[かぶ] Pixelbook 128GB版が現時点で未定、256GB版が最短2日着とあらば、おふぃすかぶ的にはこの選択肢しかあるまい。

[かぶ] Pixelbook 128GB版が現時点で未定、256GB版が最短2日着とあらば、おふぃすかぶ的にはこの選択肢しかあるまい。

スポンサーリンク

間もなく発売のGoogle Pixelbookですが、私は10月5日に予約をしたものの、16日に気まぐれで「三井住友の口座の方が把握しやすいから」と支払方法をSMBCデビットに変えたところ、事前少額オーソリが出来ないカードだったため、単なる決済エラーではなく米Amazonが勝手に注文キャンセルしおりまして、慌てて再注文(16日)する羽目に陥りました。

綺麗にキャンセルになってしまいました。

おかげで発売数日前になっても「発送予定が分かり次第連絡するよ」状態が続いたままになっておりました。一部日本国内でも「到着予定日が表示された」という方が出始めていたこともあり、個人的には16日の過ちを悔やむ日々でございました。

そうした中、今日になりまして、私が国内における最新情報として大変お世話になっておりますJetstream BLOGさんがこんな記事を投稿されました。

https://jetstream.bz/archives/65541

2017 年 10 月 4 日に米国で発表され同時に予約が開始された Google の新型 Chromebook「PixelBook」が、米国の Google ストアで販売が開始された模様です。

10 月 29 日現在、Core i5 + 8GB RAM + 256GB 搭載モデルのみがリードタイムなく購入することができるようになっています。

当初より予約が開始されている 128GB モデルは 11 月 5 日までの出荷予定となっています。

ちなみに「PixelBook」は現地の Amazon や B&H でも日本直送対応で予約が行われていますが、まだ発売されていない模様です。

米Amazonではまだ発売されていないものの、北米市場においては既に発送の連絡が来ている人も出始めている、という情報は得てはいたものの、Googleストアで販売が開始され、各モデル(特に128GBと256GBモデル)の在庫状況についての違いがある、という点についてまでは把握出来ておりませんでしたので、大変助かりました。

Core i5 + 8GB RAM + 256GB 搭載モデルのみがリードタイムなく購入することができる

「もしかして米Amazonでも今から256GBモデル注文しても発売日に間に合う?

余計な考えを頭を過ぎってしまったのがすべての始まりでした。

Amazonにおける10月29日時点の在庫状況

128GBモデルは本日注文だと「発送予定日未定」ですが、256GBモデルは本日時点でも発売日での発送の様子。

通常発送の倍の金額のAmazonGlobalPriorityShipping(最短発送)を選んででもなるべく早くの入手を目論んでいた当ブログおふぃすかぶ.jpです。ここでこれを選ばなければダメでしょ、と思いまして。

256GBモデルを注文。

急遽再注文してた128GBモデルをキャンセル、256GBモデルを注文しました。

256GBモデルを注文し直しました。TOTALが$0.00になっているのは「決済段階になって残高不足だよーとかこのカード承認下りなかったよーとかなると困るので」予め全額Amazonギフト券に換金した上で既に支払い済みの状態にしているからです。これ、何かあって返品した場合にはお金では戻らずに全額Amazonギフト券で戻ってくるリスクはあるのですが、良いんです。だってPixelbookは何かあっても交換選びますから。

Pixelbook Penの到着予定日。

Pixelbook Penは商品ページが出来た7日の時点で予約していたため、既に同日の到着予定です。

Pixelbook Penは元々先日ステータスが変わりまして、計画通り発売と共に発送される予定。こちらが$0.00ではないのは、Pixelbook本体が最短で届くか分からなかったので「届かないようなら最短である必要ないし、最悪決済エラーとか出ても別にいいや」と半分投げやりになっていたため。とりあえずこのままで行きます。残高あるし。

ということで、到着は最短で北米時間の11月2日(日本時間3日)のため、うまく行けば2日~3日の間に届く可能性もありますが、配送業者によっては祝日は配送してくれない(海外の業者の場合これが多い)ため、その場合4日にな・・あれっ?4日が土曜日だからその場合下手すると週明けの6日になる可能性もあるな(汗)それだとあまり変わらないじゃん・・。

とりあえず、届き次第、いつも通りTwitter及びこのブログでご報告したいと思います。

追記:2017年11月2日 15:00 更新

昨日届きましたので、早速レビューを公開しました。

先月発表されたGoogleの新しいChromebook、Pixelbookを入手しました。紆余曲折ありまして、先月29日に256GBモデルを注文し直したところ、幸運にも30日に発送、11月1日(米国時...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。