[かぶ] ASUS Chromebook Flip C100PAは土屋鞄Natura ヌメ革よこトートSと同サイズの時点で満足です。

[かぶ] ASUS Chromebook Flip C100PAは土屋鞄Natura ヌメ革よこトートSと同サイズの時点で満足です。

スポンサーリンク

前回取り上げたASUSのChromebook Flip C100PA。実際に使いはじめるのは来週からになりますが、今更ですが私にとっては大きな魅力に気づきまして。補足がてら書いてみたいと思います。

[かぶ] ChromebookとChromeboxがメインの私の生活にFlipはどんな影響を与えるか。 | Life Style Image

それが、B5サイズ、10インチであるということです。

えっ?それだけ?そんなの珍しくないじゃん。幾らでも出てるよ。という声もあるかもしれませんが、これをChromebookで実現してくれたところが個人的に大変嬉しいのです。何故なら、私の普段使いの土屋鞄Naturaヌメ革よこトートSにジャストで入るという絶妙なサイズ感だからです。

[0355-201411] 休日の私の持ち物を並べてみました。Naturaヌメ革よこトートSに入りきるこの量が一番です。 | Life Style Image
1036-201510_Tsuchiya Natura

愛用中のC720の唯一の悩み。それはヌメ革よこトートSとは別に持ち歩くこと。

大したことないように見えて、これが意外と大きい。外で仕事をする時には、ヌメ革よこトートSだとC720は別に持ち歩かないといけないのです。結局先日取り上げたようなインナーケースに入れて別途持つことになります。

[1017-201509] Chromebook用にNEXARY フェルト スリム 収納 パソコンインナーケース (11′ グレー) を購入しました。 | Life Style Image
1017-201509_NEXARY Inner Case 06

C720、普段使いには全く不便を感じないのですが、B5には僅かに大きい11インチなんです。ちなみに比較としては、iPadが9.7インチだそうです。

ほぼB5ということでスペック表を眺めてみたら、まさによこトートSにピッタリ。

念のため、ASUSのC100PAのページのスペック表を眺めてみたところ、ちょうどピッタリ入ります。もう狂喜乱舞です。別にFlipだからこのサイズ、という訳でもないのでしょうが、タブレット的に使えることも想定したらChromebookで10インチでコンパクトにまとまった、というところでしょうか。

ノートパソコン | ASUS Chromebook Flip C100PA | ASUS 日本
1036-201510_ASUS Chromebook Flip C100PA 02

しかも厚みもそれ程ないので(15.6mm)このよこトートSに入れても普通の他にモバイルバッテリーや手帳2冊などが入ります。ZenPad 7.0(Z370C)も入れられちゃいます。

1036-201510_Tsuchiya Natura 02

休日の気楽なお出かけスタイルがこのNaturaヌメ革よこトートSだけで済む喜び。

1036-201510_ASUS Chromebook Flip C100PA 01

まだ手元にないので何とも言えない部分もありますが、タブレット的使い方をメインに考えるのであれば0.89kgという重量は手強い。ただ、Surfaceなど競合を考えるとキーボード付きと考えれば似たようなものです。あとはどのOSなりシステムが自分に合うか、という問題です。

私の場合には常に気負わず持ち歩けるChromeOSというのが一番大きいです。どこでもブログが更新できる、メールが送れる、それだけで充分です。けれど、それは「ただ動く」ではダメなんです。その目的に関しては特化されていることが条件です。そしてそれを満たしてくれる現時点でのベストがChromebookだというだけです。

1036-201510_Tsuchiya Natura 01

来週から、休日の気楽なお出かけスタイルがこのNaturaヌメ革よこトートSだけで済みます。そして、これに入っているモノだけで、ほぼ私の大半の作業は済んでしまう。鞄の中身は細かい部分では多少変わったとしても、その一角にはChromebook Flipが常に入っていることでしょう。そう思うと今からワクワクしています。

細かい使い勝手は来週末になりますが、現時点での私の評価は、単にB5のこの薄型サイズというだけで満足です。

ノートパソコン | ASUS Chromebook Flip C100PA | ASUS 日本

ASUS Chromebook Flip C100PA (C100PA-RK3288・シルバー)

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。