感と使い勝手。

さすがにサイズを合わせて専用に作られているだけあって、よく考えられています。まさに測量野帳のためのカバーです。

若干タイトなので、二冊を左右に挟んでも抜けることはなさそうです。これは素晴らしいです。そして、左右二冊の使い心地ですが、

左側の野帳を開いたときの横の幅はこんな具合です。筆記上全く問題なしです。もともと野帳の表紙自体しっかりしていますしね。
180度以上開いてくれる測量野帳ならではの使い心地とカバーとの相性は良好です。

ペンホルダーのオーダー時の注意点

私は二冊用で、特に直径等の指定はせず標準で一つ付けてもらいました。

通常のペンや万年筆なら、ほぼ問題なしかな、と思います。写真は愛用のキャップレス絣。余分な遊びがなく、不安定さもなく、ピッタリです。私、ペンホルダーの安定感の悪さに元々あまり好きではないのですが、今回は付けて良かったです。
太さでは、手元のペリカンのR800(万年筆M800のローラーボールペンのもの)がジャストですが、キャップ部分は入りません。もしこの大きさの万年筆を挿したい場合はペンホルダーの位置を真ん中くらいにして、キャップではなく軸部分を通すか、このままの位置で直径を大きくする必要があります。
で、そこで注意点。

キャップレス絣を挿した時の上からの写真です。見にくいですが、個人的には二冊用だと、厚さを考えるとこの太さくらいがちょうどかな、と。太くすればそれだけはみ出る可能性も考える必要があります。

ということは、一冊用で薄くシンプルに持ちたい場合は、このままの大きさでペンホルダーを付けると、ペンを挿したときに厚さとのバランスが悪くなる可能性も考えておいたほうがよいです。
この写真の半分の厚さになるわけですから。

大変に満足です。


もう、とても気に入っています。肌身離さず、とはこのことで、書く量も更に増えました。消費が早いので、そろそろまとめて測量野帳を買ってしまおうかと思っています。

また、妻も測量野帳は愛用していますので、日頃の感謝の気持ちを込めて、妻にも贈りたいな、と今、どういうオーダーにしようか検討中です。
まだまだ混み合う時期ですし、年末なのでだいぶ先になりそうな気もしますが、新書カバーも合わせて、検討中です。
【HZK Leather】革 ノートウェアをカスタマイズ!オーダーメイド 手帳カバー・ブックカバー・システム手帳・聖書カバー 

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。