[0456-201412] 測量野帳を年始に向けて買い足そうとしたら、赤いSKETCH BOOKを見つけて思わず購入してしまった話。

[0456-201412] 測量野帳を年始に向けて買い足そうとしたら、赤いSKETCH BOOKを見つけて思わず購入してしまった話。

スポンサーリンク

私の生活に無くてはならない存在となっている測量野帳。本当に素晴らしいノートです。
HZK Leatherの測量野帳2冊用カバーとセットで毎日肌身離さず持ち歩いています。
[0405-201412] HZK dedicated 測量野帳 2冊用カバーが届きました。

そんな測量野帳。わが家では夫婦揃って愛用しているので、結構無くなるのが早いです。
昨日たまたま渋谷まで出たこともあり、折角だから買い足しておくか、と東急ハンズに立ち寄りました。
この時期測量野帳は結構売れているようで、最初に行った渋谷LoftはSKETCH BOOKは売り切れ。LEVEL BOOKしかありませんでした。
これはハンズも同じかなぁ、と思っていたところ、思わぬモノが。

それがこの赤い測量野帳。SKETCH BOOKです。中は全く同じ。最初コクヨではなく何処かの似た商品かと思ったのですが、しっかりタグには「コクヨ」と書いてある。
お値段が倍でしたが。

裏を見ると、「proudly made in Japan by trystrams」。私全く知りませんでした。測量野帳を愛用していながら。

trystrams(トライストラムス)が出している、リミテッドの測量野帳だったのですね。
他にも何色か出ているだけでなく、同じく測量野帳風デザインでB6スリムタイプのダイアリーも出していました。

測量野帳の40枚200円弱で買えるC.P.の高さと手頃さ。そして使い勝手とのバランスの良さが魅力なだけに、常用するにはリミテッドは辛い。400円程度となると、2冊買えてしまう訳ですから。
今回もまとめて10冊とか20冊買い込もうと思っていたんです。

どんどん気にせず書ける(制限無く書ける)ことで、気持ちの制限を無くしてくれる。結果として益々何でも気軽に書き留める気になれる、というところが測量野帳の魅力です。
人って不思議なもので、それ程書くわけではなくても、書く場所、量に制限を与えられてしまうと、無意識に選別してブレーキをかけてしまう。結果として書き漏らしが起こってしまう。
メモ魔になるには、書くことが気持ち良くなるモノのセレクトとともに、気軽に使えるという要素がとても大切だと思います。
そうした点では、常用にはなり得ないのです。けれど、ポイントで持っていても良いなぁ、と思いました。

実際、私のHZK測量野帳カバーとの相性は絶妙で、黒革x赤ステッチなので、色の組み合わせが非常に馴染みます。

昨日はこれに合わせて、わざわざペリカンのM400のボルドー(F字辺りがM400の太さと長さ、測量野帳との相性だと良い気がします。)を買おうかと思ってしまったくらいです。

HZK測量野帳カバーのペンホルダーの直径は標準だとちょうどM400のキャップくらいがジャスト。M800になると軸部分になってしまうので、直径を大きくするか、中央位置にずらして軸を挿すか、になります。
M800にするなら、M字くらいがやはり良いかな。太すぎても使いにくいけれど、これくらいの太さが一番です。
[0436-201412] 到着から一週間のHZK測量野帳2冊用カバーの使い勝手をご報告。
ということで、こちらに全て切り替わることはないのですが、見映えが良いんです。格好いい。益々使いたくなる。こうした感覚って結構大事です。
数量限定のようなので、ある内にある程度まとめて買っておいて、時々気分で使い分けようかなぁ、などと考えてしまいました。
slooProImg_20141225103754.jpg

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。