[かぶ] 新型Kindleの解像度を眺めていて、ふと懐かしいPalmを思い出した。

[かぶ] 新型Kindleの解像度を眺めていて、ふと懐かしいPalmを思い出した。

スポンサーリンク

Palmって覚えていますか?というか、ご存知ですか?2000年代前半に日本でも少しだけ普及した(のかな?)手のひら端末です。今ならiPhoneの通話機能のないもの?音楽機能も厳しいか。昔懐かしい電子手帳のようなものだと思って頂けるとイメージしやすいかもしれません。日本ではPalmよりもCLIE(クリエ)のほうが少しは知られているかもしれませんね。ザウルスとか、あの辺りの時代です。

OOK86_alpha15142320-thumb-1000xauto-16115

なぜ突然Palmを思い出したのか。

今更Palmが戻ってきて欲しい、というつもりはありませんが(でもちょっと久しぶりに欲しい。)、当時はPalmに胸熱くしました。私のPalm遍歴についてはまた改めて書きたいな、とは思っているのですが、モノクロ液晶画面に今となっては見にくい日本語を表示させて、Graffitiでちまちまローマ字入力してアドレスやスケジュール、サイトから落としてきたブログの文章を読んだりしていました。

いや、懐かしい。改めて、と言っているのに、書くとやはり止まらなくなる。

で、なぜ思い出したのか。今回発売されたKindle Paperwhiteがようやくvoyage同様、解像度が300ppiになりました。相変わらず液晶はモノクロですが。ちなみに今までのPaperwhiteは221ppiです。なんかどうでも良いですか?

解像度が上がるということ。Palmでもそういえばあったなぁ、と。

今回、折角だしプライム会員なら4,000円引きになるし、買おうと思っているのですが、(このブログを上げた後に注文しようかとちょっと考えているところ)、発売日を過ぎたこともあって、ネットでも今までのPaperwhiteとの見やすさ、フォントの比較の画面などが載っています。

正直、わかりにくいのですが、きっと手に取って見てみると、あれ、なんか見やすくなったな、滑らかになったな、と感じると思うのです。

そして、そこでふと思い出したのです。Palmでも以前、そんな移行期があったなぁ、と。そして、その後少しして、日本市場からは消えてしまったなぁ、と。

確かに見やすくなると思う。けれど、本質はきっとそこではない。

解像度が上がる、といったことは、アルファベット圏の国々以上に、私たち漢字圏の人間のほうが嬉しいです。しっかり見やすさに影響します。そしてより滑らかな描画が可能になるからです。

Palmでも解像度が2倍に上がった時期がありました。CLIEのように日本のメーカーの出す端末はそもそも解像度が全く別物で日本語表記を想定していたから綺麗だったし、更にカラーで、動画も見れて、音楽も聴けて、と革新的でした。でも私は結局CLIEも買いましたが、求めたのは単に解像度が上がって一画面中の表示文字数が増えることだけでしたが。音楽とか動画とか不要でした。

今回の解像度が上がることは、もちろん私は歓迎です。というか、それは益々本を読みやすくしてくれるでしょう。

けれど、私がKindleに惹かれている部分。よく最近触れる、「だけできる」の魅力。それは、ふと今回、私にとってはPalmなどの頃から続いている根っこにあるものなのかなぁ、と感じました。

Palmにも多機能、高性能、カラーなど様々なものが求められた時代があった。

0847-201506_France 01

けれど、Palm本社は確かこれを拒んだんですよね。それも単に変化したくない、とかコストをかけたくない、とかいうことではなくて、明確なコンセプトがあったから。ポリシーがあったから。それが、上でちょっと触れたSimply Palmのような思想だと思うのです。当時もZen(禅)なんて合わせて持て囃された時期がありましたね。

結局Palmは時代の流れについていけず、通話機能なども徐々に増やしたりしながら、日本からは消えていってしまいましたが。

今のスマホはなんでも出来ます。けれど、シンプルに扱えること。だけ出来るというPalmの魅力は今も輝いています。

文字入力だけは不便でしたけどね。恐らく。あれも日本で受け入れられなかった大きな理由だとは思いますが。

今回のKindleの新型を見た時、というよりも、画面の比較の記事を幾つか見た時、ふとPalmの解像度の話を思い出したので、ちょっと懐かしくなって書いてみました。

もちろん今回のKindleも私は欲しいですし、楽しみです。ほとんど変わらず、本を読むことに特化させてくれている今の方向性は私はとても気に入っています。結局私の周りにあるのは、こうした「だけできる」、その「だけ」に特化しているものが増えました。そうなってくると、シンプルなものが増えてきます。

[かぶ] 新しいKindle Paperwhite発売前に、改めてKindleの「だけできる」ことの魅力を伝えたい。

Palm、良かったなぁ。思わず当時の雰囲気を懐かしみたくなってしまいました。ちょっとまた調べてみようかな。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。