[かぶ] 4月発売予定のSamsung Chromebook Proが何となく当分は出ないような気がする理由。

[かぶ] 4月発売予定のSamsung Chromebook Proが何となく当分は出ないような気がする理由。

スポンサーリンク

気がつけば4月も半ばになりました。4月半ば、といえば、Chromebook好きとしては見逃せない製品がそろそろ発売される時期です。そうです、Samsung Chromebook Proです。先行したPlusの発売日直前に突然各種メディアにProのテストモデル(サンプルモデル)が貸し出され、Plus発売日にも関わらず何故かProのレビュー動画が賑わったり、とよく分からないプロモーションをしてきたSamsungですが、Plusの処理速度に不足を感じている方にとっては待ちに待った発売でしょう。

ところが、2017年4月16日の時点でも未だSamsungの製品ページにはPlusしかありません。

Amazonも同様にPlusのみ。

本当にあと半月の間に発売されるのでしょうか。

この話題は各種SNSでもじわじわと出てきていまして、またChromebook好きにはお馴染み、Chrome Unboxedでも、以下のような記事が4月初めに投稿されました。

https://chromeunboxed.com/samsung-chromebook-pro-release-date/

However, the firm ‘late April’ date was used when this device was unveiled at the press event and additionally confirmed to us via email. While I’m hoping to see an April shipping date, I’m preparing myself for the scenario of pre-orders in late April and a true availability in the first part of May.

個人的な感覚としては、(突然発売される可能性は0とは言えませんが)しばらく発売は難しそうな気がしています。以下、その理由を挙げてみます。

Proに搭載予定のCore mのPlayストア対応への道のりがまだ長そうだから。

Playストアに一旦対応したものの、現在通常の方法では使えないことになっているのが同じCore mを積んだASUS C302CAです(使えないわけではない)。また同じCore mを積んだHP Chromebook 13 G1もBETAチャンネルで一応対応はしています。

ただ、どうも今のところAndroidアプリとの相性がまだ良くないようで、対応に時間がかかっている印象です。

そもそもここ最近のChromebookはAndroidアプリ対応を魅力の一つとして謳っていますが、肝心の対応状況に関してはこのモデルに限らず、全体的に遅々として進んでいません。

この状況でSamsung Chromebook ProがStable(安定版)チャンネルで強引に対応させてきたとしても、恐らく様々な部分で動作に首を傾げたくなる部分が出てきそうな気がするのです。一応、Samsung Chromebook Plus/Proの大きな魅力の一つが、タブレット感覚でAndroidアプリが使える、という部分にあると思うので。

こんな使い勝手をイメージして購入してみたら、思っていたよりもAndroidアプリがまともに動かなかった、となっては、いくら更新頻度が多いChromeOSとはいえ、Plus発売当初の低評価レビューと同様の状況になるリスクもありそうです。

せっかく期待のOP1搭載のPlusがあるのに、敢えて他社とも競合しやすいProを急いで出すメリットが薄い。

既に「よりAndroidアプリとの相性が良い」はずのSoC、OP1を搭載しているPlusを発売していて、ある程度の高評価を受けている現段階では、急いでProを出してくる必要性がないような気がしています。違いがOP1かCore m3かの違いだけ。そして恐らくモデルのコンセプト的にはOP1を押し出したいのだと思うのです。またCore mモデルとしては既にC302CAがかなりの評価を得ていて、ここに食い込むのは余程Androidアプリに独自にしっかり対応してから出ないと厳しい気がします。

今週はお借りしているASUSのWindows 10搭載のラップトップPC、ZenBook 3 UX390UAを意識的に使っています。そのため、Chromebookに触れる時間が普段よりもやや短くなって...

今はとりあえず既に発売されているPlusにおける動作の安定とOP1の真価を発揮させるための最適化に注力するのではないか、と私は思っています。

私が普段メインで愛用しているChromebookはLenovo ThinkPad 13 Chromebook、+自宅では時々HP Chromebook 13 G1です。またこのブログでも人に薦めるので...

ということで、昨年末にリーク情報が出てから数ヶ月「Samsung Chromebook Proはまだか」と正式発表前から騒いでいたときと同様、「4月発売といっていたProはまだ出ないのか」と期待と買い控えを煽りつつ、ある日突然大々的に出てくるのではないかなぁ、と思っています。案外出ないかも。

現地日時2017年2月10日、2日後に新作Chromebook、Plusの発売を控えたSamsungがサンプルを貸し出した(と思われる)Chromebook Proのレビューが様々なネットメディアで同...

Plus、十分に面白いモデルですしね。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。