[かぶ] Lenovoのキーボード付き10.1インチ端末、10e Chromebook Tabletが発売。現在最短1-2週間程度で出荷予定。

[かぶ] Lenovoのキーボード付き10.1インチ端末、10e Chromebook Tabletが発売。現在最短1-2週間程度で出荷予定。

シェアする

スポンサーリンク

今月の初めに突然米Amazonに登場、すぐに品切れとなり、その後の目処も経っていないLenovo IdeaPad Duet Chromebook。

私も当時注文していまして、一応発送は「Arriving Apr 7 – May 12」とはなっているのですが、実際にどうなるかは今のところ読めません。

このモデルの魅力は10.1インチのタブレット型端末でありながら、本体付属のケースを取り付けることで、Surfaceなどのように背面をスタンドとして立てることが出来るので、付属のキーボードと組み合わせれば通常の2-in-1モデルとしても使用できるところです。

と同時に、従来のChromebook Tabletに比べてCPUがアップデートされたことで、従来の若干のモタツキ感が軽減されるのではないか、ということもあり、長らく後継機が望まれながらも発表される気配すらない10.1インチの名モデル、ASUS Chromebook Flip C101PAの後継的なモデルとしても期待されています。

そうした中、先日Lenovoは国内教育市場向けにこのDuet Chromebookに耐衝撃性を加え、より教育市場向けに特化させたモデルを発表しました。それが今回取り上げる10e Chromebook Tabletです。

Lenovo 10e Chromebook Tabletは、SoCにMediaTek 8183、メモリ4GB、ストレージに32GB eMMC、液晶に1,920×1,200ドット表示/マルチタッチ対応の10.1型IPSを採用。Active Penが付属する。

 インターフェイスはUSB 2.0 Type-C、200万画素前面/500万画素背面カメラ、音声入出力などを装備。バッテリ駆動時間は約16.5時間。本体サイズおよび重量は、タブレット単体で約249.5×163.6×9.45mm(同)/約520g、キーボード付きフォリオケース装着時で約252.5×166.6×20mm(同)/約960g。

GIGAスクール構想準拠のモデル、ということで、従来から国内では基本的にほぼ教育市場に特化させてきた同社だけに、個人での入手は難しいだろうな、と思っていたのですが、突然発売が開始されました。現時点で最短 1-2 週間程度(ご決済日起算)で出荷予定となっています。

とはいえ、価格がやはり教育市場での導入に配慮した設定ということもあってか、税込57,200円から、と冒頭のDuet Chromebookのようなイメージを持たれていた方には若干厳しくはあるのですが、とはいえ現時点で個人ユーザーでも注文が可能というの嬉しいものです。

今回は通常のタブレット単体での販売(57,200円)に加え、カスタマイズを選ぶことで、英語キーボードとセットでの購入が可能です。

追記:2020年3月31日 1:00 更新

ここ、私の勘違いでした。上記画像の左の57,200円のモデルでも「6列 英語」キーボードが付いている模様。しかもこちらだと内蔵カメラが「200万画素カメラ + 500万画素カメラ」になってる‥(右の場合は「200万画素」のみ)

この辺の価格設定がイマイチよく分からないですね。むしろ、左が標準で、もしキーボードが不要であれば、右の「カスタマイズ」を選べば、下記のように「キーボード無し(−7,700円)」が選択できるよ、という風に捉えたほうが良いのかもしれません。

折角であれば単純なタブレットとしてではなく、ここはキーボードとセットで使いたいところ。また、この場合電源アダプターも標準の「10W ACアダプター 2ピン(USB Type-C)- 米国」でも良いのですが、折角であれば+1,100円して「45W ACアダプター(USB Type-C)」にしたいところかな、と思います。

この場合、価格はキーボードも合わせて税込61,600円になります。

個人的には非常に試してみたい。使ってみたい。と同時に欲を言えば、GIGAスクール構想準拠なのであれば、やはりここは価格もキーボード込で税込5万円以内に抑えてほしかったところです。とはいえ、個人ユーザーでも購入できる、というのはやはりありがたいですね。

Lenovoの国内個人向けChromebookに関しては納期や購入可能なタイミングも含めてなかなか読めないところがあるので、気になる方は入手できる内に検討してみてほしいな、と思います。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。