[かぶ] 【PR】最強運動セット Anypro スポーツアームバンド ランナーウエストポーチレビュー。ウエストポーチが地味にありがたい商品です。

[かぶ] 【PR】最強運動セット Anypro スポーツアームバンド ランナーウエストポーチレビュー。ウエストポーチが地味にありがたい商品です。

スポンサーリンク

この夏からランニングを再開した私ですが、先月今月と雨の日が続いたため、ついつい億劫がってしまって少し間隔が開きがちになってしまいました。これから寒くなると何かと言い訳をつけて走らなくなってしまうので、また走る楽しみを見つけたいと思います。

そんな時に、新しいウェアであったり、気になるアクセサリがあるとそれだけで気分が上がるから単純なものです。最近様々な製品を提供いただいているAnypro社より、アームバンドとウエストポーチがセットになった製品のレビュー依頼を頂きました。アームバンドは幾つか試してきてはいるものの、意外と腕元で怪しく光り続ける、若干大げさなアームバンドに照れがあった私にとって、今回の商品の一番の魅力はウエストポーチだったりします。

早速レビューをしてみたいと思います。

Anypro スポーツアームバンド ランナーウエストポーチ 【最強運動セット】 タッチスクリーン 防水防汗 反射材付き 調整収納可能 スポーツ、アウトドアに専用 iPhone6/6S、Xperiaなどに対応 ブラック

今回提供いただいた商品はこちら。

外箱は至ってシンプルな作り。

pr-anypro-sports-armband-01

裏面には日本語での説明が書かれています。

pr-anypro-sports-armband-02

アームバンドとウエストポーチがセットになった手頃な製品。

決して凝った作りのものではないのですが、ウエストポーチが一緒についてくるのは大変にありがたいです。

pr-anypro-sports-armband-03

ここ最近アームバンドを着けて走ってみて、普段街中を走るのであれば、腕に巻いたアームバンドは結構大げさなのではないか、と思っています。全く気にならない方もいるでしょうし、何より周りの人は全く私の事なんぞ見てもいないとは思うのですが、自意識過剰な私には腕に巻きつけたスマートフォンと、走行中時々光る姿は結構照れが加わって躊躇いがありました。

また、腕に巻いてしまうと意外と操作がしづらいのも確かです。一応どの製品でもたいていは巻いた状態で操作が出来るようにはなっているのですが、意外とそこまでの操作が必要なのかな、と思うことも多々あります。

そして、腕はランニング中はよく動かすので、結構腕に巻かれているのが気になってしまいます。細腕の私ですときちんとフィットしないこともあるので更に悩みどころでした。その点をウエストポーチで解消できないか、と思ったのも、既に手元に幾つも類似品がありながら今回レビュー依頼を受けた理由でもあります。

アームバンドは基本的な部分はしっかり押さえた良品。

pr-anypro-sports-armband-07

アームバンドは特に他社製品と大きく異なる部分はありません。大きさは手元のiPhone 6sがピッタリ入るくらいなので、もう一台の5.5インチのHuawei P9は少々厳しいくらいでした。

pr-anypro-sports-armband-04

鍵(や一応小銭も)を入れられる小さなポケットと、

pr-anypro-sports-armband-05

走行中に動いて何かと邪魔なイヤホンのコード部分を束ねておける、マジックテープ仕様の収納部分が付いています。

pr-anypro-sports-armband-10

iPhoneを入れたところですが、背面部分にはイヤホンジャック等を外に出したり、電源ボタン等も操作出来るように穴が幾つか開いています。

pr-anypro-sports-armband-09

スマートフォンをケースなどに入れていると(写真ではiPhoneに純正革カバーを着けています)そのままでは穴が出てこないので、

pr-anypro-sports-armband-11

少し前後に引っ張って穴を出してから端子に繋ぐ必要があります。

pr-anypro-sports-armband-13

個人的にはワイヤレスイヤホンを使うくらいなので、むしろ穴が開いていると中の純正革カバーが汗でシミが出来てしまわないか、と別の心配が出来てしまって難しいところ。本体自体は丸洗いも可能な素材なのですが、中のiPhoneや革カバーは丸洗いするわけではないので、その点だけが気になりました。

そのままだと変身ベルトだけれど、シャツで隠せるので意外と便利なウエストポーチ。

個人的には意外と気に入ったのがこちらのウエストポーチです。

pr-anypro-sports-armband-18

このまま目立つように腰に巻いたら変身ベルトですが、シャツ等で上から覆ってしまえば目立たないかな、と。左に見えるのがイヤホン端子用の穴です。

pr-anypro-sports-armband-14

背面がジッパーになっていまして、ここから中にスマートフォンなどを入れます。

pr-anypro-sports-armband-15

中を開いて、裏返しにしたところです。ペリペリっとしたシートが貼られていまして、この部分を剥がして、間にスマートフォンを挟みます。

pr-anypro-sports-armband-16

中にはそれ程多くのモノは入りませんが、実際ランニング中に必要なモノがそれ程あるわけではないので、このウエストポーチ一つで用足りてしまいそうな印象です。何より腰に巻いているので(揺れはするものの)安定しているのと、走っている間に目立たないのがありがたいです。

また、写真にはありませんが、長さの調整は片側だけではなく、左右両側で可能なので、留める位置を調整できるのは地味に便利です。

用途とエクササイズ内容に合わせて使い分けることが可能な点は好印象です。

pr-anypro-sports-armband-03

よく汗もかき、丸洗いもしながらどんどん気にせず使っていくのがこの種の製品です。一つに絞らず幾つか手元にあると、気分やウエアの色に合わせて使い分けることも可能です。

ウエストポーチ自体はドリンクをホールドしておくほどの余裕はないので、ランニング中に水分を都度補給したい、という場合には別のものが必要になってきますが、小さなタオルとスマートフォン、小銭などを持ち歩くには十分です。

この種の商品は3つめですが、ウエストポーチも付いていながら価格がさほど変わらない点も含め、今回の商品はなかなか好印象を持っています。

色合いも含めて個人的には好みですし、この秋から冬にかけてどんどん使っていきたいセットだな、と思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。