[かぶ] ZenBook 3に更なる拡張性を。ASUS UNIVERSAL DOCKは分かってはいたけれど非常に惜しい商品でした。

[かぶ] ZenBook 3に更なる拡張性を。ASUS UNIVERSAL DOCKは分かってはいたけれど非常に惜しい商品でした。

スポンサーリンク

ここ最近、ASUSのZenBook 3を使うことが多くなってきているのですが、Chromebookと違ってWindowsですとどうしても(ある程度クラウドストレージサービスを利用していても)同じモデルを使うことが多くなってきます。自宅には性能的にも上の自作デスクトップPCがあるのですが、入れているソフトや画像ファイルの保管場所などの関係で、結局ZenBook 3を使ってしまうのです。

となると、ZenBook 3のUSB Type-Cが1ポート、というのは何かと不便な時があります。大抵は製品付属のMini Dock程度で何とかなるのですが、色々と悩ましい問題も出てきまして。(充電器を自宅据え置きにせざるを得なかったり、やはり端子自体が足りなくなる状況が出てきたり。)

付属のMini Dockは左から「USB-C(ほぼ充電専用)」「HDMI」「USB 3.0」。

自宅で据え置きで使うとなると、常に充電器に繋ぎっぱなしにしたくなります。となると、結局Mini Dockでも「USB-C」は埋まりますし、配線を考えても邪魔にならないようにデスクの裏側に回したり、と、今度は持ち運ぶ際に不便に。

そうした中で気になっていたのが、ASUSが出しているASUS UNIVERSAL DOCKです。

時々即納になるのですが、基本的に流通量自体が少ないのか、取り寄せだったり、1~3ヶ月以内に発送だったり、と意外と入手が困難です。私は今回たまたまAmazonで、傷汚れありのAmazonアウトレット品が即納だったので、こちらを選びました。

で、このUNIVERSAL DOCK、上記製品リンク画像や一般的な製品画像を見る限りだと、

なんかとてもコンパクトにまとまって、拡張性も安心な素敵なドックに見えませんか?

左から「LAN」「VGA」「HDMI」。VGAがあるとはいえ、欲を言えばもう一つHDMIかDPが欲しかったところです。

有線LANも繋げますし、「HDMI」で外部液晶モニターに出力も可能です。「VGA」は古いプロジェクターなどで使いたい時には便利かもしれませんが、個人的には後述の理由から、プロジェクターに繋ぐならMini Dockのほうがお薦めです。

左奥から「SD Card」「Audio In」「Audio Out」「USB-C」「USB 3.0」x2とある程度充実しています。

これを繋げばSDメモリも使えますし、Mini Dockよりも「USB 3.0」ポートが一つ増えて2つになるので何かと助かります。更に「USB-C」もあるのはありがたいところ。流石に完全とは言えないものの、UNIVERSALを名乗るだけの拡張性の高さは魅力です。

ただ、非常にレビュー自体がまだ少ないなか、Amazonのレビューを読んでいたのである程度覚悟はしていたのですが、

何これ?

何か異様にでかくて厚いものがあるんですが。

かなりどっしりとしたACケーブルですね。

一応コードでまとめられるとはいえ、この2つが必須です。そうです、コンセント必須なんですね。

付属品のほうが遙かに大きく重いです。これ、製品画像だけ見てると気付かないよなぁ。

しかも、この太くて嵩張るACアダプターをコンセントに繋げないとUNIVERSAL DOCKは使えません。更にこのACアダプター、90W(19V,4.74A)とそれなりに食うので、ある程度出力の安定したコンセントに繋がないと(たこ足などで複数台繋いでいたりすると)まともに動きません。まぁ普通にコンセントに繋げばまったく問題ないのですが、わが家は狭いのにコンセント大量に使うため、たこ足で繋いでいまして、これだとしっかり電力が供給されないのか強制的に切断されます。(何度かブルースクリーンまで出て焦りました)

完全に据え置き状態。コンセントからの電力供給さえ安定すれば、普通に使えます。

それにしても何かZenBook 3のコンパクトさ、スリムさから考えると、これ何か大げさすぎませんか?

本体の裏側に隠してしまう、という手もあるのですが、少なくともこれだけあると持ち歩くのには躊躇するなぁ。

ZenBook 3発表当初はMini Dockではなく、このUNIVERSAL DOCKが標準で付属される、という噂もあったのですが、こうして考えてみるとZenBook 3の持ち歩きやすさ、機動性の高さを考えると、別途供給が必要ないコンパクトなMini Dockで正解だったのではないか、と思います。これ一式持って流石に普段から動く気にはなりません(色々端子も繋いでいたら尚更です。)

それにしても、Dock以上に圧倒的な存在感を示しているPower Adapter部分があまり表に出てこないのは、ちょっと不親切かなぁ、と思います。(一応Amazonのレビューで分かってはいましたが)

個人的にはここまでアダプター類が嵩張るのであれば、むしろ自宅据え置き前提であれば、こうしたDocking Stationのほうが余程使い勝手が良さそうだなぁ、と思いました。ただ、これUCB-C無いんですけどね。

Amazonでも評価が2.5なのは、この辺りの事情もあるのかな、という気がしています。悪くはないんですよ。ただ、万人に薦められるかと言われれば非常に困る商品です。

ちなみにこれを据え置きにすれば、付属のACアダプターが浮くので、常日頃から持ち歩けるのは意外と大きいかな、と思います。特にUSB-CのPD対応のモバイルバッテリー自体がまだまだ少ない現状では、ASUS純正のACアダプターを常に遊軍として手元に置いておけるメリットというのはかなり大きいので。この点で私のように自宅での据え置きでの使用も多い方には良いかな、と思います。

普段Chromebookを持ち歩いている分には、半日使い込んでもバッテリーの持ちが気になることはありませんでした。ところが先日入手したWindows 10ラップトップPC、ASUS ZenBook 3...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。