[0966-201508] 拘って気負っている限り辿りつけない境地に妻は既にいる。コクヨS&T 測量野帳を妻も普段使いし始めた。

[0966-201508] 拘って気負っている限り辿りつけない境地に妻は既にいる。コクヨS&T 測量野帳を妻も普段使いし始めた。

スポンサーリンク

気がつけば一年も既に折り返していて、来月に入るとそろそろ来年の手帳のシーズンとなってきますが、皆さん今年の手帳は当初の予定通りうまく使いこなせていますか?
[0377-201412] 12月1日は手帳の日。あなたが選ぶ手帳は恐らく一年間使えません。
我が家でも手帳好きの私よりも手帳に敢えて関心もない妻のほうがしっかり使いこなしています。大変悔しいです。羨ましいです。

妻が測量野帳を普段使いし始めた。

今までイラクなど海外に行く際の向こうで記録やメモをする際にのみ持ち歩いていた海外専用のノートだった測量野帳。ところが先日より突然妻が普段使いを始めました。
slooProImg_20141225095809.jpg
昨年のクリスマスに妻に贈った赤の測量野帳がまだ2冊残っているのですが、その内1冊を無造作に鞄の中に放り込み、日本が誇る100円ボールペンで何かあるとメモ代わりにガシガシ使っております。専用カバーを買ってキャップレス万年筆で使っている私なんかより余程使い込んでいます。
[0456-201412] 測量野帳を年始に向けて買い足そうとしたら、赤いSKETCH BOOKを見つけて思わず購入してしまった話。
slooProImg_20141225095802.jpg
それも気負っていないだけにカッコいい。

[0757-201504] 日本で暮らしていて「ありがたいなぁ」と思う日本製品の素晴らしさ。今回は主に筆記具について語る。長いよ。

測量野帳の魅力はその薄さと丈夫さと気軽さ。

だと私は思っています。価格自体は1冊150円程度と、普通のノートに比べて格別安いわけではありませんが、背表紙がしっかりしていて手で持って書ける。サイズも手頃で持ち歩きが苦にならない。そして薄いので気負わず使える。厚すぎると挫折する可能性もありますし、持ち歩くのも面倒になっちゃいます。
[かぶ] iPhone6 plusと測量野帳2冊、キャップレス万年筆2本が最近の基本セットです。
妻が海外にも気軽に持っていったきっかけは、この薄さと丈夫さと気軽さ。それが気に入ったようで、普段使いも始めたのですが、このノートの隠れた魅力は1日の区切りがないことかな、と思うのです。

一日の区切りがないから、どれだけ書いても、まったく書かなくても自由。

そんなものノートなら当たり前、と言われてしまいそうですが、これが手帳として使う場合には非常に大きなポイントになると思っています。
手帳を使う上での悩みの一つが、一日のスペースが決まっているということ。別に他の日や週にまたがっても構わないのですが、これって意外と多くの方が悩まれていることなのではないのかな、と思うのです。ほぼ日手帳で途中で空白のページが続いてしまったり、何となく年の途中で滅茶苦茶になってしまってそのままやめてしまった、という方に多い悩みが、「書くことがそれ程多くない」けれど「書きたい時には足りない」ということかな、と思います。
もちろん、一日の中で書くことを優先順位を付けてきちんとスペースに収まる量で書き切れるのであればそれは素晴らしいのですが、私にとってはスペースを前に、書いて良いか、考えてしまうと書けなくなってしまうのです。結局そういう日は余ってしまって、それなら最初から書いておけば良かった、となるのですが。
N145_yamayamatokumo500
ノートの良さは、一日のスペースが決まっていないこと。その制限のなさが気持ちも思考もブレーキをかけません。書きたいだけ書けば良い。
ということで、ついスケジュールとノートの2冊態勢になってしまうことが多いのですが。

妻は普通にサラリとメモ帳兼簡単な日誌として使っています。

何なんでしょう、この気負いのなさ。まったく何も思い入れがないからなのか、もう自然なんですよ。見ていて悔しい。勝手に嫉妬してしまう。
BL008-cyottomatteyo5820140810500-thumb-1000xauto-5580
まぁ他人のモノがよく見えてしまうのはよくあることで、どこかで読みましたが人は他人の人生のハイライト(外面の見える華やかな部分)と自分の内面を比べて落ち込むそうです。元々比べるものではなく、まして他人から見れば私がSNSやブログなどで発信している日々は華やかに見えるかもしれませんが、内面ではものすごくストレスと悩みを日々抱えているかもしれません。それは見えないわけですね。それと自分の心の中を比べてしまうのは無意味なのですが。
ちょっと脱線しましたが、要は拘っている内は、それが趣味になっている内は、自分の理想には一生かけても辿りつけないということですね。気負っちゃうわけですし。
なので、私には当分は辿りつけない境地(というか、そもそもそんな場所すらない)に妻は普通にいるということで。測量野帳、今の妻には大変合ったノートのようです。
0757−201504_MyTools 04

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。