[電子書籍] 「靴ブラシで歩き方が変わる。」をAmazonのKindle書籍として発売しました。

[電子書籍] 「靴ブラシで歩き方が変わる。」をAmazonのKindle書籍として発売しました。

スポンサーリンク

昨年末頃から、Facebookページや一部の方にはお話していたことではあるのですが、このブログで今までに書いてきた「靴のお手入れ」と「靴の選び方」に関する200以上の文章をベースに、加筆と修正したものをKindle書籍として本日発売しました。

書籍カテゴリーがうまく選べなくて、先ほど見たら何故か「手芸」になっていたのが何とも言えない気分ですが、でもブラッシングも「手」芸だと考えれば、まぁ良いか、と思っています。思っていた以上に審査から出版までが早く、昨夜1時過ぎに登録して6時過ぎには発売されていました。凄いね、Amazon。起きがけにひとまずFacebookページでお知らせしたところ、既に何冊か買って頂けているようで、とても嬉しいのですが、果たして満足頂けているのかはどれだけ書き直してもやっぱり不安です。

Kindle書籍ということで、「私、Kindle端末持ってないから」「読み方分からない」という方が結構いらっしゃるようなのですが、iPhoneやiPad、Androidスマートフォンでも普通にお読み頂けます。それぞれに専用アプリがありますし、本の購入も出来ますので(iPhone、iPadはアプリ上からは直接購入は出来ませんが)、もしお知り合いで靴に興味を持たれたり、お手入れ(靴磨き)の仕方が分からないなぁ、と思われている方がいらっしゃいましたら、お薦めして頂けますと嬉しいです。

別に狙った訳ではないのですが、ちょうど今Amazonでは14日迄Kindle母の日セールを行っているようでして、クーポンコード「MOMGIFT6300」で最大で6300円OFFになるようです。私、この数日前に、渡米中の母にKindleを買って贈ってしまったばかりなので、ちょっと悔しいのですが、これを機会にKindle Paperwhiteを使ってみるのも良いかなぁ、と思っています。スマホとは読みやすさが全く違います。(専用端末にはそれだけの魅力があるということですね)個人的には少し値段が上がるけれど「キャンペーン情報なし」がお薦めです。

と、見事に脱線していますが、少し本の内容について。先日こちらの文章でも触れましたが、

気がついたら先月で3周年を迎えておりました。ただ、ブログ自体はその前から書いてきていて、更にこちらのブログには「移行」してきたこともあって、何年経ったのか勘違いしておりました(4年だと思っていた)。ま...

考えが大変甘かった」です、と書いたように、初めての書籍化は結構大変でした。いくらベースとなっている元の文章があったとしても、それを単にコピー&ペーストして少し形整えておしまい、という訳にはいかないんだな、と(当たり前ですが)。今回は当然編集して下さる方はいないのですが、改めて「編集者って凄いお仕事だ」と思いました。

結局最初から最後まで色々書き直したり書き加えたり、一から文章加えたりバッサリ削除したりしていたら、書き下ろしまではいきませんが、結局2ヶ月近くかかってしまいました(その前にベースとなる文章を昨年末からまとめていたわけで、それも含めるとそれ以上)

最近よく「ブログの靴のお手入れに関する文章を一通り読みました!」と言って下さる方が増えてきまして、そういう方ですと、今回のこの書籍は内容という意味では新しい情報があるわけではなく、敢えてご購入頂く必要はないかもしれません。

ただ、今回は本のタイトル「靴ブラシで歩き方が変わる。」にも現れていると思うのですが、単なる靴磨きのマニュアル本ではありません。またたくさんのお手入れ用品を並べたり、難しい単語を解説したり、といった内容でもありません。常日頃からこのブログでも発信している、

靴ブラシを通して自分が普段何気なく履いている靴や足、足もとを意識するようになって欲しい

という気持ちが込められています。足もとを意識出来るようになると、自分の足についてもっと気にするようになります。サイズから、本当に足に合う靴選びまで。そして、足もとが綺麗になると、どんな場所でも自信が出てきます。靴が汚れたまま大切な場所に辿り着いてしまった時のあの心の落ちつかなさは多くの方が経験があるのではないか、と思っています。足に合った靴を履けば歩き方も姿勢も変わってきます。

そして、そのきっかけは簡単です。自分の足を意識出来るようになること。それは一本の靴ブラシから始まります

ということで、どちらかと言えば少し生き方だったり、考え方メインの話が並んでいますが、スマホなどに入れて気軽な読み物として多くの方にお読み頂けたら嬉しいな、と思っています。

なお、今回の書籍はkindle unlimited」対象ですので、unlimitedに登録している方は無料でお読み頂けます。Amazonプライム会員でも月1冊無料の対象になるのかな。10万字近い内容になっていますので、まずはその辺りで試しに軽く読んでみて、気に入って頂けたら改めて手元に置いて頂けたらいいな、と思います。

表紙のイラストは、プロのイラストレーターであり、知人でもある清水久子さんにお願いしました。清水久子さんにはこのブログのロゴであるカブトムシの絵も以前描いて頂いたことがあります。今回も敢えてプロのイラストレーターである彼女にお願いしたのは、この本を手に取った方が、大切な友人や家族にも贈り物として渡したくなるような本を目指したかった、という気持ちがあります。そのイメージに彼女の描くイラストがピッタリだと思いました。

実際には電子書籍ですので贈り物には出来ないのですが、気負ったマニュアル本や難しい方法論のような本ではなく、生活に寄り添うような、ちょっとお気に入りの鞄に忍ばせて、いつでも眺められるような本になれば良いな、と思ったのが理由です。

今回の表紙イラストはそうした私の勝手なイメージをとても素敵な形で表現して下さったなぁ、と思っています。清水久子さん、本当にありがとう。

電子書籍という形は、ブログで発信するのとはまた勝手が違ってなかなか大変な作業でしたが、私自身の中でも考えを新たにまとめなおし、振り返るよい機会にもなりました。これからも引き続き、色々な形で情報を発信しつつ、活動の幅を広げていきたいな、と思っています。いつもお読み下さり、本当にありがとうございます。これからも末永くお付き合い下さい。

なお、文中に最愛の妻の姿が一切出てきませんが、よくある本のように謝意を載せようとしたらかなりの勢いで拒絶されたのが理由です。決して夫婦仲が悪いわけではなく、今回はすぐ挑発的な文章を書くくせに意外と打たれ脆い私の性格を熟知した彼女のおかげでここまでこぎつけられました。ありがとう。(これすらも見たら「やめて(苦笑)」と怒られそうだ。)

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。