[かぶろぐ] 0005 Chromebookでは、Android版のスマホゲームよりもGeForce NOWでPCゲームという選択肢。(2021.02.23)

[かぶろぐ] 0005 Chromebookでは、Android版のスマホゲームよりもGeForce NOWでPCゲームという選択肢。(2021.02.23)

シェアする

スポンサーリンク

前回書いたこちらの文章が思っていた以上にお読みいただけているようで嬉しいです。

実際に、最近国内でもChromebookに対応したクラウドゲームサービス「GeForce NOW」を試してみると、普及価格帯スタンダード(現在の国内での実売3万円前後)のCeleron CPUを載せたChromebookでも、ある程度安定したネット回線があれば、最近のかなりのハードスペックを要求するPCゲーム(一部コンシューマー機でも販売)でも普通に動いてしまうんですね。もちろん液晶の質などによって「素晴らしいグラフィックガー」みたいな世界とは少し距離があるかもしれませんが、それでも動く、というのは一つの驚きです。

と同時に、これは何か新しい機能が対応されたりするたびに言われる「Chromebookは低スペックで安くてもサクサク動くシンプルさが魅力なのに本末転倒感迷走している」といった貴重なご意見とも相性は悪くないと思うのです。

だって、低スペック機でも動いてしまうわけですし、Chromebook本体にPCゲームをインストールして本体パワーで力押しする訳ではなく、基本的にはクラウドで処理の大半を行うので、そうした方がイメージしているChromebookの本来の姿とも近いものがあります。なので「それならWindows PC買ったほうが良くね?w」とも違うんです。

ChromebookでAndroidゲームもありだけど、むしろ対応してるならPCゲームのほうが快適かも。

ゲーム用コントローラーも繋げるだけで普通に使えました。

ちょっとこのかぶろぐでもコンスタントに整理できるようなものを作りたいなぁ、と思いながら後回しになっていることがあります。それが、

各Chromebook毎のAndroidアプリ(とゲーム)の対応状況と相性一覧(リスト)

について、です。どういうことか、というと、現在ChromebookはAndroidアプリ対応を謳っていますが、現実的には、大きく

  • 動くし、それなりに使えるもの
  • 動くけれど、一部動作が不安定なもの、機能が制限されているもの
  • インストールは出来るけど、実際には使い物にならないもの
  • インストールすら出来ないもの

といったものに分かれます。更に、これらはアプリ毎だけでなく、Chromebookのモデルによって変わってきます。あるChromebookでは使えるけど、別のChromebookではインストールすら出来ない、という場合も多々あるんですね。

で、結構ネットを眺めていても多いのかな、と感じるのが、最近のLenovo IdeaPad Duet Chromebookの人気からも見えるように、Androidタブレットの代わり的な使い方です。そこに合わせて、Androidで遊んでいたゲームをプレイしたい、という方も見かけます。ただ、これが結構手強い。

更に、タブレットスタイルでも動くモデルならよいですが、通常のラップトップ(ノートPCタイプ)のモデルの場合、その画面でタッチ操作前提のAndroidゲームをプレイするのはなかなか手ごわいこともあると思います。そこで、今回のGeForce NOWです

もしこちらが普通に動くのであれば、あとはSteamなどでゲーム自体を購入してしまえば、あとはGeForce NOWの月額料金だけでいつでもPCゲームが出来るんです。

もちろんChromebookに限らず、GeForce NOWというサービス自体が現時点で対応しているゲームとしていないゲームがあります。自分の遊びたいゲームが必ずしも対応しているとは限らない点は注意が必要です。

ただ、最近PS5やXboxなどでも話題のサイバーパンク2077DEATH STRANDING、お馴染みフォートナイトや、最近売上300万本、同時接続48万人を記録して話題になった北欧神話オープンワールドサバイバル「Valheim」などは既にGeForce NOWに対応しています。

これらが遊べるだけでも、中途半端にスマホゲームで「ガチャ課金売上至上主義、商業主義に嫌悪感」とか感じてるよりも余程安上がりで精神的にも穏やかに、かつ重厚で壮大なゲームを楽しめると思いませんか?

少し脱線。興味の無い方は飛ばして下さい。

最近私は幾つかスマホゲームもプレイしているのですが、国内で人気のあるのは大半が所謂ガチャ課金ゲーです。ちなみに私はガチャ課金システムは問題がないとは思いませんが、現時点でのビジネスモデルにおいては仕方のないものだと思っています。なぜならゲーム開発には本来非常にお金がかかるものですし、継続して安定したサービスを提供するのであれば、日々多大なコストが発生するからです。

ただ、どうも実際にその世界に足を踏み入れてみると、そう素直なものではないようで、緊急メンテナンスなど何かにつけて出てくる「詫ジェム大量に配れ」乞食、「またガチャかよ。儲け至上主義に嫌悪感」「無課金ユーザーのことを考えてない」「でもどんどん追加コンテンツやシナリオは増やせ(もちろん無料で)」「貧乏人はゲームをするな、というのか」という、

ゲームにお金を払うことに対する嫌悪感

のようなものが見えてしまうんですね。なんとなく「友達価格」といってプロの友人に無料や格安で仕事を頼んだり、何かにつけてお互いに相手にはボランティア(無償奉仕)を尊ぶ(求める)ような、ゲーム業界に限らない、国内の空気と似ているのかもしれません。

プレーヤー誰もがお金を払わないのであれば、開発をしている人たちにお金が回らないわけで、そこにブラックな環境が生まれます。要は「お前ら、俺は貧乏で金ないんだから、タダで働いてゲーム作って楽しませろ。」と言ってるようなものです。

もちろんすべてのユーザーがこういう意見というわけではないと思いますが、ゲームの世界自体が最近はスマホゲームを中心に、何となくこうした流れに向かってしまっているのは(結果として一部の重課金者が大量の無課金者を支えるという課金ビジネス前提になりたったゲームシステム)個人的には寂しいなぁ、と思っています。

月2千円前後で最新のゲーミングPCの性能を「必要なときだけ借りる」世の中。

普段無料でゲームをすることに慣れている方にとっては、月2千円、という利用料(+ゲーム毎に買い切りの価格)が発生する、というのは、まさに前述のように「金のないやつはゲームをするなというのか」と思われるかもしれませんが、長い目で見れば決して無駄にはならないと思うんです。

最近のコンシューマー機は安くなりましたし(PS5もXboxも最新モデルは入手は難しいですが、価格自体はスマホと比べればかなり安いですよね)、それらを買ってしまったほうが楽とも言えます。

ただ、買えるようになるまで待つ、お金があったら買う、といっていつまでも買わずにいるのであれば、そして、時には忙しい日々が続き、部屋で置物状態になってしまっているこれらのコンシューマー機や大枚はたいて買ったゲーミングPCが活かしきれていないのであれば、むしろ

必要な月だけ2千円前後の月額料金を払って、最新のゲーミングPCの性能を借りる

というスタイルも今後ありなんじゃないかな、と思っています。それが現行普及価格帯のChromebookでも出来る、ということが個人的には新鮮であり、こうしたクラウドコンピューターの世界が広がっていけば、本当に実用的なレベルで、動画編集や画像編集、その他パワーの要る作業環境を、自分でその都度(数年ごとに)用意するのではなく、必要なときだけ借りて使う、そんな端末フリーな世界もそう遠くないのではないか、と期待しています。

ということで、ちょっとこのかぶろぐでも、これから色々なゲームも遊んでみたいと思います。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

ChromebookでAndroidゲームもありだけど、むしろ対応してるならPCゲームのほうが快適かも。

月2千円前後で最新のゲーミングPCの性能を「必要なときだけ借りる」世の中。

  • ChromebookでAndroidゲームもありだけど、むしろ対応してるならPCゲームのほうが快適かも。
  • 月2千円前後で最新のゲーミングPCの性能を「必要なときだけ借りる」世の中。