[かぶ] ASUS Chromebox 3 N017Uに“Carbon Fiber Print (Red)”と“Carbon Fiber Print (Blue)”が登場。いずれも$234.99。

[かぶ] ASUS Chromebox 3 N017Uに“Carbon Fiber Print (Red)”と“Carbon Fiber Print (Blue)”が登場。いずれも$234.99。

スポンサーリンク

本日はChromebookユーザーオフ会@大阪の日でした。大変楽しい時間を過ごさせていただきました。今回開催した4回のオフ会(東京x2、浜松、大阪)に関してはまた改めてご報告したいと思いますが、帰りの新幹線の中で何気なくスマホで色々眺めている内に思わぬモノを見つけてしまったのでご紹介します。

それがChromeboxです。

日本ではChromebook以上にマイナーで、恐らく多くの方にとっては「Chromebookは持ち運べるから良さが生きるのに、自宅据え置きにするんだったら普通のPCで良いじゃん」と思われるのではないか、と思います。そういう方にこそ是非一度試して頂きたいとは思うのですが、その辺書き始めると今回の文章もそれで終わってしまうので、また回を改めさせてください。

そんなBox、日本ではマイナーですが、海外では意外と需要があるのか、今も継続して新モデルが出てきています。例えばASUSであれば、現在最新のChromeboxは3となり、第8世代Core iを一部載せたりと、もう個人的には堪らない一台でして、以前かこのブログでも買いたい(買う)と言い続けてきました。実際はここ最近はAcer Chromebook Tab 10HP Chromebook x2ASUS Chromebook 12 C223と続きましてboxにまで手が回らない、という状況ではあるのですが、年内には何とか入手したいところです。

一般的には「第7世代Core i3-7100U」乗せて、日本直送可の上記N018U辺りが価格的にもオススメ($429)ですが、私はやはり(予想通り)

「第8世代Core i7-8550U」載せた最上位のN020Uが欲しいな、と思っています(一応日本発送可能)。

なんてここまででしたら今までと何ら変わらない振り返りにすぎないのですが、先程こんなモデルを見つけてしまいまして。

なんか良くないですか?“with Carbon Fiber Print”だそうです。素敵です。

Chromebox自体は各メーカーいろいろなモデルを出してはいますが、基本的には黒(ダークグレー)がスタンダードです。そう考えると、今回こんなモデルが出てきたのが驚きです。

ASUSは今回、Chromebook 12 C223でも“Premium Design − Red”を出してきました。

手頃な価格とシンプルな「Chromebookらしさ」を合わせ持ったASUSの新モデル、Chromebook 12 C223NAは発売から数日、現時点で品切れ、入荷待ちが続いています。そうした中、ASUS STORE USAにて“Premium Design − Red”が登場しました。ASUSの赤は従来モデルC201PAでもLotus Gold/Redが今でもプレミア価格が付くほどの人気です。

非常に面白い傾向だなぁ、と感じています。

価格的が$234.99と手頃なのも嬉しいな、と思います。CPUは流石にCore iではありませんが、それでも第7世代のCeleron 3865Uと実用上は十分。いや、むしろこの価格を考えても、単に従来からのChromeboxユーザーに限らず、お試し的に使ってみたい方にもかなり有力な選択肢になるのではないか、と思いました。というか、単に私が欲しい。

現時点では要転送サービスですが、それでも入手する価値は十分にあるモデルではないか、と思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。