[かぶ] Google Pixel 3、Pixel 3 XLが日本でも発売。Pixelbookと合わせて使いたいSmartLock for ChromebookとInstant Tethering(インスタントテザリング)の話。

[かぶ] Google Pixel 3、Pixel 3 XLが日本でも発売。Pixelbookと合わせて使いたいSmartLock for ChromebookとInstant Tethering(インスタントテザリング)の話。

スポンサーリンク

Googleのスマートフォン、Pixel 3、Pixel 3 XLが発売されました。私はドコモ版のPixel 3 XLを入手しました。

このスマホの魅力については既に様々な方がレビュー、レポートされていますので、今回は折角なのでおふぃすかぶ.jpらしく、Chromebook、特にPixelbookと合わせた活用法について触れてみたいと思います。

といっても、特別新しいことではなく、既にPixel 2スマホの頃から一応使えてはいたのですが、最近Chrome OSも70に上がったりする中で、途中相性の問題等も出てきていますので、改めて現時点(Chrome OS 70)の状況を書いてみます。

SmartLock for Chromebook

SmartLock for Chromebookに関しては、Pixelbookに限った話ではなく、以前からChromebookの全てのモデルで、Androidスマホとの組み合わせで一応利用は出来てはいました

ただ、元々何かと端末同士の接続に相性の出やすいChromebook、モデルによって、またスマホとの組み合わせによって、またその時の気分や運によって使えたり使えなかったりすることも多く、それだったら反応する前にさっさとパスワード入力してサインインしてしまった方が速いこともあって、あまり活用されてはいませんでした。

詳しい使い方については上記リンク等もご参照頂きたいのですが、OSがアップデートされるたびに場所が時々変わっていまして、現時点では「設定」→「画面ロックとログイン」にこの項目があります。ちなみにこの項目に入るには再度アカウントのパスワードの入力が必要です。

更にSmartLock設定には再度パスワードの入力が必要。

意外と面倒です。

ただ、せっかくのPixelスマホとの連携、以前の数多あるAndroidスマホに比べれば恐らくChromebookとの相性は良いはず。めげずに先に進みましょう。

設定を開始すると、このような画面が表示されます。あとは指示に沿って進めていくだけ。途中、再起動が必要だったり、最初の一回のサインインや、設定したChromebookとは別のモデルで最初にサインインする際には一度パスワードの入力が必要だったりしますので、その点だけ注意が必要です。あと、今回はPixelbookですんなり、その後も特に不便なく毎回しっかり機能してくれていますが、未だモデルによっては相性が出る可能性もありますので、一応ご了承下さい。

そしてもう一つ注意が必要な点があります。それが下の画面。

なんか似たような日本語が並ぶのでいまいち分かりにくいのですが、これ、SmartLockを反応させる時点でのChromebookとAndroidスマートフォンの距離の設定です。私は画面の通り「非常に近い」にしていますが、これだとサインイン時にPixel 3 XLを、

ほぼPixelbookのキーボードの上に置くくらいでないと反応してくれません。ただ、この方が毎回「この距離なら反応するかな?」とかいちいち気にせずともとりあえずPixelbookの上に置いときゃ100%反応すると分かるので、気分的に楽です。

Pixel 3とPixelbookのInstant Tethering(インスタントテザリング)

こちらも一応Pixel 2の頃から話題にはなっていた機能です。Pixelbook発表の時にもちょっと取り上げられたかな。上記SmartLock for ChromebookでPixelbookとPixelスマホを連携させている場合、Wi-Fi環境になくとも自動でPixelスマホとテザリングしてくれます

最初の一回だけPixelbook側、Pixelスマホ側両方ともに承認が必要です。また、

こういった例もあるようなので、その点だけ注意が必要です。

ちなみに我が家のPixelbookではいつ頃からか忘れましたが、あるバージョン以降このインスタントテザリング用の

モバイルデータ項目が消えてしまいまして、使えなくなってしまいました。そこで一度おなじみ試験運用機能「chrome://flags」からこの項目を復活(enbled)させています。

ということは、もしかしたら他のChromebookでもここ弄れば使えないこともない(もしくは今後使えるようになる可能性もある)のかもしれませんね。試せていないので分かりませんが、表示されている方は特に触る必要はありません。

PixelbookもPixel 3も、Googleの今考えている方向性を体感できる、という点で魅力的な端末です。

写真のように、私は基本的にはバッテリーのことも考えて別途モバイルルーターを持ち歩いてしまっていますが、SmartLockとInstant TetheringがPixelbookとPixelスマホの組み合わせに限らず普通にどのChromebookとAndroidスマホでも相性の問題なく気軽に使えるようになったら、また使い勝手が変わってくるのではないかなぁ、と思っています。

確かにChromebook自体にLTEモジュールが搭載されることは利便性を大きく向上はさせますが、元々手軽に使える、そして手頃な価格で端末に依存せずにアカウントを持ち歩く感覚で自由にモデルを使い分けられることもChromebookの良さと考えると、2〜3万円の価格アップとともに、そのモデルでしか使えないLTE通信機能が必須なのか、と言われると、個人的には悩ましいところだな、と思っています(「LTE機能はよ」と言っている方の多くが意外と「でもChromebookは高くなったら魅力半減。安いから良い」と言っているのも矛盾とまではいかないものの、難しくさせている部分なのかな、とも思いました。)

今回日本でもようやく発売され、正式に使えるようになったPixel 3、Pixel 3 XL。私はこの2台はPixelbook同様、単純なスペック表の数字だけで比較判断してしまっては勿体無い、魅力の半分も分からない端末だと思っています。

その辺りは今回の内容とはズレるため回を改めたいと思いますが、是非Chromebook同様見た目やスペック表だけに惑わされず、試してみて欲しいな、と思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。