[かぶ] 【PR】ABOAT USB-A to USB-C充電ケーブル5本セットレビュー。USB-Cをまとめて買い揃えたければこれです。

[かぶ] 【PR】ABOAT USB-A to USB-C充電ケーブル5本セットレビュー。USB-Cをまとめて買い揃えたければこれです。

スポンサーリンク

ABOAT社といえば現在AmazonでUSBケーブルを精力的に展開しているメーカーです。実際に今のところ製品提供レビューの依頼を頂くのも、ほぼケーブルです。目立った特徴はないものの、耐久性も含めてしっかり作られていて、普通に使う分には気負わず使える良さがあります。

先日USB-A to USB-Cのケーブル3本セットを提供いただきレビューしました。

気がつくと手元に大量に余っているのだけれど、使い勝手の良いモノは少なく、嵩張るので適当に処分してしまうのだけれど必要な時に限って無い。それが充電用ケーブルです。Lightningは比較的少ないけれど、...

なかなか気に入って日々0.5mを持ち歩き、2mを枕元で使って(1mは妻が使用中)います。そうした中、ここ最近スマートフォンの充電端子も徐々にUSB-Cのものが増えてきたこともあってか、需要がそれなりにあるようで、今回同一製品の5本セットが発売されました。

製品自体に変更はなく、単純に1mが2本増えただけのセットではあるのですが、手元のケーブルをまとめて揃えておきたい、という方には便利だと思います。改めて簡単にご紹介したいと思います。

【5本セット】ABOAT USB Type Cケーブル USB-A to USB-Cケーブル(50cm*1本+1.0m*3本+2.0m*1本) 56Kレジスタ抵抗実用 新しいMacBook/Nexus5X / ASUS Zenfone/ChromeBook Pixel / Nokia N1 Tablet / HUAWEI P9他対応USB-Cケーブル

今回提供いただいた製品はこちら。

前回も触れたのですが、

特徴としては製品ページに書いてあるとおり、

  • 通常より太めの28/20米国ワイヤゲージ規格充電用銅線がケーブル抵抗を低減することで急速充電が可能。
  • 56kΩの抵抗を実装し、デバイスに過電流しないように保護
  • アルミ被膜を加え、外部電磁抵抗して480Mbpsでの高速データ同期が可能。
  • 優れたPVC被覆を採用して、どんなに折っても断線しない

「急速充電」「保護」「高速データ同期」「高耐久性」といったところです。USB-CはMicroUSBに比べ高速ではあるものの、質の悪いケーブルを使うと端末側にダメージを与えることがある(Chromebook愛用者の私の中では、以前聞いたChromebook Pixelが劣悪ケーブルのせいで壊れた、という話が印象的。)のもあり、ある程度信頼の置ける製品であることが大切です。今回、ABOAT社の担当の方もこの高品質である点を強調されていました。

ただ、正直パッと見、普通の付属ケーブルと変わりません

特徴はこのままです。ただ、この代わり映えがしないものが、意外と使用時に気を使わなくてよく、また0.5mなどはコンパクトにまとまってくれるので持ち歩きにも最適です。

0.5m x1、1m x3、2m x1の組み合わせ。個人的には0.5mがもう一本欲しかったなぁ。

恐らく中間の1mが汎用性が高いだろう、と判断しての組み合わせだと思うのですが、個人的には最も使っているのが自宅でも0.5mだったので、こちらがせめてもう1本あれば良かったのになぁ、というのが素直な感想です。ただ、一般的にはやはり1mが3本というのが助かるのかな。製品付属が大体1mだと思われます。

個人的にお気に入りの0.5m。この手のひらサイズで厚みもほとんどなく、嵩張らない大きさはモバイルバッテリーと一緒に放り込んでおいてもほとんど気にならない手頃さです。またそれぞれのケーブルは写真のように黒い輪ゴムで纏められているので、(無くさないように気をつける必要はあるものの)これも意外と助かります。

まだまだ追加で5本必要な環境というのは限られてはいると思いますが・・。

今すぐ5本も追加で必要かと言われると、一般的にはまだまだそこまでUSB-Cが普及している印象はありません。我が家ではスマホが妻も私もUSB-Cですし、Chromebookも2台がUSB-Cということもあり、あればそれなりに助かるだけに今回の依頼は大変ありがたく受けさせて頂きました。ただ、特徴を挙げろ、と言われても前回、今回と触れたような手軽さと気楽さ、くらいのものなのです。価格の手頃さもありがたくはありますが。

個人的にはこのシリーズでLightningケーブルもあれば非常に助かるのですが、流石に認証諸々でコストもかかるのかな。ただ、期待して待ちたいと思っています。

大きな特徴はないものの、MicroUSB以上に必要なときに限ってまだ手元に足りないことの多いと思われるUSB-C。もし購入を検討されているのであれば、前回の3本セットと合わせて候補に入れてみて欲しいな、と思っています。

気がつくと手元に大量に余っているのだけれど、使い勝手の良いモノは少なく、嵩張るので適当に処分してしまうのだけれど必要な時に限って無い。それが充電用ケーブルです。Lightningは比較的少ないけれど、...

MicroUSBとUSB-Cのどちらも必要な方にはこちらが良いかな、と思います。

ここ最近、出かける際には基本的にChromebookを持って出るため、その分荷物が重くなります。それまでは多少無駄があってもモバイルバッテリーやその他あまり考えずに鞄に入れても大して影響はなかったので...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。