[0378-201412] リーガルの新製品プレミアムデリケートクリームは、ガラス革の靴のキラーアイテムになるかもしれない。

[0378-201412] リーガルの新製品プレミアムデリケートクリームは、ガラス革の靴のキラーアイテムになるかもしれない。

スポンサーリンク


何がどうプレミアムか分からなかったのですが、ちょうどクリームも切れてきたところだったので、試しに買ってみました。
これはかなり面白いクリームです。特に靴のお手入れが面倒だったり、靴に興味がない人にとっては、必需品かもしれません。
ということで、そんな新製品リーガルプレミアムデリケートクリームの使い勝手をご報告。

怖いくらいにあっさりと艶が出る。


布に少量取って、全体に薄く伸ばして乾拭き。
以上。
一分もかかりません。
それで怖いくらいに艶が出ました。

簡単に写真で比較してみました。

こちらが先日購入したばかりのラギッドシューズのせモカ茶ですが、
slooProImg_20141126092917.jpg
ちょっと分かりづらいですが、艶が全体的に増しています。実物はもっと目立つくらいに光りました。
皺が違うのは、下が使用後なので。非常に気に入ってしまったために、良くないと分かりつつ、連投させてしまっています。
slooProImg_20141201225102.jpg
つま先部分も
slooProImg_20141126092910.jpg
こんな具合です。
slooProImg_20141201225101.jpg
こちらはペッカリーを使った、同じくラギッドシューズですが、左側がクリームを使ったもの。右側が使っていません。
slooProImg_20141201225111.jpg
先日黒のクリームを入れて艶を出したばかりなので分かりづらいのですが、それでも左の方がより黒い艶が出ています。
slooProImg_20141201225106.jpg
ペッカリーのお手入れについては、下手に凝るよりも普通のクリームで良いな、と思っていましたが、これを見る限りだと手間も考えると、プレミアムデリケートもありかな、と思いました。

ガラス革に最適。

シリコンが含まれているからか、表面に薄くコーティングがされたような独特の触り心地になります。艶はワックスの効果でしょうか。
デリケートクリームなので、伸びが通常のクリームより良いので、素早く靴表面に伸ばせます。楽。
伸びが良いのでムラにもなりにくくて、あとは乾拭きで充分です。
表面に薄い膜を作ってくれるので、細かい表面に傷が入るくらいなら、革表面まで届かなければ、乾拭きで消えてしまうようです。
ガラス革は元々お手入れが楽で水や汚れも比較的弾いてくれるので、つい雑に扱われがちですが、その分表面に傷が入って削れてしまうと、補色が出来ないんです。
[ 革靴] 巷に溢れる革質談義について。コードバンが好きなあなたへ。ガラス革(牛革)って本当に駄目ですか?
街を歩く人のつま先を見てみると、傷だらけで色が落ちてしまっているトンガリ靴が結構ありますが、そういう人には最適だと思います。
もちろん、深く入ってしまえば傷は入るのですが、擦れ傷くらいなら表面の膜で緩和出来そうな印象です。

お手入れを楽しめる人には物足りないかも。

全体的にしっかり艶が出て、その後のお手入れも楽なので、育てていくタイプの革には不向きかもしれません。
あまりに味気ないので。
ただ、そうした効果を分かった上で使えばかなり使えるクリームです。
例えばつま先と踵の鏡面仕上げ代わりに。簡単に強めの艶が出せます。
[0243-201406] 革靴のポリッシュ、鏡面仕上げはつま先と踵だけに留めるかどうか。
傷の防止にもなり、一応デリケートクリームとのことなので、ポリッシュほど革への影響は大きくないかな、と思います。屈曲部も割れたりしていないので。

靴に興味がない、もしくなお手入れが面倒な人へ。

下手な100円ショップやその辺の安いリキッドタイプ(液体で先にスポンジがついていて、塗るだけで艶が出る)って、後が面倒なんです。
固まりやすいので、そのまま落ちなくなって厚塗りの挙げ句、カチカチになってしまったり。なので、クリーナー必須。
[0365-201411] 靴墨には何故クリーナーが必要なのか。お手入れについて改めて考える。
であれば、まだこのプレミアムデリケートクリームのほうが良いと思います。比較的影響は少ない気がします。
それでいて、傷も比較的防げますし。面倒さもクリーム塗るより少ないのではないでしょうか。

有機溶剤の入っていない、ワックスタイプの乳化性クリーム

細かい部分は長くなるので今回は触れませんが、興味を持たれた方のために。
瓶裏を見ると、成分は「ろう、シリコン、水」ということで、有機溶剤が入っていません。
確認してみたところ、カルナバワックスを使っているとのこと。
この辺りのバランスをどう取ったのか聞いてみたい気もしますが、好きな方はこの成分でイメージして頂ければ。
ちなみに私は先日から愛用中のラギッドシューズの、のせモカ茶でこのプレミアムデリケートクリームを使っています。

[0368-201411] 靴好きの私が三足目に選んだラギッドシューズは、のせモカの茶でした。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。