[かぶ] ASUS ZenBook 3 UX390UAのトラックパッドと液晶にそれぞれミヤビックスの保護シートを購入しました。

[かぶ] ASUS ZenBook 3 UX390UAのトラックパッドと液晶にそれぞれミヤビックスの保護シートを購入しました。

スポンサーリンク

紆余曲折を経て、ASUSのWindows10ラップトップPC、ZenBook 3 UX390UAの英語キーボード版を購入したことはLife Style Imageで既にご報告しましたが、

https://lifestyleimage.jp/?p=37788

ここ最近の私のChromebookでは恒例となっている、ミヤビックス社のトラックパッド用保護シートと液晶保護シート(フィルム)を購入しました。

まずはトラックパッド用の保護シート。

ZenBook 3のトラックパッドは表面がガラスになっていて滑りも良く評判が良いようです。私自身も今回は「このままでも十分かなぁ」と思っていました(私の保護シート購入の目的は「指滑りの改善」のため)。ただ、よく触れる部分ですし、指紋の付き具合や指の状態によって意外と影響を受けやすい部分でもありますので、いつも通り一応試してみようと思いました。

ミヤビックス社のこのシリーズは既にChromebookで指触りに慣れているのも購入を決めた一因だと思います。

こちらが貼った後の状態ですが、見た目にはほとんど分かりません。

少々右にズレてしまったので、この後貼り直したのですが、指紋認証部分はくり抜かれていて認証の妨げになることはありません。指触りとしては、貼る前よりも滑り具合は「抑えめ(控えめ)」になりましたので、カーソルの速度等を若干修正する必要はありますが、指の動きを以前よりも確実に捉えてくれているような印象があります。

続いて液晶保護フィルム。私はスマホやタブレットの場合にはこれらの液晶保護フィルムは「タッチ時の指触りの改善」を目的として貼りますが、タッチスクリーン対応ではないChromebookや今回のZenBook 3ではむしろ液晶の映り方の改善が目的でした。

貼る前の状態ですが、液晶に背景がしっかり映り込んでいるのが分かると思います。

ZenBook 3は光沢液晶(グレア液晶)のため、思っていた以上に画面の反射、映り込みがありました。これを改善したかったため、今回はこの「反射防止」タイプのノングレアの保護フィルムを選択しました。今回ブルーライトカットタイプにしなかったのは、ASUSの製品ということもあり、標準のアプリ(機能)としてスマホ同様、ブルーライトカットモードに切り替えられるものが付いているためです。また、ブルーライトカットタイプの保護フィルムは若干光沢が残るため、それではあまり貼る意味がないかな、というのも理由でした。

反射防止の保護シート、OverLay Plusを貼って斜めから見たところです。先ほどの貼る前の写真と比べて、背景がほとんど映っていない(光の反射はあるものの柔らかめ)ことに気付かれると思います。

実際にこちらは反射防止フィルムを貼って大正解でした。鮮やかさは若干抑えられますが、その分非常にクッキリと、反射も映り込みもない見やすい液晶に変わってくれました。もうこれは必須にしたいくらいです。

光沢、グレア液晶などでは撮っている自分の姿が映ってしまうのであまり正面から撮りたくないのですが、反射防止のこのシートを貼った後ならこの通りです。液晶が付いていない時は影は映るものの、実際電源を入れて画面が映ると全く分かりません。

ZenBook 3の惜しい点の一つでもあった、映り込みの多い液晶パネル部分が改善されたことで、より使いやすくなりました。Chromebookとの使い分けについては今のところ全く変わりなく、その辺りは冒頭で挙げたレビューでも書きました。

https://lifestyleimage.jp/?p=37788

これから私の出先での相棒の一つとして、長く頑張ってくれそうです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。