[日用品] fitbit versa SPECIAL EDITION (Lavender Woven)はスマートウォッチ云々以前に腕時計として充分に楽しくて魅力的です。

[日用品] fitbit versa SPECIAL EDITION (Lavender Woven)はスマートウォッチ云々以前に腕時計として充分に楽しくて魅力的です。

シェアする

スポンサーリンク

以前からスマートウォッチは色々と使っています。Apple Watchも何度か購入しましたし、SamsungのGalaxy Watchの1世代前のGalaxy Gearも、また一部には懐かしいPebbleも使ってきました。ASUSのZenWatchやVivoWatchもありましたね。どれも良い面、惜しい面、それぞれにありました。

ネットではどうしてもどれが優れている、どれがオモチャレベル、腕時計として云々といった話題になりがちですが、所詮腕時計なんです。最近はどの程度世の中の人が腕時計を常用されているか分かりませんが、自分の身につけている腕時計でいちいちそんな評価をしたり、他と優劣を比べたり、決定版!とか言うかというと、そんなことどうでも良いと思うんです。でも何故かデジタルガジェットになるとそういう比較、優劣を付けたがります。好きなモノ身につければ良いと思うんですけどね。コスパ論と同じで、なんか寂しいな、と思っています。

もし腕時計と考えるなら、どんな服装でもどんな状況でも同じ腕時計って考えてみたら変なんですよね。もちろん好きな時計をすれば良い、というは前提ではあるのですが、服装や靴と同じく、その日の気分で着替えたいし、腕時計が好きなら色々なモノを試したいと思うのです。

その点、どうしてもスマートウォッチという括りにしてしまうと、ヘルスケア(歩数や睡眠など)や通知、支払などのために、スマホ同様、常に肌身離さず持ち歩くものになりがちです。そこをどう割り切れるか、というのはあると思うのですが、どうしても特定の腕時計に縛られてしまう。とはいえ、歩数や睡眠といった記録はやはり蓄積されていくことで精度も傾向も掴みやすくなりますし、通知はやはり便利。そしてApple Watchも最初は違和感がありましたが、最近は腕にしている人も増えてきましたし、改めて見ると結構質感も良かったりします。

その辺りは時計を着替えたい私は結構いろいろ試行錯誤はしまして、基本的にその辺りの計測、通知系は別途専用のリストバンドタイプのものを使うようになりました。最近であれば、何故か結構読まれているGarminのvivosmart 4です。

これを腕時計とは別に、常に腕にしています。個人的に基本的に表示はBody Batteryを標準にしていて、あとは家族とのハングアウトと着信の通知だけ届くようにしています。

その前にしばらく使っていたのが結構使われている方も多いfitbitのalta HR

ということで、ここ最近は基本的にこうした活動量計のリストバンド(右手首)+気分で腕時計(左手首)、という組み合わせでほぼ問題なかったのですが、久しぶりにスマートウォッチも使ってみたくなったんです。というか、何となく腕時計として普通に着けてみたいなぁ、と思ったのです。それがfitbitのversaです。Lavender Wovenのバンドが付いたSpecial Editionです。

文章作成時点のAmazon.co.jpでは5,775円オフのクーポンが適用されるので、20,000円強で購入出来ます(通常モデルは5,275円オフ)。

fitbit versa SPECIAL EDITION Lavender Woven

今、プライベート用とG Suiteアカウント用(仕事用)でスマホを2台持ち歩いています。GoogleのPixel 3 XLとPixel 3です。で、プライベートの通知は前述のGarminのvivosmart 4に来るようになってまして、こちらは腕時計を何にしようと、入浴時以外はほぼ着けていますので、それで充分です。なので、今回はG Suiteアカウント用のPixel 3と繋げました。色もNot PinkとRose Goldケースで相性的に悪くないですし、バンドは気分と服装に合わせて替えています。

歩数や心拍数、睡眠計測など基本的なものは他の製品同様に可能です。

fitbit製ということで、Garminの前に使っていたalta HRの頃のデータがアカウントに残っていますので、そこから継続。基本的に計測できる項目はほぼ変わりません。

スマートウォッチなので、一応時計からもこれらを確認することが出来ます。あまり使わないけど。歩数や心拍数等々一般的なものは計測出来ます(Body Batteryはありません)。

その中でもfitbitで好きなのが睡眠計測。

Garminの睡眠計測も悪くはないのですが、より細かくてアドバイスやコメントも入っていますし。何より見やすい。

ちょっと最近就寝時間が遅いため、起床時間もずれてまして、あまり健康的な生活リズムとは言えませんが、意外と継続してチェックしていくと、自分がパフォーマンスを発揮できる睡眠時間がどれくらいで、就寝時間が何時以降になると調子が悪くなるか、なども分かって便利です。

ちなみに私は8時間を切ってしまうと結構パフォーマンス落ちるので、その辺りを意識しています。ちょっとここ最近6時間前後なので、いまいち調子も優れないのですが。

まぁこれはversaだけでなく他のfitbit製品でも計測可能です。

文字盤の種類は豊富。有料(1ドル程度)も多いが色々楽しめます。但し使い勝手は良くありません。

文字盤(フェイス)は色々変えることが出来ます。設定はスマホ上のfitbitアプリから。

無料から有料まで豊富に揃っているのですが、

個人的には使い勝手は非常に良くありません

というのは、当初私も気に入ったフェイスを幾つか購入したのですが、直前に購入(DL)したフェイスのみが上記画像の左側上「私のVERSA」という部分に表示されるのです。つまり、今までにダウンロードしたフェイスの一覧もなければ、気分で気軽に切り替えも出来ません。文字盤を変えたくなった時には、再度上記のフェイスストア?から以前自分が購入したフェイスを探し出して、再度ダウンロードする必要があります。何故こんなUIにした。

しかもこのフェイスストア、一応スマホのアプリ上から見ていくのですが、その間fitbit versa側も接続されている必要があり、Wi-Fi環境によっては盛んに「(Wi-Fi)接続が切れました」といって画面が表示されません。再読込すれば大抵普通に表示されるのですが、結構頻繁に出るので鬱陶しい。しかも前述のように以前にダウンロードしたフェイスをスマホ上なりに保存しておいてくれれば良いのに、毎回改めてダウンロードし直すので、結構遅いんです。自宅Wi-Fiなのに、転送含めて時間がかかるわ不安定だ、で、アプリストア含めて全く使っておりません

アプリストアも同じなんですよね。更新やダウンロードが頻繁に途切れたり止まることが多いのです。ただ、私自身スマートウォッチのアプリ自体に既にほとんど期待をしていませんし、元々冒頭のように腕時計の一つとして考えているので、UI使いにくい時点でほぼこの点はスルーしています。フェイスは上記のものが気に入って購入して、それ以降あまり見ていませんが、飽きてきたらまた探すかもしれません。品揃えはそれなりに豊富なので。

通知等はそれなりに見やすいものの、左右計3つのボタンはほとんど使ってないかも。

通知は若干遅れる時もありますが、それなりに見やすいですし、また受け取る通知(アプリ)を指定出来るので、無駄なアプリ通知を受け取ることもなく、そこそこ重宝しています。操作は画面上を指で上下左右にスライドさせると通知、fitbit(前述の心拍数等の画面)、アプリ一覧などを呼び出すことが出来ます。

上から下にスライドで通知。

下から上でfitbitアプリ。

右から左でアプリ一覧です。

で、左側面に1つ、右側面に上下2つの物理ボタンがあるのですが、これがイマイチ使い勝手が良くない。一応左が「戻る」「キャンセル」的な機能で、右2つがアプリへのショートカットボタンなのですが、この右2つのそれぞれのボタンへの割当が、先ほどのアプリ画面(画面上で右から左にスライド)上でアプリを長押しして並べ替えをした結果として一番左端にくる上下2つのアプリ

この場合だと上のボタンが「設定」、下のボタンが「天気」になります。前述のように、私自身がアプリ自体ほとんど使わないので、正直ほとんど役に立っていないのですが、慣れる熱意があれば恐らくその内便利に感じるのだと思います。

バンドは付け替えが可能。サードパーティ製もそれなりに出ていて、結構雰囲気が変わります。

バンド自体は最近では増えてきた交換が容易なピン付きのモノなので、気軽に付け替えが可能です。上記は標準で付属するクラシックベルトの黒です。睡眠時も着けっぱなし、と考えると、SPECIAL EDITIONのみ付属のLavender Wovenバンドが皮脂等で汚れますし消耗も激しいと思いますので、用途に応じて付け替えた方が良いと思います。

折角なのでAmazonで2種類、サードパーティ製のバンドを購入してみました。まずはこちら。

これは良かった。今日もこれ付けてます。フィット感も良く、また肌触りも結構フワフワしているので柔らかくて心地よいです。正解でした。何色かあるので、他の色も買い足しておきたいくらい。価格も手頃ですし。

普段、カフィーヤを首に巻いていることが多いのですが、その内の1つと色合いがちょうど合っているので、このバンドを付けているときにはこの色のカフィーヤを巻いています。

非常に柔らかい雰囲気が出るのが(着け心地も前述のように柔らかいです)魅力かな、と思います。

続いてこちら。

これは、色合いは悪くないのだけれど、個人的には微妙です。理由は付け外しが結構大変だったので。

サードパーティ製の商品にありがちなことなのですが(恐らく製品上の個体差もあるのだと思いますが)、なかなかピンがハマらないんです。素材の厚みもあると思うのですが、元々腕時計店で働いていて、こうしたバンドの付け外しも慣れているつもりだったのですが、これ結構苦戦しました。写真のために今回何度も付け替えたのですが、正直面倒なのであまり普段から使いたくはないです。

ただ、この色、もう1つのカフィーヤと雰囲気が合っているので、個人的には別製品で似たような素材と色で買い直したいな、と思っています。付け外しさえ問題なければ悪くはなかっただけに、縁がなかったか。

気軽に楽しめるちょっと便利な腕時計の一つとして、個人的には気に入っています。

ここまでの文章を読まれたあなたは、スマートウォッチとしてはダメなんじゃないか、と思われたかもしれません。ただ、個人的にはそれ程ガッカリしてもいなければ期待外れだったとも思っていないんです。それは私自身がスマートウォッチだからといって何か特別なモノを求めている訳ではないからです。

普通の腕時計でもシンプルなアナログ2針や3針、クロノグラフから、デジタル、更にクオーツ、機械式などそれぞれに楽しみがあるように、スマートウォッチもその中の一つだと思っています。クロノグラフ機能付の腕時計だからといって毎回クロノグラフ機能を使うわけじゃないですよね(私は昔は休憩時間に入るときに毎日敢えてクロノグラフ機能使ってましたが)。アラーム機能が付いているから、といって使わなければいけないわけではありません。

それと同じでスマートウォッチも色々な機能が付いているけれど、自分に合ったものだけ活かせばいいし、そうでなくても普通に時計として使えば良いと思うのです。要はその時計が好きかどうか。一日腕にするものだから、使いたいか、気に入るかどうか、が大切だと思っています。

スマートウォッチだから、といって特別なモノだと思わずに、普通の腕時計と同じように、ファッションの一部として楽しむ。もしくはちょっと便利なツールとして楽しむ。そんな付き合い方が出来たら良いんじゃないかなぁ、と思っています。

腕時計というモノが多くの人にとって必需品ではなくなった今。スマホで充分、という人もいれば、一本あれば充分、という人もいると思います。それはそれで構わないのですが、気軽に楽しめるモノの一つとして、スマートウォッチも含めた腕時計というものも、改めて興味を持ってもらえたら良いな、と持っています。

文章作成時点のAmazon.co.jpでは5,775円オフのクーポンが適用されるので、20,000円強で購入出来ます(通常モデルは5,275円オフ)。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

fitbit versa SPECIAL EDITION Lavender Woven

歩数や心拍数、睡眠計測など基本的なものは他の製品同様に可能です。

文字盤の種類は豊富。有料(1ドル程度)も多いが色々楽しめます。但し使い勝手は良くありません。

通知等はそれなりに見やすいものの、左右計3つのボタンはほとんど使ってないかも。

バンドは付け替えが可能。サードパーティ製もそれなりに出ていて、結構雰囲気が変わります。

気軽に楽しめるちょっと便利な腕時計の一つとして、個人的には気に入っています。

  • fitbit versa SPECIAL EDITION Lavender Woven
  • 歩数や心拍数、睡眠計測など基本的なものは他の製品同様に可能です。
  • 文字盤の種類は豊富。有料(1ドル程度)も多いが色々楽しめます。但し使い勝手は良くありません。
  • 通知等はそれなりに見やすいものの、左右計3つのボタンはほとんど使ってないかも。
  • バンドは付け替えが可能。サードパーティ製もそれなりに出ていて、結構雰囲気が変わります。
  • 気軽に楽しめるちょっと便利な腕時計の一つとして、個人的には気に入っています。