[1129-201601] Forest NotesとWAZUKAで音と香りから自然を感じ、快適な睡眠を求めてみる。

[1129-201601] Forest NotesとWAZUKAで音と香りから自然を感じ、快適な睡眠を求めてみる。

スポンサーリンク

どれだけ心地よい睡眠が出来るかは、毎日の調子に大きく影響してきます。その為に枕や布団、睡眠前の行動など、意識出来ることは多くあると思います。
1129-201601_ForestNotes WAZUKA
最近わが家では就寝時の音と香りを少し意識しています。以前もご紹介した「Forest Notes」と「WAZUKA」です。

全国各地の森の音をリアルタイムに配信する「Forest Notes」

JVCケンウッドが運営している、全国各地の森の音をリアルタイムに配信するインターネットサービス、「Forest Notes」。サービス開始直後から注目していて登録していました。
[0266-201406] Forest Notesが自然に自分の日常の中にある生活。意識して流さないこと。
1129-201601_ForestNotes WAZUKA 01
現在Live配信が5箇所、ほか録音が3箇所の計8箇所の森の音を流すことが出来ます。メインはやはりLive配信。それぞれの森に設置したマイクからリアルタイムで音を拾って配信してくれるこのサービスは、一般的に販売されている自然系のCDと違って装飾修正が加えられていないところが魅力です。

わが家ではPCよりも、スマホ+Bluetoothスピーカーのほうが調子が良い。

残念なのは、流しっぱなしにすると、いつの間にか配信が止まっていること。再生はされているのですが、音が出ないのです。1度ブラウザを終了させて再起動するとまた音が出始めるので、どうもブラウザとの相性のようです。今まで就寝前に流し始めて、目ざめたときにきちんと配信が続いていることは稀でした。
どうもわが家のデスクトップPC(Windows10)との相性が良くないようです。折角デスクトップPCはサウンドカードも挿し、5.1chのオーディオシステムを繋いでいるのですが、そうしたこともあって最近は少し流していませんでした。
ところが、先日からZenFone 2+Bluetoothスピーカーで使ってみたところ、これが調子が良い。
[1002-201509] 【PR】音楽配信サービス続々上陸な中、Bluetoothスピーカー OMAKER M075をレビュー。 | Life Style Image
1129-201601_ForestNotes WAZUKA 03
Omaker M075、いつの間にか品切れになってしまったのが切ない。
PCよりもスマホWi-Fi接続+Bluetoothスピーカーのほうが使えるというのも切ないですが、元々JVCケンウッドもこのForest Notesに特化させたBluetoothスピーカーを別途販売しているくらいなので、こちらが前提なのかもしれません。
Forest Notes Wireless Active Speaker YG-FA30HV / YG-FA2HV | JVCケンウッド

眠りに特化した香りブランド、WAZUKA ねむりの島の香り液。

先月末から定期便を申し込んでいる、眠りに特化した香りブランド、WAZUKAのねむりの島の香り液(屋久島地杉 幹の香り)。常に香る、というわけではなく、本当に時々気付く程度の僅か(WAZUKA)な杉の香りが、最近の寝る前の楽しみです。
[1122-201512] 眠りに特化した香りブランド、WAZUKA ねむりの島の香り液(屋久島地杉 幹の香り)定期便を申し込んでみた。
1129-201601_ForestNotes WAZUKA 02
こちらと先ほどのForest Notesを組み合わせると、簡単ではありますが自然の中の気分(環境)の完成です。残念ながらForest Notesでは屋久島はあるもののLive配信ではないので(録音)、今はLive配信の「白神山地」や「飛騨髙山」「やまなし水源地」などをその日の気分で組み合わせています。

自然を少しでも身近に感じ、常に意識することの出来るように。

冬ということもあって、雨と水の音以外はほとんど聞こえてくることがないのですが、時折恐らくマイクの側を小動物が通ったのでしょう、ガサガサ、という音や遠くに鳥の鳴き声が聞こえてくると、ああ、今も自然は変わらずに生きているんだなぁ、と感じることが出来ます。眠る前の僅かなひとときも心地よいのですが、目ざめた後の早朝の森の声と僅かな杉の香りも贅沢なものです。
勿論こうしたものはあくまで人工的なものに過ぎませんが、常に自然を意識することが出来る、というだけでも嬉しいことだと思います。そうした意識が、東京にいるとつい忘れがちな人間以外の生物や自然との関わり、繋がりを少しでも思い出すきっかけになるのであれば、それもまた良いのではないか、と思います。
今年も山行こう。
興味が沸いた方は、試してみて下さい。
Forest Notes | JVCケンウッド
WAZUKAブランドページ|あきゅらいず

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。