[1029-201510] 10ヶ月後のHZK測量野帳2冊用カバー。あまりに意識することのない普通さが、普段使いの測量野帳に相応しい。

[1029-201510] 10ヶ月後のHZK測量野帳2冊用カバー。あまりに意識することのない普通さが、普段使いの測量野帳に相応しい。

スポンサーリンク

今年の手帳、というわけではなく、普段使いをしている測量野帳。私は昨年の12月からHZK Leatherの定番の一つ、測量野帳2冊用カバーを使っています。
気がつけば今年もあと3ヶ月で終わり。そろそろ手帳の季節になります。この時期になると気分を変えて、新しい気持ちで、手帳カバーも新調しようと思われている方も多いと思います。そこで、10ヶ月使ってみたHZK測量野帳2冊用カバーの魅力を書いてみたいと思います。
以前に書いたHZK測量野帳2冊用カバーについての記事はこちら
1029-201510_HZK Leather

大きな表情の変化はないけれど、よく見ると10ヶ月なりの使用感が出てきました。

使われている革は「100%植物タンニンなめしヌメ革」です。アニリンという溶剤で仕上げているのですが、サイトにも「こちらはクリアと呼ばれる溶剤で膜を張る加工のものですので、染め加工だけのヌメ革とは仕上がりが異なります。」とあるように、一般的にイメージされている変化の大きいヌメ革とは表情はだいぶ違います。
1029-201510_HZK Leather 04
10ヶ月使ってきましたが、クリームに関しては、ほとんど使っていません。最初に1〜2回塗りましたが、あまり浸透していく感じではなく、表面に艶を出す用途が大きいかな、と思いましたので、それ以降は乾拭きだけにしています。革は基本的にはクリーム以上に普段からしっかり乾拭きしてあげることのほうが大切です。

傷もそれなりに入りましたが、表面が剥がれるような状態ではありません。

1029-201510_HZK Leather 02
よく見ると(光に照らしてみると)擦れ傷はそれなりにあります。ただ、普通に使っている分にはほとんど気になりません。また、革自体がだいぶ縁の部分が柔らかくはなってきているので、そうした全体としての馴染み感は出てきたのかな、とは思います。

このカバーの魅力は、革の表情よりもむしろ気負わず使えるところ。

ちょっとした擦れ傷や水滴程度では(放置は良くはありませんが)ほとんど表情を変えないその安心感こそが、この手帳カバーの魅力かな、と思います。
勿論革の色によっては染みが多少目立つかもしれません。私の使っているのが黒ということもあって、変化が分かりにくいのもあると思います。
1029-201510_HZK Leather 03
ただ、この10ヶ月間、普通に使ってきましたが、普通に使えるんです。革ガーとか、傷ガーとか気にせずに、気軽に鞄に入れて、思いついた時に取り出せる。持ち歩きに気を使わなくて良い。これは測量野帳にも通ずるところがあると思います。そもそも何故測量野帳にカバーが必要なのか、という方もいるかと思いますが、気軽に使うと1冊使い終わる頃には背表紙の角の辺りが破れてきたりすることもあるので。
勿論、「気負わず使える」のと、「雑に使う」のは全く別です。

細かいオプション選択が出来て、価格も手頃なところも魅力です。

サイズも含めて一から作ってもらうことも出来ますが、定番の形にオプションを加えるだけであれば、例えばこの測量野帳カバーであれば、2冊用でも1冊用でも値段は同じ。5,900円+オプションです。
革とステッチの組み合わせからペンホルダーの数、位置、外側ポケットやフェイス部分ライン入れまで、かなりの選択肢があります。
ただ、測量野帳に使うのであれば、最小限のオプションでシンプルに使うのが一番かな、と思います。
細かい部分はメールで質問することも出来ますし、ブログも不定期ながらなかなかに魅力的です。

革製品にあまり興味がなかったり、敬遠している方にこそ試してみて欲しいカバーです。

12月に入ってから手帳カバーも、と考えると、大抵注文も殺到している時期なので完成が年明け、場合によっては2月になってしまうことも多いと思います。ちなみに今確認してみたら、既に10月初めのこの時点で「かなり混み合っています(4〜5週間)」。革製品や手帳好きにもさり気なく人気があったりするので、有名になってきたのでしょうね。
私も今回妻の誕生日に合わせて測量野帳カバーをオーダーしようと思っていたのですが、バタバタしている内に過ぎてしまいました。仕方ない、クリスマスに間に合うように密かにオーダーしておこう。
[0966-201508] 拘って気負っている限り辿りつけない境地に妻は既にいる。コクヨS&T 測量野帳を妻も普段使いし始めた。
革好きでなくとも、いや、革製品にあまり興味がなかったり、お手入れが面倒じゃないか、と敬遠している方にこそ、試してみて欲しい手帳カバーだな、と改めて思いました。
【HZK Leather】革 ノートウェアをカスタマイズ!オーダーメイド 手帳カバー・ブックカバー・システム手帳・聖書カバー

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。