[かぶ] Acer Chromebook Tab 10を最終的に米Amazon+転送サービスで注文し直しました。

[かぶ] Acer Chromebook Tab 10を最終的に米Amazon+転送サービスで注文し直しました。

スポンサーリンク

二転三転していますが、元々4月にTigerDirectで予約した時点から既にこのモデルとはどうも縁が無い気がしていますので、これもまたありかなぁ、と思っています。

昨日、「TigerDirectの突然のキャンセル」→「仏Amazonが直輸入可能と判明し注文」といった経緯を書きました。

米国の教育市場メインで展開されているAcer Chromebook Tab 10。米Amazonでの直接の取扱いがなかったり、と入手のハードルが高かったのが悩みでした。4月のPre Order開始とともにTigerDirectで予約した私でしたが、言葉の行き違いからキャンセル処理をされてしまい、悩んでいたところ、捨てる神あれば拾う神あり。仏Amazon(amazon.fr)で直輸入が可能のようです。大変助かりました。今回はその経緯を綴ってみたいと思います。

ただ、現在注文は可能なものの、ではいつ入荷され、発送されるのかが分からない状況。その上、注文前からこの部分がちょっと気になってはいました。

Chromeの翻訳機能を使ってみましょう。

一応、日本への発送はできないんですね。まぁ一応注文完了までいきましたし(決済はされていない)このまますんなり今日明日辺りに決済されて発送、数日後には到着、という可能性も充分にあるのですが、

追記:2018年7月23日 18:30 更新

Jetstream の人(@j_jetstream)さんがツイートされていましたので、貼らせて頂きます。そうなんですね。注文された方もあとは決済→発送を安心して待てそうです。ありがとうございます。

ということで、本文に戻ります。

今朝何気なく米Amazonを眺めていたところ、

一番上のセラーは別として、昨日まで$377.34(約41,860円)だった2番目のセラー、BuyVPCが今日になったら$347.81(約38,584円)まで下げているんですね。元々このモデルの米国での想定価格は$329ということを考えると、それ程差はありません。これなら転送サービス利用して購入しても良いかな、と思ったのです。

実際に仏Amazonで注文した場合と比べてみると、

Acer Chrometab 10 D651N €260,83
¥34,098-
$347.81
¥38,584-
Shipping €35,20
¥4,601-
$9+$28=$37
¥4,104-
Import Fees Deposit €23,68
¥3,095-
到着時に消費税等
Total €319,71
¥41,795-
$384.81
¥42,688-+税

今回、発送方法を同じにしていない(仏Amazonは最短、米Amazonは国内は無料の通常配送)ので単純比較は出来ないのですが、それでもそれ程違いがないんです。米Amazonの場合にはこの後到着時に消費税等が加算(2,000円弱)されるのですが、それを加えても5千円前後です。(仏AmazonのImport Fees Depositは半額くらい戻ってくる可能性があるので、実際は少し差は開きますが。)高いと言えば高いですし、ちょっと待つかもしれないけれど、これもありかもしれないな、と。

前回レビューしたLenovo ThinkPad 13 Chromebook、購入先は米Amazonだったのですが、日本への直送をしていませんでした。 今まででしたら日本直送可能な製品もし...

ちなみに転送手数料と送料に関しては、今回も利用させて頂く予定のスピアネットのページを参考に算出しました。

と同時に、もう一つ大きな理由がありまして、それが先日ご支援頂いた米Amazonのギフト券です。

様々な形で当ブログをサポートしてくださる方がいらっしゃいます。ありがとうございます。今回は2018年5月〜6月上旬にかけて頂いたご支援と、それをどのような形でこのブログに活かしていくか、今考えていることをご報告したいと思います。また日数が残り少なくなってきましたフレンドファンディングpolcaの経過報告も合わせてさせていただきます。

この時にHajime Tsuji様から「polcaは使えませんが、賛同しましたので他の形が出来ないかと思い、米Amazonのギフト券を送らせて頂きます。」とご支援頂いた米Amazonのギフト券$100がありました。こちらは当初

polcaで想定していたChromebookの新モデルは現状、米Amazonに並ぶ可能性が低いため、そちらには充てず、今回のCOMPUTEX TAIPEI 2018でも見ることが出来た、ASUS Chromebox 3の最上位 Core i7モデルの購入費用に充てさせていただこうと思います。

と考えてプールしたままだったのですが、現時点で渡航がもう少し先になるのであれば、むしろこの夏にお触り会兼オフ会を開く際に皆さんで触りやすい、レンタルもしやすいTab 10に使えるのであれば、そちらが良いかな、と思いました。今回渡航していた場合に現地で購入を考えていたモデルの一つでしたので、こういう形で活用させて頂くのが良いのではないか、と。Hajime Tsuji様ありがとうございます。

ということで、Amazonギフト券を使わせて頂き、トータルの金額は差引で$284.81(¥31,595-)+国内消費税等となっています。

到着しましたらレビューをし、その後8月~9月に何回かオフ会を企画し、その場で試して頂けたら、と思っています(その際にはHP Chromebook x2も持っていく予定です)。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。