[かぶ] システム再構築に合わせて、AMD製のAPUほか余ったパーツでスリムタイプのデスクトップPCを作りました。

[かぶ] システム再構築に合わせて、AMD製のAPUほか余ったパーツでスリムタイプのデスクトップPCを作りました。

スポンサーリンク

ここ最近はメインPCはChromebookなのだけれど、とはいえWindowsが必要な時もあり、また夫婦共用で結婚当初からデスクトップPCを自作して使ってきました。保守管理は全て夫の役割。

基本的にハイスペックである必要はないかな、と考えていたので、少し趣味性も出してCPUをINTELではなくAMD製のAPUにしていたことは以前書いたことがありますが、日常の使用において全く不便を感じたことはありませんでした。大して重い処理を行う作業がなかった、ということもあると思います。

ここ最近、少々突然の再起動を繰り返したり、何かと動作が不安定になってきたので、OS自体の再インストールをするなら折角なのでシステム自体を一新させてしまおう、と一通りパーツを揃えました。その結果、手元に余った幾つかのまだ使えるパーツ。こうなると、あと幾つか買い足せばもう一台完成してしまいます。新しいPCを組み立てると、いつの間にかもう一台PCが生まれているのは自作派の常。

AMDのAPUを使ったスリムタイプのデスクトップPC。今回はSSD、ケース等を追加で購入。

pc-iw-ce685-jisaku-04

結果いつの間にか出来ていたスリムタイプのデスクトップPCがこちら。

CPU AMD A10-7850K \14,554-
RAIJINTEK ZELOS \2,677-
MB MSI A88XM GAMING \—
RAM CORSAIR VENGEANCE CMY16GX3M2A2400C11R x2(32GB) \12,380- x2
SSD Crucial MX300 CT275MX300SSD1(275GB) \8,056-
HDD WESTERN DIGITAL WD30EZRX(3TB) \25,000-
DVD-R ASUS DRW-24D5MT \2,073-
CASE INWIN IW-CE685/300P \12,161-

今までメインで使っていたモノのお下がりも多いので、実際に追加で購入したのは太字のパーツのみ。追加投資は2万円強くらいです。これで確かに最新では無いものの実使用上全く不便を感じないサブのデスクトップPCが一台出来上がってしまうのだから、ありがたいなぁ、と思います。

最近の用途を考えると、CPU単体でそこそこ使えるAPUとスリムタイプのケースの組み合わせが合う。

pc-iw-ce685-jisaku-05

最近はINTELのCPUも単体でそれなりにゲームなども動くようになってきているようですが、私たち夫婦のように重い処理をほとんどしないユーザーにとっては、場所を取らず、内部もコンパクトにまとまり、でいながら何でもとりあえずそこそこ不満なく使える、となるとAMD製のAPUという選択肢は今も有力だと思います。

現行APUのA10の中ではハイエンドの7890Kでもこの価格。個人的には付属のCPUクーラーが欲しいなぁ、と心動いたのですが、手元にある7850Kも一昔前のハイエンド。用途を考えればほとんど差が無い気もするので、敢えて買い足しませんでした。

AMD製のAPUは数年前まではそこそこ盛り上がりを見せていて眺めていて楽しかったのですが、ここ最近はイマイチ元気がなくて残念です。新型CPUも出る出る言いながらなかなか出ませんし。

そして今回選んだケースが、もう数年前から気になっていたINWINの、300WのPLATINUM電源付きのこのCE685/300P。

この価格ながら、中身がうまく収まって無駄のない感じが気に入っていまして、その内もう一台増えそうなときにはスリムタイプのこのケースにしたいなぁ、とずっと考えてカートに入れっぱなしにしておりました。

エルミタージュ秋葉原 – これで全てが分かる。In Win「IW-CE685/300P」徹底検証

[i][PC]をコンパクトにするためにPCケースをINWIN IW-CE685/300Pに交換した | アイドリングタイム

AMD A10-7800でPCを作ってみた ~ 組み立て編 : BlogなMaterialisticA

ちょうどこの2014年頃のA10-7800の出た頃が面白かったなぁ、と改めて懐かしく思う次第です。

pc-iw-ce685-jisaku-03

実際に組み立ててみると、確かに無駄なく必要なモノが綺麗に詰まって気持ちが良い。またケース自体が電源付きで12,000円程度ということで、余ったパーツで一台組むときにはお薦めだなぁ、と改めて思いました。ただ、少々熱が籠もりやすいので、ちょっとした処理でもすぐにCPUクーラーがフル回転してしまうのは悩ましいところ。スリムタイプなので床置きではなくてPC横などに置くことも多いと思うので、少しファンの音が気になってしまうかも。

スリムタイプのWindowsデスクトップPCとChromebookって相性が良いかもなぁ、と思う。

pc-iw-ce685-jisaku-01

動画編集や最新の重いゲームを楽しんだり、と激しく使いたい方には向きませんが、普段のほとんどの作業はChromebookで済んでしまうような人にとっては、それを補うPCとしてのスリムタイプ、AMD製のAPU辺りを積んだWindowsPCというのは相性が良い気がします。

実際全てをラップトップPCだけでまかなう、というのは、出来なくはないけれど、使い勝手を考えるとデスクトップPC+大型の液晶モニターという組み合わせが一台別途あるだけで大分幅が広がってくると思うのです。

とはいえ、別にどちらもハイスペックなものが必要な訳ではなく、むしろこのくらいのさじ加減のモノのほうが、お財布にも優しいし、実用上も不便を感じない、程よい感じだと思っています。

日本においては最近はデスクトップPCって、いや、PC自体が要らないような空気も生まれているけれど、世界においてはそんな日本は特殊でIT後進国だったりする訳です。スマホがあれば充分と言いたい気持ちも分かりますが、スマホで出来る程度のことしか用途が思い浮かばない想像力の貧困さが現状を生んでしまっているような気がしてなりません。

ちょっと最後は脱線してしまったけれど、とりあえずこの程よいさじ加減のAPUなスリムタイプのPCは、色々な意味でPCって楽しいなぁ、と改めて思わせてくれる魅力がありました。自作、やっぱり楽しいですよ、ホント。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。