[かぶ] 【PR】ABOAT リバーシブル microUSBケーブル 3本セットレビュー。際立った特徴はないものの、買い足すのであれば手頃で便利なケーブルです。

[かぶ] 【PR】ABOAT リバーシブル microUSBケーブル 3本セットレビュー。際立った特徴はないものの、買い足すのであれば手頃で便利なケーブルです。

スポンサーリンク

何か購入する度に入っているので、何となく手元に余って使わない気がして捨ててしまったり、どこに入れたか忘れてしまうのだけれど、必要なときに限って手元にない。そんな「日用品」の一つがUSBケーブルです。

私もこうしてありがたいことに数多くの商品提供を受けていると、スピーカーでも充電器でもイヤホンでも常に短いmicroUSBケーブルが付属してきます。にも関わらず、何故か手元にほとんど残っておりません。

理由の一つが、これらの付属ケーブルは「普通のありふれた」タイプであり、特に高耐久でもなければ高速転送対応でもなかったりする(もしくは対応していないような印象)ので、手元に幾つもあると敢えて意識して使おう、と思わなくなってしまうからです。結局いつの間にか溜まってしまって邪魔になって大掃除の時にまとめて捨ててしまったり。勿体無いんですけどね。それは分かってはいるんです。

そんな私ですが、冒頭でも触れましたが「必要なときに限って手元にない」ことが多く、なるべくならしっかりとした(高耐久、自分に用途にあった長さ、高速転送対応など)ケーブルが欲しいと思っていました。

今回はABOAT社より商品提供の上でのレビュー依頼を頂きました。早速レビューしたいと思います。

【0.5m+1.0m+2.0m】ABOAT microusb ケーブル 両端両面差しリバーシブルusbケーブル usb2.0急速充電 高速データ伝送 超耐久(ケーブル整理用防水収納袋付属)Androidに対応USB充電ケーブル

今回提供いただいた商品はこちら。

以前他社より同様の商品を提供いただいたことがあるのですが、

ここ最近では何か買う度に何かしら付いてくるのがMicro USBケーブルです。ただ、普通のケーブルなので、普段から高耐久タイプのものでも愛用していたりすると、何となく使わないまま放置してしまい、肝心な...

大きな違いとしては収納袋が付いていること。

pr-aboat-microusb-cable-02

更にケーブルそれぞれに結束バンド(輪ゴムのようなもの)が付いていることです。

pr-aboat-microusb-cable-03

細かいところで意外と気配りがされています。

今更ですが、端子の向きを気にしなくて良いのは地味に便利です。

iPhoneを使っている方であれば基本Lightningケーブルだと思いますが、色々なデジタルガジェットをお持ちの方であれば、現行の標準はこのmicroUSB端子だと思います。この端子の欠点はLightningと違って挿す向きがあること。

pr-aboat-microusb-cable-04

microUSB側だけでなく、USB端子側も同様ですが、これがふとした時に一発で挿せずに不便だったりします。それを解決させたのが、最近出てきている「両面挿し」タイプのケーブルです。

pr-aboat-microusb-cable-05

よくよく考えてみればケーブル側で形状を工夫すれば良いだけのことなのですが、

pr-aboat-microusb-cable-07

それが一般のケーブルの端子ではされていないのは、やはり耐久性や接続の問題が何かあるからなのでしょうか。実際、上の画像のようにUSB端子側を見てみると、端子の中央に薄いプレートがあるだけ(両面挿しが出来るように)なので、少し雑に扱うと曲がってしまいそうな不安はあります。

ただ、以前レビューしたOMAKER社の両面挿しも今回のABOAT社の両面挿しも、ここしばらく使っていますが特に不具合は起きていませんし、実売価格も3本で1,000円を切るくらいですので、何か気になる不具合でもない限り、買い換えてしまえば良いのかもしれません。

急速充電(Quick Charge 3.0)高速データ転送(480Mbps)対応。

こちらのケーブルはQuick Charge 3.0にも対応しています。2.0までは対応端末は持っていたのですが、3.0は今のところ手元にないのでその恩恵は受けられていません。(というよりも、今メインで使っているスマホ等がほぼUSB Type-Cになってしまって、イヤホンやスピーカーなどでしか使わないので)

また、高速データ転送対応ということで480Mbpsでの転送が可能になっていますが、これはUSB2.0の規格です。最近はUSB3.0(5Gbps=5,120bps)対応の製品も増えてきているので、それを考えれば格別高速というわけでもないのですが、敢えてこれを記載している、ということは、両面挿しの場合多少速度等のロスが起きやすい、といったことがあるからなのかな、とふと思いました(実際のところはどうなのでしょうか)

ケーブルの強度に関しては、見た目と触れた感じとしては、以前レビューしたOMAKER社の下記のケーブルのほうが安心感はあります。

pr-omaker-micro-usb-cable-reversible-02

ここ最近では何か買う度に何かしら付いてくるのがMicro USBケーブルです。ただ、普通のケーブルなので、普段から高耐久タイプのものでも愛用していたりすると、何となく使わないまま放置してしまい、肝心な...

今回のABOAT社のケーブルは太さはあるので不安はありませんが、見た目は特に変わりないのでその点は勿体無いかな、という気はします。

ただ、上のOMAKER社のケーブルには、端子近くに白い小さなフックのような物が付いていることに気づかれるかと思います。これでケーブル同士を留められるのですが、これが収納時に意外と邪魔だったのです。これが今回のABOAT社製ケーブルには付いていないんです。その点でモバイルバッテリーと一緒に持ち歩くにはこちらのほうが楽でした。

pr-aboat-microusb-cable-03

長さは同じ、50cm、1m、2mの3種類。枕元、モバイルバッテリーと一緒に持ち歩く、机の上で使う、など用途に応じて使い分けられるので便利です。

大きな特徴のある製品ではないけれど、敢えて買い足すのであればこのタイプがお薦めです。

pr-aboat-microusb-cable-08

非常に評価のしづらい製品の一つがこうしたケーブルですが、実用面で考えれば例えば普段からモバイルバッテリーと一緒に無造作にポーチなどに入れて持ち歩きたい、といった際には標準で付属しているケーブルが少し長すぎて邪魔だったり、といったこともあると思います。

長さが20cm違うだけでも使い勝手が大きく変わるのがこうした持ち運びの際。更に敢えてお金を出して追加購入するのであれば、何かしら付加価値なり意味がないと、「後回し」にしてしまいがちです。

そんな時に、こうした「両面挿し」「複数の長さがセットになった」「高耐久タイプ」のケーブルというのは魅力的です。

提供いただいてから半月以上使っていますが、今のところ特に不便は感じていませんし、むしろあまりに普通に使っているので存在自体忘れてしまっているくらいです。

必要な時に限って手元にない日用品の一つとして、何かの買い物のついでに、思い出した時にカートに一緒に入れておく候補として、オススメしたい商品です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。