[かぶ] 色までお揃いで間違えやすい夫婦のZenFone Maxに、【TopAce】Asus ZenFone Max(ZC550KL) 専用ケースを2色購入。

[かぶ] 色までお揃いで間違えやすい夫婦のZenFone Maxに、【TopAce】Asus ZenFone Max(ZC550KL) 専用ケースを2色購入。

スポンサーリンク

夫婦でASUS ZenFone Max(ZC550KL)のブラックとホワイトを1台ずつ使っていたのですが、色々な事情がありまして何故か現在、手元にはホワイトが2台あります。

今考えればもう少し良い方法もなくはなかったのですが、まぁ夫婦お揃いは悪くない(妻がどう思っているかは別)。ただ、部屋に置いてあるとどちらのスマホか分かりません。基本Maxではお互い裸族です。

当ブログはスマホなど、デジタルガジェットを中心に取り上げるブログではありません。立て続けにスマホの話題が続いていますが、一過性のものですので、今まで通り幅広い層の方とお付き合い出来れば嬉しいです。この...

そこで、本体の魅力を損なわない厚みと大きさ、重さで、ついでによく落とす妻のスマホのためにも、何かケースはないか、と改めて探していて見つけたのが今回のケースです。

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 01

本来であれば純正のView Flip(Folio)Coverを先に試したいところなのですが、残念なことに発売が延びていますので、ひとまずこちらを使ってみたいと思います。

【TopAce】Asus ZenFone Max(ZC550KL) 専用ケース 高品質 超薄型 超耐磨 最軽量 スマートフォンケース

今回選んだケースがこちら。

当初TPUケースも考えたのですが、色々眺めている内に汚れやその他を考えると、嵩張らないことは前提としてもそれなりに裸族の私でも使ってみようかな、と思える雰囲気のものを選びたい、という理由から、たまたま見つけたこちらにしました。

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 02

価格的には1,300円程度なので、高級な質感は求めてはいませんが、色が豊富(5色展開)であること、更に同じケースでZenFone Zoomもある、ということで、ZenFoneの中でも比較的ケースの仕上げの良いもの用に考えているのかな、と感じたのも理由の一つです。

中身はシンプルだけれど、さりげなく液晶保護フィルムも付属しています。

ケース自体はシンプルですが、一緒に液晶保護フィルムも付属しています。

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 03

私は既に液晶保護フィルムを使うならFarfalla製、と決めてしまっていますので、今回も夫婦2台分、改めてブルーライトカットタイプのものを別途注文しました。

妻も結局普段ASUSの「ブルーライト軽減フィルタ」をオフにしてしまっているので、それならばあまり液晶の色合いに影響を受けないながらも効果の高いFarfalla製のブルーライトカットタイプを選びました。

Farfalla製の通常タイプとブルーライトカットタイプのガラス保護フィルムを並べたところです。

Farfalla製の通常タイプとブルーライトカットタイプのガラス保護フィルムを並べたところです。

二人とも本体色が白なので、白に合う色で選んだ結果がホワイトとゴールド。

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 05

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 06

上がホワイトで下がゴールドです。分かりづらいですが、ZenFone Max自体の本体色が白であることと、側面は元々ゴールドなこともあって、一体感は悪くないと思います。

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 07

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 08

側面はカバーに覆われるのですが、上部と下部のみこのように出ています。ただ、斜めから落とさない限り、傷は心配する必要はなさそうです。

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 09

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 10

側面部分の電源ボタンとボリュームボタンに合わせてくり抜かれています。元々それ程ボタン自体が出ていないので、押しにくいのではないか、と気になったのですが、実際に使ってみるとそれ程でもなく。妻もここ数日使った限りでは特に使いにくい、と言ったことは口にしていないので、大丈夫なようです。ボタン周りも若干くぼみがあるので、指が触れた時の違和感が少ないのも良いのかもしれません。

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 11

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 12

色の違いと組み合わせの相性が分かりやすいのがこの背面部分のカメラと下部のスピーカー部分。

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 13

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 14

白は違和感なく溶け込みますが、ゴールドは若干好みが分かれるかな、という気もします。ただ、今ゴールドは妻が使っているのですが、この色ならカワイイから持っても良いよ、と言ってくれているので、それ程悪い印象はないようです。元々側面もゴールドでしたし、ゴールドとの相性は良さそうです。

ただでさえ重いMaxが更に重くはなるものの、安心感と予想外のフィット感は意外と魅力的。

1252-201605_TopAce ZC550KL Case White Gold 01

元々は私がホワイトに変えてしまったことで、夫婦のMaxの区別が付きづらくなってしまったこと、妻がよく落とすので、あまり厚みも出ず嵩張らない程度に何かケースはないか、と探していたことから選んだだけでしたが、使ってみると重さと厚みは確かに増しますが、手へのフィット感も悪くなく、思った以上に気に入ってしまいました。

私は基本的にスマホは裸族です。いえ、私が裸でスマホを使うのではなく、スマホには特にカバー等は着けずに使う、という意味です。 最近のスマホはただでさえ5.5インチ、6インチと大きく、また重くなって...

この時に買ったケースは結局妻に不評で、私も嵩張りすぎて使う気がいまいち起きず、現在使っていません。耐衝撃等は多少ありそうなのですが。

TPUケースや手帳型ケースとは少し違ったケースをたまには使いたいな、という方にお薦めしたいケースです。実際、当初私は試しにホワイトだけ買ったのですが、予想外に良かったので、結果として二人分として追加でゴールドも買ってしまったので。

色も5色展開ですし、ご自身の本体色や身の回りのモノとの組み合わせで選んでみてください。

当ブログはスマホなど、デジタルガジェットを中心に取り上げるブログではありません。立て続けにスマホの話題が続いていますが、一過性のものですので、今まで通り幅広い層の方とお付き合い出来れば嬉しいです。この...
何を言ってるんだ。そんなのガラケーなら当然。普通一日もつでしょ。使い方が下手。 色々思うことはあると思いますが、ちょっと聞いて下さい。ASUSの新作スマートフォン、ZenFone Max(ZC5...

ZenFone Max | ASUS ZenFone Shop

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。