[かぶ] AMDのAPUって、今更だけれどもっと一般的に評価、搭載されても良いと思う。

[かぶ] AMDのAPUって、今更だけれどもっと一般的に評価、搭載されても良いと思う。

スポンサーリンク

現在わが家には稼働中のパソコンが2台あるのですが、その内の1台はAMDのAPUを使っています。

最近は益々自宅用のPCがあまり求められなくなり、飽和状態が続いているようです。けれど、自宅で仕事に使う分には相変わらずタブレットやノートではなく、大画面の高スペックなデスクトップが便利です。 で...

妻との共有パソコンは、安定性等色々考えて、Intel製CPU + Windows 7で動かしていますが、それもIntel製が格別安定しているとか、AMD製がダメだというわけではなく、あくまで夫婦共有だから、というだけのこと。私が先日組んだサブPCも、現在OSを選ぶだけになった1台も、どちらもAMDのAPUを選択しています。

my-amd-pc-01

理由は、Intelに比べて価格の手頃でありながら、APUということで、Intel製よりも単体であればGPU部分が強いこと。わざわざGPUを別途用意するつもりがないのであれば、カジュアルな用途であれば、ここ最近のパソコンの全体的な性能を考えるのであれば、CPU能力に特化させるよりも、CPUとGPUを満遍なく、それなりに使えるもので充分だと思うのです。

勿論これは誰にでも勧められるものではなく、ある程度自分の用途が分かった上で、AMD製のAPUの強み弱みも「自分なりに」分かった上で、でないと、思わぬ結果になる可能性もないとは言えないのですが。ただ、それにしても一般的に市場に出ているパソコンにAMD製のCPUもしくはAPUを搭載しているものの選択肢が少なすぎる気がしています。

そんな中、なかなか面白い展開のさせ方をしているのが、パソコン好きにとっては好き嫌いも分かれるようですが、マウスコンピューター。

何故マウスコンピューターかといえば、AMDのAPUを愛用しているものからすると、とても面白い導入例を読むことが出来るからでもあります。

アニメ制作スタジオの名門 タツノコプロがAMD APU搭載マシンを選んだ理由 | マウスコンピューター / インタビュー/導入事例「タツノコプロ」様

実際、私もウルトラハイエンドマシンは勿論気になりますし、そんなものを使ってみたいと思うこともありますが、普段の用途であればそこまであっても資源とエネルギーの無駄が多すぎる気がしています。かなりライトな使い方だとは思うので。パソコンって凝り始めるとついつい細かい部分にまで拘りたくなって、気がつくと出費が増えていきますが、そんなヘビーではなくても自作にも興味がある私にとってはAMDのAPUというのは面白い。ここ最近両方使ってみて、あ、これは意外と妻との共有パソコンのほうが、よりスペースを取らず、色々とパーツに拘らず、けれどストレスを感じずに使える、という性能を考えると、今使っているサブPCのほうが良かったかな、と思うくらいです。

my-amd-pc-02

妻の用途を考えるのであれば、無駄にIntelであったり、メモリが32GBあったり、そこに更に単体GPUまで入れるような必要はないわけで、それよりもはそうしたリソースは無駄に趣味になっている私のサブのほうにして、ライトなAMDのAPUで気軽に作ってしまって、あとは細かい部分を気になるようなら詰めていくくらいのほうが合っていたかなぁ、なんて時々考えます。

まぁ、実際今からこの2台を替えるつもりはないですし、また実際替えてみたら思った結果が得られない可能性も勿論あるのですが、それでもそう考えたくなってしまう「楽しさ」はあるかなぁ、と思います。

そして、こうしたAPUこそ、自作だけでなく、もっとライトな層に普通に選択できると面白いのになぁ、と思うのです。例えば先日書いた、実家の母の新しいパソコンなどにも良いなぁと思います。実際はそんな小さな街の家電量販店には扱いにくそうですが。

前回実家に帰った時なので、半年近く前になりますが、母がそろそろパソコンを買い換えたい、と言いました。 予算は5〜8万くらい。用途はまぁ、ネットで旅行の予約や調べものしたり、毎年一回の年賀状作った...

そうした意味でも、マウスコンピューターには頑張って欲しい。もっともっと押し出しても良いと思うのに、と1 AMDユーザーとしては勝手なことを思ってしまうのです。

パソコン自体、なかなか新しく買い換えることはないかもしれませんが、単に価格、というだけでなく、(なかなか手を出しにくくはありますが)、AMD搭載のパソコンという意味で、こうした選択肢もちょっと考えてみて欲しいなぁ、と思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。