[かぶ] おふぃすかぶ.jpのYouTubeチャンネルを公開します。スマホとChromebookによる動画編集と公開を目指したいな、と思っています。

[かぶ] おふぃすかぶ.jpのYouTubeチャンネルを公開します。スマホとChromebookによる動画編集と公開を目指したいな、と思っています。

シェアする

スポンサーリンク

一昨日の文章中で、こんなことを書きました。

今回Twitterでリアルタイムに発信しましたが、これ以外にも結構撮っているので(ノイズや接客の声などが入ってしまっているのが多いので、そうした動画はまだアップしていません)この後編集して公開出来たら良いな、と思っています。お、おふぃすかぶ初の動画編集と公開か。

今回ありがたいことにASUS Store Akasakaで色々と動画を撮らせて頂きました。上記の文章ではそれらの動画の一部は、(従来通り)Twitterに一旦アップしたものを貼り付ける、という形で使ってきました。撮ってすぐ公開出来る、という気軽さが魅力ではあるのですが、昨年辺りからもう少ししっかりした形で動画を公開、まとめていきたい、という気持ちを持っていました。

実は昨年6月初めのCOMPUTEX TAIPEI 2018開催時に、あちらで手持ちのスマートフォンで動画を撮影して、それをChromebookで編集YouTubeにチャンネルを開設して公開していきたい、と考えていました。実際にそうした想いを当時時々発信していたと思います。

Chromebookは動画作成は厳しい」というのが一般的な印象だと思います。そして、実際に現状ではまだまだWebアプリでは動画編集は手間もかかれば、まだまだ制約も多く、昨年の時点ではそうした想いはありながらも結局行動に移れませんでした。

ところが先日、ASUS Store Akasakaで開催されたChromebook SESSIONでCyberLink社のPowerDirector(Android)を用いてChromebook上で動画を編集するという実演を見ることが出来、思っていた以上に可能性があることに気付かされました。

これだけ出来るのであれば、昨年から思い描いていた動画編集と公開をもう一度挑戦してみても良いかもしれない。

ただ、私は動画編集に関しては撮影も編集も何もかも、全く知識も経験もありません。正直精神的なハードルが高く、もう少し練習してから、もう少し使えるようになってから、もう少し鑑賞に堪えるレベルになってから、と思うと、なかなか行動に移れませんでした。ただ、その内は一生訪れません。むしろプロでなくても、私のようなレベルでも、「手持ちのスマホとChromebookでこんなことも出来るし楽しめるよ」ということを伝えるようなものでも良いのではないか。であれば、さっさと素人レベルで始めてしまって、その成長の過程も含めて楽しんで頂けたら。そして今までのブログやSNSでの文字と写真を中心とした情報発信とはまた別の種類の情報の形が役に立てば。そう考え、とりあえずさっさと公開してしまうことにしました

チャンネル自体は実は前述の昨年のCOMPUTEX開催当時に登録だけはしていたのですが、完全放置していたものを使っています。なので、チャンネルの説明も自己紹介も何もまだ出来ておりませんが、とりあえず一昨日に撮った動画を1分程度にまとめて公開をしています。

ASUS Chomebook Flip C434TA Hands-on in ASUS Store Akasaka (Japan)

今回はとりあえず発売日に間に合わせたかったこと。また音声部分に店内の他のお客さんの声や接客中の会話(名前や内容)がしっかり入ってしまっていたため、ひとまず音声をすべてカット。本当は文字や音楽、別途音声も入れれば良かったのかもしれませんが、そこまでまだ手が回らず無音で公開しています。

ただ、言い訳をさせて頂くと、個人的に何となく変顔や日本人的に不自然なノリとテンションの動画が苦手(見るのも。それもあって、日本の動画をほとんど見ておりません。)なこと、また私自身が突然動画が再生されて音が流れるのが嫌なこともあって、それだったら割り切って最初は音無しでどこでも気軽に見られるほうが良いや、と思ったのも正直なところです。でも勿論ゆくゆくはもっとしっかりした見るに堪えるものにしていきたいと思っています。

今後に関しては製品のレビューを補足する形での動画や、COMPUTEXなどのレポート、また実際にスマホ(現時点ではPixel 3)とChromebook(同じく現時点ではPixel Slateを想定)で編集していくにあたって「あると便利だな」と思って購入したり、環境構築したもののご報告などを少しずつ公開していけたらいいな、と思っています。あとは、おふぃすかぶ.jpはChromebookブログではなく、ご存じの方も多いと思いますが靴のお手入れなどの情報も日々発信しています。そちらも合わせた、ブログ全体の、おふぃすかぶとしての発信のためのチャンネルにしていきたいな、と考えています。引き続きよろしくお願いいたします。

こんなまだ中身もない、これからも分からないチャンネルに早速初日からお二人も登録して下さって申し訳ない気持ちです(嬉しいです)。

で、先ほど偉そうに「手持ちのスマートフォンで動画を撮影して、それをChromebookで編集YouTubeにチャンネルを開設して公開」などと語りましたが、今回の動画、見事にWindows PCで編集して公開しています。いきなりダメな感じですが、現在手元にPixel Slateがない状態でして、COMPUTEXまでにはそうした環境も整えたいな、と思っています。ひとまずPowerDirectorはサブスクリプション講読はしているので、少しずつ慣れていきたいな、と。

と同時に、今後ある程度応用も利かせられるように、とひとまず今回Windowsだったこともあり、AdobeのPremiere Pro 2019を初めて使いました。うん、たくさん機能があり過ぎてまだほとんど使えない。

ということで、そうした動画編集の諸々を勉強(身につけよう)と、以前も取り上げたUdemyで、

Adobe Premiere Proのコースで評価の高かったものを追加で購入しました。

ちょうどセール中で価格が大幅に安くなっていたので(時々価格が大きく下がりますね)、ありがたく受講させて頂きます(私の場合は新規受講生ではなかったので、価格は本来の12,000円のままだったのですが、ページを下まで下がっていったらよく一緒に受講されるコースという項目があって、他の人気コースとセットにすると2,400円で購入出来ることに気付き、ありがたく購入させて頂きました。

ちなみに今回Windows PCということでPremiere Pro使いましたが、Windows版もPowerDirector 365icon購入しておけば、慣れる意味でもそちらで試せたのに、と今更ながら。CyberLinkはユーザー登録しているので、先日までPowerDirector 17 Ultimateがかなり安く買えたので、その時買っておけば良かったかな、とこちらもちょっと後悔しております。今も安くなってるんですけどね。

サイバーリンク公式オンラインストア

ということで、このブログとともにYouTubeのおふぃすかぶ.jpもよろしくお願い致します。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。