[かぶ] 【PR】SoundPEATS QY8レビュー(第一印象篇)コードの擦れる音以外はほぼ不満の無い、着け心地も良好なワイヤレスイヤホンです。

[かぶ] 【PR】SoundPEATS QY8レビュー(第一印象篇)コードの擦れる音以外はほぼ不満の無い、着け心地も良好なワイヤレスイヤホンです。

スポンサーリンク

ありがたいことに、Bluetoothのワイヤレスイヤホンはヘッドセットも合わせるとこれで5つ目になります。今回もSoundPEATSのリサ様から提供レビューのご提案を頂きました。Amazonで非常に評価の高かったQY7の後継とも言われる今回のQY8。同社で既に手元にあるQ9Aと比べながらレビューしてみたいと思います。

今回もケースが付属。個人的にはこのケースだけでも購入動機の一つになる。

1114-201512_SoundPEATS QY8 03

勿論高額のイヤホン等になってくれば、それなりの質のケースが付属してくるとは思いますが、このQY8は実売2,500円程度です。この価格でどこにコストをかけるのかはメーカーによって違うとは思いますが、勿論その分音質を落としている訳ではありません。

カナル型イヤホンの場合、素のままバッグやポケットの中に入れるとホコリや汚れが気になってしまう神経質な私には、こうしたケースが大変ありがたいです。中には充分余裕がありますので、通常のイヤホンと2種類入れておいて気分で使い分けても良いですしね。

今回はポーチは付属しませんが、イヤーフックが豊富。

1114-201512_SoundPEATS QY8 07

以前レビューさせて頂いたQ9Aは耳に引っ掛けるタイプのモデルでした。それ程耳との相性を考えなくて良いのと、重さを感じにくいので好印象でしたが、今回のQY8は耳の内側にはめるタイプのモノです。そのため、今回はイヤーフックが大きさも含め6個別に用意されていて、好みと相性に合わせて変えることが出来ます。私はそのままで問題ありませんでしたが。その分Q9Aには入っていたポーチは付属していません。

大変ありがたいことに、今回もまた別のメーカーよりBluetoothワイヤレスイヤホンのレビューご提案を頂きました。このブログを以前からお読みの方ならお気づきかと思いますが、この数ヶ月で3つめです。 ...

使い勝手の良い、大きく分かりやすい電源ボタン。

1114-201512_SoundPEATS QY8 08

右耳側のこの大きな丸い部分を長押しすると電源が入ります。ペアリングしてあれば自動で繋いでくれます。ちなみに充電中は

1114-201512_SoundPEATS QY8 09

赤く点灯しています。

耳へのフィット感は非常に良好。これはイヤーチップの入る角度の影響か。

1114-201512_SoundPEATS QY8 04

私が今まで試してきた5つのイヤホンの中では最もしっかり耳に収まりました。カナル型であることは分かった上で、その中でも今回は耳に入れた途端に外部の音がだいぶ遮断されたことからして、かなりのフィット感だったのだと思います。

そして、SoundPEATSの商品は4つめになりますが、今回もやはり本体の重さを感じさせない作りと重量バランスです。非常につけ心地は良好です。

ただ、やはり気になる平たく厚めで幅広のコード部分。

1114-201512_SoundPEATS QY8 05

ちょっと分かりづらいですが、これは前回レビューした通常のイヤホン、M20でも感じたこと。コード部分が結構幅広でしっかりしているので(絡まりにくく丈夫なのだと思いますが)これが衣服と擦れると、その擦れた音が耳障りなんですね。これ、うまく表現できませんが、通常の細めのコードではほとんど感じない部分です。

イヤホンの世界。特に有線となると、余程こだわりのある製品でもない限り、なかなかお金を出して買おうという気になれなくなってしまいました。それは提供頂いているから、とかそういう邪な理由ではなく、最近はスマ...

まぁ、そのためのプラスチックのクリップと結束用パーツが付属しているのですが、普段使いするにはクリップをどこかに引っ掛けておく部分もないので、時折頭を動かした時に気になります。

音は素直な印象。味付けも特にないものの、痩せてもいない、充分過ぎる音です。

表現しにくい、けれど最も大切な部分だと思いますが、素直に好きです。今までの5つの中では総合的には最も好きかもしれません。

最近Amazonプライムミュージックを意識して聴いています。聴くようになったきっかけがこのQY8ですから。ZenFone 2で流しっぱなしにしておいて、(私はワイヤレスイヤホンでの着信応答は嫌いなので、電話が一切かかってこないZenFone 2でよく流すのです。この点QY800だけは別で、これでなら着信があっても良いな、と思っているのでiPhoneでも使っていますが。)

昨日ご紹介したSoundPEATSのBluetoothワイヤレスイヤホン、Q9A。かなり気に入っているのですが、そのレビュー報告をSoundPEATSのリサ様にしたところ、「Q800も試してみませんか...

音は好みがありますが、単純に音質という部分だけでなく、イヤーチップのフィット感や重量感なども大きく影響することを改めて感じています。QY8と先ほどのQ9Aでも全く耳へのはまり具合が違いますから。どちらが好きかは・・その時に気分と体調にもよりそうですが。

このレベルのワイヤレスイヤホンが実売2,500円前後で手に入るのはありがたい。

先ほど冒頭で「Amazonで非常に評価の高かったQY7の後継とも言われる」と書きましたが、どうやらSoundPEATS以外にも同名のモデルがあるようで。

この他にも同名のモデルが各社から出ています。その姉妹モデルがQY7で、こちらがベストセラーになった名作のようです。

なかなか分かりにくいのですが、個人的にはSoundPEATSの姿勢に好感を持っていますし、実際に音も安心して聴ける良いイヤホンだと思います。

このレベルのワイヤレスイヤホンが普通にAmazonで実売2,500円前後で手に入るというのは大変ありがたいことですね。その分違いが出しにくくなってしまって購入する側からすると選択肢がありすぎて却ってなかなか購入に踏み切れない悩みもありますが、私としては折角この価格でこれだけのモノが買えるのですから、一つ、と決めずに複数個試してみても良いのではないか、と思います。

音とイヤホンは本当に好みが分かれる、個が出やすいアイテムだと思いますから。

そうした点でも今回ご提供頂いたSoundPEATSのQY8も充分に満足のいくワイヤレスイヤホンだと思っています。

Shenzhen SoundSOUL Information&Technology.,Co Ltd

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。