[0532-201501] 半月後のHZK測量野帳2冊用カバー。LEVEL BOOKが加わり、ますます使用頻度が増えました。

[0532-201501] 半月後のHZK測量野帳2冊用カバー。LEVEL BOOKが加わり、ますます使用頻度が増えました。

スポンサーリンク

この年末年始も常に持ち歩いていた測量野帳。昨年末に届いたHZK Leatherの2冊用カバーのお陰で、ますます使用頻度が増しています。
特に年明けから2冊の内の1冊をLEVEL BOOKに変えたことで、使い勝手が上がりました。
そんな測量野帳とHZK測量野帳カバーの半月後のご報告です。

[0436-201412] 到着から一週間のHZK測量野帳2冊用カバーの使い勝手をご報告。

光に照らされると、無数の細かい傷が表情を作ってくれています。

変化と言うにはまだ半月なので、そう大きく変化されても困るのですが、それでも無数の細かい傷が入ったことで、表情が出てきました。

お手入れに関しては、私の革製品用のお手入れグッズの定番(だった)コロニルプレミアムローションを時々ごく薄く塗って磨くくらいです。

廃番になってしまったので、現行だとシュプリームクリームになるのかな。プレミアムローションはORTHODOXEEの今野さんにも以前からお薦め頂いていたものなだけに、今は入手出来ないのが残念です。

年明けからLEVEL BOOKを導入。


測量野帳の通はSKETCH BOOKよりもLEVEL BOOKを好むそうです。
私が通かと言われればそんな気は全くしませんが、普通に使うのであれば方眼の入ったスケッチブックが使いやすいのは今も変わらず。
ということで、普段のメモ書き、その他大量に記すものに関しては左側に挟んだスケッチブックを使っています。
右側は今までは予備のスケッチブックを挟んでいたのですが、こちらをLEVEL BOOKに変えたところ大活躍。

というのも今年も家計簿として「羽仁もと子案 家計簿」を使っていることは先日書いた通りですが、これの日々の収支をメモするのが「家計当座帳」。
これは大きさからして普段の私の持ち歩きには不向きだったのです。それを測量野帳にそのまま移行させたところ、常に持ち歩くので使い勝手が良い。
[0504-201501] 今年も家計簿は婦人之友社「羽仁もと子案 家計簿」(3年連続3回目) | Life Style Image
HZK Leatherの革カバーも芯がシッカリしているので、とりあえずレシートや領収書を挟んでおいても安心ですし、時間がある時にそのままLEVEL BOOKに転記して捨ててしまう。
常に持ち歩く測量野帳だからこそ出来る使い勝手の良さでした。

左側に収支、右側に摘要もしくは詳細。


左側がそのまま収支に使えます。そちらに摘要を記しても良いのですが、詳細含め何を買ったか、もしくは何を買わなければいけないか、などは右の罫線ページにまとめて記してしまった方が便利です。
それが出来るのがLEVEL BOOKの良いところ。実際ネットで見てみると、LEVEL BOOKをお小遣い帳に使っている方も結構いるようですね。

いつの間にか日々のメインの手帳になっています。

勿論ほぼ日手帳、能率手帳も変わらず愛用していますが、持ち歩いて常に使っている、という意味では測量野帳がメインです。
これは測量野帳の魅力だけでなく、HZK Leatherの革カバーのおかげが大きいです。
slooProImg_20141225103754.jpg
測量野帳は以前も触れましたが、使っている内に若干耐久性が心配な部分もあるんですね。弱いわけではないのですが、少し不安がある。見映えも。
フィールドで使うにはその少しボロボロな感じがまた雰囲気があるのでしょうが、常日頃から愛用する手帳としてはその点だけが残念でした。
そこに今回思い描いた形で2冊用のカバーを作って頂いたことで、持つ楽しみが出来ました。そして使い勝手も向上。この組み合わせは素晴らしいです。
これからも3つとも持ち歩くのは当分続くと思いますが、もし一冊だけ手にして身軽に出かけるのであれば、現時点ではやはりこの測量野帳2冊xHZK革カバーかな、と思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。