[1071-201511] 急激に寒くなったこの時期に私が取り入れている3つのこと。大切なことは自分の身体からの声にきちんと耳を傾けること。

[1071-201511] 急激に寒くなったこの時期に私が取り入れている3つのこと。大切なことは自分の身体からの声にきちんと耳を傾けること。

スポンサーリンク

寒くなりました。ハロウィーンが終わったら、街は早速クリスマス仕様です。速いって。まだサンクスギビングも終わってないでしょ。
以前、ちょうど季節の変わり目に私が意識して生活に取り入れていることについて書きました。
[1023-201509] 季節の変わり目のこの時期に私が意識して生活に取り入れている3つのこと。
「朝風呂」「腹巻き」「マスク」でしたが、もうこの3つは欠かせません。今年もやってきました、私の鬱シーズン。本当に酷いです。朝。生きるのが辛いと半分本気で考えてしまうほどに鬱です。これ、冗談だと思われるかもしれませんが、結構深刻です。それくらい身体冷えると人って生きる気力を失うんです。

そこで今回もそれらを前提に、改めて取り入れていることの素晴らしさを語る。

1071-201511_Boneco Haramaki Mask
今回はそこに昨年末に導入して、今年も出番が来た「ボネコ加湿器」を加えます。最近急に検索ワードで上がってきたので。使い勝手も含めて。今、朝生きるのが辛い方や、何となく身体の調子が悪い方は参考にして頂ければ幸いです。
ちなみにこのブログでは今回の「朝風呂」「腹巻き」などのほかにも色々と生活に取り入れているものがあります。腰痛から歩き方まで。興味のある方は合わせて御覧ください。

昨年末購入のボネコ加湿器。変な臭いがたまにきず。

0475-201412_Boneco01
昨年末に通販生活で購入したボネコの加湿器。大変気に入っておりまして、今も横で動いております。音に関しては夜寝るときには「強」にしてしまうと若干音が気になりますが、まぁ普段は地味に頑張ってくれていると思います。
[0475-201412] 散々悩みましたが、通販生活でボネコの気化式加湿器を購入、昨日も今日も湿度50%台を維持しています。
唯一の欠点というか、たまにきずなのが、使っている内にシーズンの後半になってくると臭いがしてくるんですよ。
一応週一では中をしっかり洗ったり(あ、でも前半は少し手抜いた)していたつもりだったのですが、どうしても残ってしまった水が腐ってくるのか、フィルターが徐々に効果を失ってくるのか(シーズンごとに替えるフィルターは徐々に黒ずんで固くなってきます)。おかげで今年の春先はフィルターを交換してなかったので、何となく臭ってそちらのほうが辛いので使いませんでした。
この秋フィルターを買い換えたらあっさり臭いはなくなったので、単にフィルターの劣化だと思いますが、油断していると意外と交換が速いかもしれません。更に通販生活販売独占のため、フィルターの追加購入もカタログハウス経由だし、人によっては若干面倒かも。
[0502-201501] 年末にボネコの加湿器を買って良かったと心から思う理由。
ただ、加湿器自体はやはり必要だと思います。特に就寝時。これからの季節、暖房を使っている時間も増えてくると思います。怖いのは乾燥。加湿器はどのモデルにするか悩んでいる暇があったらとりあえずさっさと買ってしまったほうが良いと思います。ちなみに今、何となく価格.comで見てみたら、売れ筋ランキング1位はシャープのKC-D50でした。


確かにAmazonでも売れてますね。特にコダワリなければ空気清浄機能もあって手頃なので、この辺り買って試してみるのが一番かな。こういうのって、悩んでいる内に何年も経ってしまった、というパターンの一番多いジャンルなので。

バカにすると勿体なさ過ぎる大人の必需品。腹巻き。

0789-201505_Haramaki 05
このブログを以前から読まれている方で、このアイテムをばかにする方は皆無だと思いますが、改めてその素晴らしさを伝えたい。腹巻きは最高です。
[0789-201505] 白鷺ニット工業株式会社製の「腹巻」が素晴らしい。
もうこの季節になったら暑いなんて感覚もないでしょうから、四六時中腹に巻いていて正解です。食後にお腹が苦しい方は寝る時だけでも構わないので、とにかく必須。
明け方は本当に冷えるようになりました。これは幾ら厚着してもダメです。単なる冷え性な方だけでなく、普段からビールだなんだと身体を冷やす食べ物が好きな方はもちろん、そうした悩みのない方も一度腹にして寝れば分かります。
[0896-201507] この時期必須の一着と言えば、腹巻きをおいて他にありません。
TSU882_natunokakigoorino-thumb-1000xauto-18439
結構寝ている間は動くので、腹が出てしまったりするんですね。意外と朝には冷えていることが多いです。これが辛い。内臓が温かい状態というのは、本当に人を健康にします。

寝るときにはもうマスクは欠かせません。喉が全く違います。

0998-201508_Asafuku 03
ここ最近、急に起きた時に喉がヒリヒリすることが多くなったんです。それもあって加湿器を早めに今年も始動させたのですが。で、そういう時には必ず忘れていることがあるんですね。安眠マスクです。
[0998-201508] 麻福(ASAFUKU)の小田急新宿店の催事出展で藍染ヘンプ安眠マスクを購入。
元々は登山に向かう際の長距離バスや夜行バス、飛行機の中などでマスクは愛用していたのですが、最近は就寝時には欠かせないものとなってしまいました。枕の高さが変わったりと、原因は別にもありそうですが、だからといってマスクの魅力が減るわけではありません。
私の風邪は喉からなんです。今年は加湿器しながら更にマスクまでしていますが、ただ非常に快適です。特に愛用している麻福のヘンプの安眠マスクはヘンプの効果として殺菌効果もあるので、マスクをした時の何となく嫌な臭い(自分の口臭その他)が全く気になりません。洗うのも手洗いで干しておけばすぐ乾きますしね。これまた必須です。
ヘンプ安眠マスク |睡眠時の喉の乾燥対策に! おやすみマスク 風邪予防・風邪対策

大切なのは、自分の身体からの声にきちんと耳を傾けること。

なんかスピ系に聞こえるかもしれませんが、これって大切だと思います。自分の身体ときちんと会話をすること。身体のちょっとした変化、反応にきちんと気づいてあげられること。
あまり凝りすぎて健康食品を次から次へと買い込むのも考えものですが、世に出回る健康法を無条件に受け入れるよりも先に、まずは何となく最近喉がヒリヒリするな、こういう時にお腹が辛いな、寝起きになぜこんなに鬱なんだろう?という一つ一つの反応に気づいて、自分なりに調べてみる。失敗したっていいんです。その一つ一つが自分と自分の身体に対する理解に繋がるのかな、と改めて思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。