[かぶ] SIMフリー版 iPhone SE Rose Gold 64GBを入手。Apple Storeで購入したSIMフリー端末ながら、ソフトバンクのネットワーク制限判定「▲」のオマケ付き。

ここしばらくASUS ZenFoneをメインで愛用している私ですが、久しぶりにiPhoneも使い始めました。現在品薄状態が続いているSEのSIMフリー版64GB、ローズゴールドです。

1224-201604_iPhone SE SIM FREE 01

先日18年ひとすじだったSoftBankからOCNモバイルONEに夫婦揃ってmnpをしたことで、夫婦ともに今まで持っていたiPhone 6(妻は6 Plus)が使えなくなりました。6と6 Plusは180日以降のSIMロック解除対象外のモデルのため、SoftBankから離れた時点で単なるWi-Fi端末に変わります。

最近はすっかりZenFoneで満足しきっている私ですが、iOSのほうが使いやすいアプリ等もありますし、またApple Watchほかスマートウォッチも持っています。また番号付(音声)で複数回線使っていることもあり、ここしばらく2台持ちであることに変わりはないため、それならば折角なのでこの辺りで一度SIMフリーiPhoneを試してみよう、と思ったのがきっかけです。

iPhone SE , Rose Gold , 64GB , SIM Free @Apple Store(Online Store)

とは言え、元々ZenFoneに移った大きな理由の一つが端末代の高さ。いくらSIMフリーiPhoneを試してみたい、とは言っても、8万も10万も今から端末にお金をかけるつもりは全くありませんでした。

また、既にメイン端末として最近は5.5インチのZenFoneを使っていることもあり、同じようなサイズ、使い方をする端末としてiPhoneを選ぶ必要はありません。そんな時に目を惹いたのが今回のSEでした。これはありがたい。久しぶりの手のひらサイズ、最新の性能、更に価格もiPhoneとしては控えめ。選ぶとしたらSEしかありませんでした。

ただ、それでも64GBで税込69,984円。なかなか手強いです。そんな時、手元に冒頭で触れた「SoftBankから離れた時点で単なるWi-Fi端末となってしまったiPhone 6」があることに気付きました。

SoftBank版iPhone 6 , Gold , 16GBを下取りキャンペーンに出す。

SoftBank版、しかも6の16GBというところがなかなか立ち位置が微妙です。下取りに出すにしても大した金額にはなりません。そんな中、ありがたいことに今回iPhone下取りキャンペーンが始まり、iPhone 6だと16GBであろうが最大31,000円という下取り額。元々SEのための費用に充てるためなので、Apple Storeギフトカードで下取りになることに異存はありません。

iPhone下取りキャンペーン – Apple(日本)

1224-201604_iPhone SE SIM Free 12

このブログでは何度か話題にはしていたiPhone 6ですが、見た目もほぼ傷一つ見当たらない美品でしたので、査定通りの上限の31,000円でした。

1224-201604_iPhone SE SIM Free 11

出番が無くなっていたiPhoneがこういう形で活かせるのであればありがたいことです。ただ、商品を送り、査定額が出てから実際にギフトカードが発行されるまでにそこそこ時間がかかったため、結局発売日には間に合わず、SEを注文できたのは月の変わった4月4日。その時点で7~10営業日でした。

1224-201604_iPhone SE SIM Free 10

ようやく本日手元に到着。先ほどOCNモバイルONEのmnpしたメイン回線のSIMを挿して使っていますが、プロファイルを入れなくてもLTEを表示してくれたので(結局念のためサイトからプロファイルを入れましたが)特に問題なく使えています。

動作確認済みデータ端末一覧 – OCN モバイル ONE – | OCN モバイル ONE

SIMフリー版iPhone SEは何故かSoftBankのネットワーク利用制限携帯電話機(判定▲)

今回のSEに限らず、SIMフリー端末で以前から時々話題になっている、SIMフリー端末なのに何故か製造番号(IMEI)で調べるとSoftBankでのみ判定「▲」(利用できますが、代金債務の不履行等により利用制限となる可能性があります)になっている、という不思議な状況。気になったので、念のため私もSoftBankのサイトでIMEIを入力して見たところ、

中古携帯電話を利用する際の注意事項を確認する / ネットワーク利用制限 | ケータイ | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

ネットワーク利用制限携帯電話機の確認(別ウィンドウで開きます)

1225-201604_iPhone SE SIM Free Softbank 01

めでたく「▲」です。訳が分かりません。別にApple Storeで既に支払い済みのiPhone SEがSoftBankとの間で代金債務の不履行になる可能性は無いのですが、何となく落ち着きません。

Twitterなどで調べてみたところ、SoftBankに直接電話することでこの状態を解除してもらえる、という情報を得ましたので、今日の昼間にSoftBankに電話をしました。

SoftBank側の主張「うちで契約した訳でも買った訳でもないので、うちに責任はないし何も出来ないので、Appleに言って下さい。」

40分ぐらいやり取りした最初の回答がこれでした。今冷静に考えてみれば分からなくもないのですが、「SoftBank側では何も出来ない」というのが腑に落ちませんでした。債務不履行になった際にはSoftBankはAppleに依頼してそのIMEIの端末に利用制限をかけてもらう、ということでしょうか。結局「確認しますので少々お待ちください」を数回繰り返した挙げ句、「うちにはそうした担当部署はありませんので、何も出来ません。」と断られて終わりでした。

仕方がないので、Apple Storeで相談するか、と思いながら駅まで向かう途中で目に入ったのが、今までSoftBank契約中、最後のmnpの時までお世話になったSoftBankショップ。そこで既に解約しているのですが、手の空いていそうなスタッフのお兄さんに相談したところ・・。

「その製造番号でネットワーク制限を調べるサイトはうちで作ってる訳ではなくて、勝手にどこかが作っているものだと思うので、うちの公式の情報では無いんですよ。」

・・?

中古携帯電話を利用する際の注意事項を確認する / ネットワーク利用制限 | ケータイ | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

このページから飛んだ先の確認ページで調べたんですが、これってSoftBankで判定している訳ではないんですか・・。

結局Apple Storeで相談してください。うちはiPhoneで起こることは全てAppleでないと何も出来ませんから、という話になり、お礼を言って出ようとしたところ、お兄さんが申し訳無さそうに「一応契約していない人でも157ではなくて契約者情報を入れなくてもオペレーターに繋がる番号はあるんですけどね」と一言。隠している訳ではないそうなのですが、元々分かりにくいナビなので、見つけにくいので、と教えてくれました。

再び電話。「購入情報から調べますので、SIMフリー版を買われたことが判明しましたら判定を「-」に修正致します。」

そこで、夕方改めてその番号からSoftBankに連絡。同じ相談を繰り返したところ、今度の方は「担当を変わりますので、折り返させてください」と。10分後、別の方から電話があり、

「IMEIとシリアルナンバー、購入情報から調べますので、SIMフリー版を買われたことが判明しましたら判定を「-」に修正致します。」

と言って下さいました。大体1週間程度かかるそうです。ちなみに最後に何故「▲」としてSoftBankに情報があるのか聞いてみたのですが、「それはAppleに聞かないと分からない」そうです。

これはApple側の出荷時の問題、ということでしょうか。製造番号の仕組みが良く分からないので、その辺り大人の事情があるのかもしれません。

さて。iPhone SEのローズゴールド。新鮮みはないものの、4インチはハマる人にはハマります。

1224-201604_iPhone SE SIM FREE 02

数ヶ月空いただけなのですが、すっかりiPhoneの使い方を忘れていました。Androidに移った直後のような戸惑いがあって、今まで6年近くiPhoneだったのに、慣れというのは怖いな、と思いました。

4インチというコンパクトサイズ、更にほぼ見た目が旧モデルと変わらないことから、一部では叩かれまくってる、嘲笑されているSEですが、万人受けはしないとしても、そんなあざ笑うほどの迷品だとは思いません。いや、それどころか個人的にはかなり好印象です。5.5インチあたりに慣れていると文字入力その他慣れるまで手強いですが。

1224-201604_iPhone SE SIM FREE 03

私、結局ゲームもしなければ、更に最近は電子書籍もKindleはFireタブレット、PDFにした書籍はPCなりZenFoneで読んでしまうので、家族との連絡メインでプライベートな情報から役割(オンラインバンキング等)などのためだけに使いたい私としては、iPhoneはこのサイズが最適です。5.5インチを2台も持ち歩く気はなかなか起きません。

強化ガラス液晶保護フィルムは私の定番Farfalla製を注文済み。

このブログではお馴染みFarfalla製のガラス保護フィルム。現在使っているスマホはほぼこのFarfalla製を愛用しています。

[かぶ] Farfalla ASUS ZenFone Max ZC550KL 強化ガラス液晶保護フィルム 0.3mmレビュー。

2016.03.28

[かぶ] Farfalla Apple iPhone 6 / 6s / plus / 6s plus 強化ガラス液晶保護フィルム 0.2mm / 0.3mm レビュー

2016.02.08

[かぶ] Farfalla ASUS ZenFone Zoom ZX551ML 強化ガラス液晶保護フィルム 0.3mm レビュー。

2016.02.06

少しタイミングがズレてしまって、次回入荷待ちになってしまったため、届くのが今月下旬になってしまうのですが、今回もZenFone Go用と一緒に注文済みです。

基本裸族の私は今回は国立商店の「職人が作るレザースリーブ」を選びました。

1224-201604_iPhone SE SIM FREE 04

国立商店はもう10年以上前にブリーフケース(バッグ)を注文し、しばらく愛用していましたが、その後すっかりご無沙汰しておりました。レザースリーブは以前から惹かれていたのですが、Apple製品用しか展開していないのでChromebook愛用の私は指をくわえて眺めているしかありませんでした。

今回予約受付が始まった時点で「職人が作るレザースリーブ for iPhone SE(4インチ)スペシャルエディション」を注文。当初5月中旬予定ということだったので油断していたところ、数日前、SEがまだ届く前にこちらが届いてしまい、早く使いたくてウズウズしていました。

職人が作るレザースリーブ for iPhone SE(4インチ)スペシャルエディション(ブラウンxレッド)

1224-201604_iPhone SE SIM FREE 05

「風合いやコシ(柔らかさ)を指定して国内で製作した国立商店オリジナルレザー(ヌメ革)」を用いている、ということで、実際表情も豊かで、また感触も少しふわっとしていて、オイルもしっかり含まれている印象。

1224-201604_iPhone SE SIM FREE 06

ジャストサイズモデルを選択したのですが、タイトだということで少し心配したのですが、思った程にはキツくはなく、これなら普段使いで気にならなさそうです。

1224-201604_iPhone SE SIM FREE 08

光の当たり方で全く写り方が変わってしまって申し訳ないのですが、入れてすぐにiPhoneの形にしっかり馴染んでくれて、これは変化も早そうです。

1224-201604_iPhone SE SIM FREE 09

派手さはないものの、プライベート用の安心して長く使い続けられる、魅力的な端末です。

1224-201604_iPhone SE SIM FREE

今回のiPhone SEは何か革新的な機能があるわけでもなく、またこの後iPhone 7も控えている、ということで変則的、また分かりやすい魅力のある最新スマホというわけではありません。

ただ、私にとっては(やはりiPhoneは6万超えと安くはないですが)こうしたモデルの方が安心して長く気楽に使えそうです。

あくまでプライベート用の、変化よりも安定して長く使い続けられる端末として、これから使っていきたいな、と思っています。

iPhone SE – Apple(日本)

職人が作るレザースリーブ for iPhone SE(4インチ)スペシャルエディション(ブラウンxレッド)

スポンサーリンク

スポンサーリンク