[0530-201501] 今時パソコン、そして自作なんて少数派に属するけれど、それでも敢えて一度は自作を薦めたいと思う。

[0530-201501] 今時パソコン、そして自作なんて少数派に属するけれど、それでも敢えて一度は自作を薦めたいと思う。

スポンサーリンク

今のご時世、パソコンを組むこと自体、かなりの少数派に属するとは思うのですが、私としてはもしこれからも自宅でパソコンを使うのであれば、誰でも一度は試してみて欲しいと思うのです。

昔は既製品を買うよりも自作してしまった方が安上がりだった時代もありますが、今では組む方が何かと高くつきます。

とはいえ、それでも10万円もあればそこそこ、というよりも一般的な用途であれば何ら問題ないどころか快適なパソコンが組めてしまいます。
そして、それは慣れればプラモデルを作るよりも簡単なもの。

そこで、今回はパソコンの自作について思うところを書いてみたいと思います。

購入店舗はまとめてしまった方が何かと安心。

ちなみに上の写真は現時点のサブPCです。以前挙げたA4-6300の構成から一部変化しています。この半年で少しずつ見直してきているんですね。

[0261-201406] AMDのAPUって、今更だけれどもっと一般的に評価、搭載されても良いと思う。

この年末年始は久しぶりに秋葉原に行きました。秋葉原、面白いです。そして、実店舗ならではの特価やイベントもあって、趣味として楽しむには素晴らしい街です。
実際、大学生時代はだいぶ通いました。その頃はPCパーツショップでバイトをしようかと思ったくらい、ハマっていましたから。

先日のコミック無料の時に期間限定ではありましたが、1巻が無料で読めたので読みました。面白いですね。特にマニアでなくても充分に楽しめます。結局私はこうした方面には進みませんでしたが、今も適度な距離感で楽しめているのはありがたいことだなぁ、と思っています。

[0487-201501] 年末年始はつい読書三昧になってしまうのだけれど、コミック無料が加わって時間が足りません。

ということで、色々見てまわりながら、より安い店舗だったり、掘り出し物を探すのも楽しいのですが、一般的には手軽に注文できて、最短でその日の内に届くAmazonや、自分にとっての一店舗を決めてしまうのが一番かな、と思います。私の場合はAmazonか学生時代からそこそこお世話になっていたTSUKUMOがほぼメインになります。

慣れてしまっているけれど、ちょっと手を加えるだけで劇的に変わる使い勝手。

人間ってすぐに適応する生き物です。今のパソコンを買った時、その快適さ、速さに「おっ」ってなりませんでしたか?

それと同じく、今使っているパソコンに対して、「多少ストレスは感じたとしても、特に不自由は感じていない」と思われているのではないかと。

人間ってすぐ慣れるので、それなりにやれてしまうんです。それが素晴らしいところ。で、そんなもんだと思っている。

だから、あえてそれを変えるのは面倒だし、そんなことに時間を使うのは無駄なように思えてしまうのですが、ちょっと待って欲しいのです。

slooProImg_20150113191605.jpg

一つパーツが変わるだけで、もしくは数万円の投資で、劇的に使用感が変わることって多々あるんです。

それが分かりやすいのが自作の世界。まぁ自作している人は感覚麻痺して常に弄ってますから感動も何もないかもしれませんが。

例えば自作とは少しズレますが、今使っている液晶ディスプレー(モニタ)を新しくするだけで、画面が広くなっただけで、一気に使いやすくなることがあります。

slooProImg_20140520174255.jpg

妻は数年前にデュアルディスプレイに変えてから、使い勝手が一気に変わったようで、もうシングルには戻れません。

それだけでなく、スマホやノートPCの小さい画面に慣れた人にとって、最近の大画面のモニタにするだけで、情報量が格段に増えるのです。

slooProImg_20140603000653.jpg

同じことがパーツにも言えて、ちょっとCPUとM/Bを変えただけで大きく使用感が変わることがある。これでも数万円です。一台買うより勿論手頃。

メモリが倍になるだけで、こういう人の場合には今までのもたつきがなくなることもある。ということは、HDDがSSDに変わるだけで感動です。これで1万円。

自分の生活に合った一台を考えることに繋がる。

自分の使う道具について知ることは、自分自身の仕事について考えてみるきっかけになります。あ、自分にはどういう用途が多くて、どういうことを求めていて、それにはこんな余計な機能や性能は要らないんだな、等々。

そして、何かあった時にも自分の使う道具について知っていると言うことは、自分である程度何とか出来る、ということに繋がります。

「わが家ではパソコンは必須だけれど、それ程高性能のものは要らないな。だから、少し省電力で考えてみよう。」

そんなことに気付くかもしれません。

もしくは、今までメーカー製パソコンを買っていて、当たり前だと思っていた様々なソフトや機能が、実は単に重くさせているだけで自分の用途に全く不要だということに気付くかもしれません。

slooProImg_20141111132423.jpg

そうした過程を経て、やっぱりわが家にパソコンは不要、スマホで充分、タブレットで充分、という結論に行き着くのも良いと思います。

けれど、自分の道具について考えることがないと、何となく今手元にある出来合いのパソコンの使い勝手だけで判断してしまう。

パソコンってこういうもんなんだ、と思って深く考えなくなってしまうのです。それは勿体ない。

などと神妙に書いたけれど、まとめると。

パソコン楽しいよ。自作面白いよ。食わず嫌い勿体ないから、一緒に楽しもうよ。

単にそれだけです。あなたも自作してみません?

[0196-201405] 今更ながら自宅サブPCの再構築。PCを自作するということは、自分のライフスタイルを主体的に考えるということ。