[0116-201104] 少し非常袋の中身も整理。ケブラー軍手 7G-K30を追加で購入。

[0116-201104] 少し非常袋の中身も整理。ケブラー軍手 7G-K30を追加で購入。

スポンサーリンク

先ほど少し長めに結構揺れましたね。即座に枕元のLS-3562のラジオの電源を入れました。私はiPhoneアプリで2本、「ウェザーニュース タッチ – Weathernews Inc.」と「ゆれくるコール” for iPhone – RC Solution Co.」、携帯メールで同じく「weathernews」からと、世田谷区の「災害・防犯メール配信サービス」と気がつくと4本体制になってしまったため、次々にメールが来るようになってしまいました(苦笑)でもそれぞれが微妙に予測震度が違ったりしていて面白いです。

ゆれくるコール

posted with ポチレバ

最近携行グッズにばかり意識が向いてしまいました。災害用非常袋から取り出して携行品に移したものもあるので、非常袋側は少し中身が少なく、また何が入っているかいまいち把握しづらくなってきています。こちらも今度は衣類等も含めて見直して改めてまとめてみようと思います。
そうした中、非常袋に入れるもので、下の物を買い足しました。
ケブラー軍手 7G-K30
○ケブラー軍手 7G-K30

軍手は滑り止め付きのものを2双、既に入れてあるのですが、難燃・耐切創性に優れているとうことで、1双購入しておきました。
切れにくく、燃えにくく、炎から離せば自然に火が消える自己消火性を持ち、溶融しない素材ということで、軍手とは使い分けても良いかな、と思っています。1双増えたところで大した重さや大きさにはなりませんし、今回他の注文のついででしたので。
ちなみに次のものと一緒に少し前に注文して届いていたのですが、今回BLOGで書くにあたって改めて購入したお店を見たところ、新しい商品が幾つか入荷していまして、その中で興味を惹かれたのが、「スペクトラ繊維使用 長耐久ソックス スニーカータイプ」です。同じく耐切創、そして耐摩耗に優れた新素材「スペクトラ」ということで、貫通防止機能はないそうですが、今入れてあるソックスの代わりにこちらを入れても面白いな、とかまた余計なことを考えたくなってしまいます。
万能ロープ 10m
万能ロープ 10m
ロープは少し悩みました。今まで用意していた紐は麻紐のみ。こちらは60mが3個あったものを、10mに切ったもの一つにし、新たにロープを持つことに。その際に、こうしたロープや紐をどういった用途に使うかで厚さや素材、長さも変わってくるので、どういう意味で持つことにするか。今まで参考にした雑誌やHPそれぞれに厚さや長さが用途に合わせて違いました。
もし避難用や救出用に使うのであれば、12mmのナイロン製、10~20mは必要。持ち運び用なら同じく5m。カラビナなども一緒にしておくと便利なようですね。
靴紐が切れた時や修理の時の応急処置、怪我をした時の手足の固定用や、濡れた衣服を乾かす時であれば5mmや3mmのロープや紐を10mずつ。
ちなみに他に参照したmont-bellでは防災ロープとして6mmのものを7mとその間を取ったような長さでした。
そこで今回は麻紐が10m、こちらの万能ロープを10mで、用途に合わせて切ったりして使い分けようと思っています。また、カラビナを幾つか、洗濯ばさみも数個一緒にしておきました。
#この文章は私の以前のブログ「毎月一品♪土屋鞄生活」で当時書いたものです。
2016年4月に発生した「平成28年熊本地震」に際し、改めて災害や震災、防災について自分の中で考えるために、また、あの当時感じた感覚を残しておく意味も込めて、再掲載することにしました。

[kanren postid=”14507″]

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。