[かぶ] 【PR】SoundPEATS Q20 Bluetoothイヤホンレビュー。左右イヤホン部分が磁石でくっつくのは面白い。

[かぶ] 【PR】SoundPEATS Q20 Bluetoothイヤホンレビュー。左右イヤホン部分が磁石でくっつくのは面白い。

スポンサーリンク

Bluetoothイヤホンというのはそんなに需要があるジャンルなのでしょうか。ここ最近コンスタントにレビュー依頼を頂くのは、当ブログがイヤホンレビューサイトだと認識されているからなのか、それとももともとスポーツ等での需要が世界的には非常に多い市場だからなのか。

当ブログではお馴染みとなりました、SoundPEATS社から引き続き商品提供レビューの依頼を頂きました。今回も使い勝手を中心にレビューしてみたいと思います。

ワイヤレスイヤホン スポーツ SoundPEATS Bluetooth 4.1 apt-Xコーデック採用 高音質 Bluetooth イヤホン 黒白2色 防汗 防滴 スポーツイヤホン ハンズフリー通話 CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 ワイヤレス ヘッドセット 【メーカー直販/1年保証付】 Q20 (ブラック)

今回提供頂いた商品はこちら。

届いてみて気がついたことは、今までのSoundPEATS社のBluetoothイヤホンとは違って非常にシンプルな外装である、ということです。

SoundPEATS-Q20-03

左が前回レビュー依頼を頂いたQ11です。

昨年からコンスタントに提供レビュー依頼を頂いているメーカーの一つがSoundPEATSです。カナル型イヤホンM10は私にとっては今もお気に入りで、更に良い(高額の)イヤホンへの欲は出るものの、普段使い...

今までレビューしたモデルはほぼ左のようなデザインで統一されていたのですが、

SoundPEATS-Q20-01

なんかシンプルで質感も少し大人。ただ、ピッチリ蓋が嵌っていて、ちょっと箱を開けるのに手こずりました。

SoundPEATS-Q20-04

中身はいつもどおり充実しています。上記のものがいつもどおりのSoundPEATSのケースに入っています。

左右イヤホンをくっつけると電源OFF。離すと電源ON。

SoundPEATS-Q20-05

なかなかおもしろいな、と思います。耳にしていない間は左右を合わせておく(マグネットになっているので)ことで、首にかけていても落としてしまう心配がなくなりますし、いちいち電源ボタンを押さなくても良い。その分電源ボタンがありません。

SoundPEATS-Q20-08

本体部分には操作ボタンは一切なく、操作は全てこのコントローラー部分で行います。電源ONとOFFを中央のMFB(マルチファンクションボタン)から切り離したのは、操作性が良いとは言えない一般的なMFBに多くの機能を詰め込まなかった、という点で正解だったかな、と思います。

ただ、その分若干手強い点がありまして、左右のイヤホンを離すと勝手に電源が入ってペアリングし始めるので、時々鬱陶しい。勝手に電源入るんですから。イヤホンを外すと。

SoundPEATS-Q20-06

APT-X(aptX)コーデック対応ですが、ちょっといつもと違ったギミックが。

いえ、大したことではないのですが。

SoundPEATS-Q20-09

Bluetoothは4.1、QualcommのaptXコーデックに対応しています。

Bluetooth®には利用できる帯域幅に制限があるため、高音質なオーディオの再生には適切ではないこともあります。

しかしながら、aptX®はビット レートを大幅に低減することで低遅延で高いオーディオクオリティを可能にし、Bluetooth®のリスニング体験を全く新しいものにしました。

aptX®の採用により、いつでも、どこでもCDクオリティの高音質なワイヤレス サウンドをお楽しみいただけます。

Androidスマートフォンでワイヤレスイヤホン等を使う方にはありがたい機能(iPhoneは未対応)ですが、今回早速手元のスマートフォン、Huawei P9とペアリングしたところ、

SoundPEATS-Q20-10

画面下部ですが、こんな表示が。今までペアリング時に表示された覚えがなかったので油断していましたが、ちょっと嬉しかったです。

SoundPEATS-Q20-11

ちなみに私は音楽鑑賞時に着信があった際に鬱陶しいので、Bluetoothイヤホンでの通話機能はOFFにしています。

唯一気になる点は充電周りの使い勝手と耐久性。

一般的なMicroUSBケーブルでの充電になりますが、これがちょっと気になる点でした。

SoundPEATS-Q20-13

本体を覆っているラバーの部分を

SoundPEATS-Q20-14

めくると、

SoundPEATS-Q20-15

充電端子が出てきます。この周りのラバー部分も耳の形に合わせて大きさを変えられる(取り換えが可能)なのですが、何となく適当に覆っている感じです。それはまだ良いものの、この充電端子部分のキャップ、ちょっと耐久性不安になります。実際に端子を挿すとちょっと引っ張られた感じで無理やり使っているとそのうち切れそうです。

ワイヤレスイヤホンは通常のイヤホンと違って充電が必要です。充電端子は常に使う部分。ここに不安を感じたり、毎回の充電が「面倒だな」と思ってしまうと、そのうち億劫になってしまって「別のイヤホンでいいや」となってしまいそうです。

音は悪くないし、シンプルな使い勝手、デザインは好印象。充電周りと電源ON・OFFが気にいるかどうか。

SoundPEATS-Q20-12

SoundPEATS社からは既に多くのBluetoothイヤホンの提供を頂いていて、それぞれに特色があり、新しい商品が出るたびに「今度はこういうアプローチできたのか」と感心させられることもよくあります。なかなか面白いモデルも多く、ご提案を頂くたびに楽しみにしているところもあります。

また、これだけ出し続けていれば、少しずつ商品も洗練されてくるのか、新しいモデルが出るたびに音も質感も「悪くないな」という印象が積み重なってきます。選択肢が多いのも、その中から自分の好みにあったモデルを選びやすい、というメリットにもなります。

ただ、それは裏を返せば選択肢が多いことで選びにくさに繋がる場合もありますし、更にこのメーカーとしての代表的なモデル、というものがイメージしづらいことにも繋がります。

そして少しずつ惜しい点があるのです。今回であれば充電端子周りの取り外しの手間とキャップ部分の耐久性に対しての不安です。

あとは電源ONとOFFのギミックが自分にとって面白い、便利と思えるかどうか。

冒頭でも挙げましたが、Bluetoothイヤホンというのはそんなに需要があるジャンルなのでしょうか。特にこの価格帯のイヤホンはスポーツ時(ワイヤレス自体そうした状況でこそ活かされるのかもしれませんが)をイメージした、少し大きめの目立つイヤホンが多いな、と思います。

SoundPEATSの商品ラインナップの豊富さを考えると、もう少し普段使いも気軽に出来るような、いや、したいな、と思わせてくれるようなデザインのモデルも出してくれると嬉しいな、と思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。