[かぶ] 日本エイサーの本日発表のSwift 1の日本価格を見て、Chromebook好きの私が感じた「ちょっと嫌な予感」。

[かぶ] 日本エイサーの本日発表のSwift 1の日本価格を見て、Chromebook好きの私が感じた「ちょっと嫌な予感」。

スポンサーリンク

画像は日本エイサーのSwift 1の製品ページからお借りしました。
https://www.acer.com/ac/ja/JP/content/series-design/swift1

追記:2017年8月4日 13:00 更新

今回の文章で取り上げたAcer Chromebook Spin 11「R751T-N14N」「R751TN-N14N」の日本での発売が正式に発表されたようです。ASUS JAPAN同様、どちらも個人向けにも販売(一部の家電量販店にて)されるようで、今年の後半の日本の個人市場は面白くなりそうです。

価格もオープンながら、一部では

オープン価格だが、店頭実勢予想は、ベースモデル「R751T-N14N」が5万5,000円前後(税別、以下同じ)。「Wacom feel」対応のスタイラスが付属、利用できる「R751TN-N14N」が6万円前後を見込む。

といった話もあり、今回の文章で感じた「ちょっと嫌な予感」は杞憂に終わりそうで安心しました。ただ、まだ詳細は出ていないようなので、引き続き情報を待ちたいと思います。

以下本文。

日本エイサー株式会社が今月10日に、厚さ14.95mmの13.3型モバイルノート「Swift 1」を発売する、と発表しました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1074039.html

主な仕様は、CPUにCeleron N3350(1.1GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、ストレージに128GB eMMC、1,920×1,080ドット表示対応13.3型IPS液晶ディスプレイ、OSにWindows 10 Home、KINGSOFT Office 2013 Standardなどを搭載する。

CPUやRAMなど基本的なスペックは私が現在使っているASUS VivoBook E203NAとほぼ同じなのですが、13.3インチ、1920×1080のIPS液晶や指紋センサーなど、なかなか面白いモデルではあると思っています。

ただ、既に各方面で言われていますが、価格が税込で73,224円なんです。もちろん単純な数値上のスペックだけでは測れない価値観というのはあるわけで、この価格が妥当かどうかは実際に使ってみないことには何とも言えないのですが、ちょっと気になることがありまして。

いつもお世話になっているこまめブログこまめ(@littlebeansinfo)さんがこんな呟きをされていまして気付きました。

もちろん単純にドル円換算で比べられるものでないのは重々承知の上なのですが、このモデル、こまめ(@littlebeansinfo)さんが言われるように、CPUが日本発売モデルよりも上の「Intel® Pentium® N4200」なんです。それで$399.99です。

ただ、個人的にこの辺りは実際に発売してみないと何とも言えないことは確かで、購入された方の評価を待ちたいところなのですが、この$399.99という価格にChromebook好きの私はこの夏発売予定のあるモデルについて何となく嫌な予感がしてしまったのです。

それが・・

個人的にもこの夏、日本での発売を大いに期待しているChromebookの一つが、Acerが出すChromebook Spin 11です。先日のGoogle Cloud Next Tokyoでも展示され...

この夏日本でも発売されるのではないか、と期待されているAcerの新しいChromebook、Acer Chromebook Spin 11です。

これが海外では$399.99なんです。

ということは、同じ$399.99のChromebook Spin 11の日本発売時の価格設定はもしかして前述のSwift 1同様、税込73,224円だったりしてしまうのでしょうか。それだと厳しい。先日ASUS JAPANが日本エイサーに先駆けてChromebook Flip新型3モデルをまさかの個人向けにも発売することを発表しましたが、

ASUS Chromebook Flip 3モデルの日本での発売決定。どれかは出るとは思っていましたが、法人・文教向けのみで、恐らく海外で正式に発売されたモデルから、と思っていましたので、発表ももう少...

個人的にはAcer Chromebook Spin 11の競合って、同じ11.6インチのASUS Chromebook Flip C213NAだと思うのです。このC213NA、個人向けモデルが税込53,784円、法人及び文教向けモデルが税込61,344円です。この価格差はかなり厳しいと思うんですね。なので、私はそろそろAcerもSpin 11をこのくらいの価格で発表してくるのではないか、と思っていたところだったのですが・・どうなるのでしょうか。

ちなみに税込73,224円ですと、ASUSの競合モデルとしては13.3インチの個人向けモデルのC302CA(税込75,384円)が見えてきてしまいます。

あくまで今日のWindowsラップトップPC、Swift 1の日本発売の情報から単純に「嫌な予感」として予想しただけに過ぎませんし、必ずしもこの価格で出すとは限りません。何故ならここはChromebookの世界シェアトップの王者Acerです。

この言葉を信じて待ちたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。