[かぶ] ThinkPad 13 Chromebookを手放しました。理由は「もう一台」買ったから。

[かぶ] ThinkPad 13 Chromebookを手放しました。理由は「もう一台」買ったから。

スポンサーリンク

散々「Lenovo ThinkPad 13 Chromebookは素晴らしい」と書き続けていながら、意味が分からない行動ですが、理由はそのままです。

気に入りすぎて、目の前に現れた最上位モデルに手を出してしまったから。

私が愛用しているモデルは品番20GL0000USです。これはスペックとしては一番下の、Celeron 3855U、4GB RAMでTN液晶パネル、HD(1366×768)のものです。液晶パネルをFHDのIPSパネルに交換はしたものの、普段使いには全く不便はなく、大変に気に入っていました。

ただ、このモデルをAmazonで購入する数日前に、別のサイトで最上位のモデル(20GL0004US)が$399という破格値で販売されていて、これを悩んでいる内に買い逃した痛い思い出がありました。で、吹っ切れば良いものの、気に入っているモデルであるだけに、事あるごとに心にふとよぎるのです。「あの時$399で買っていればなぁ・・。」と。

これは同じく愛用しているHP Chromebook 13 G1でも同じなのですが、気に入ってしまうと、それならば最上位のCore m7、16GB RAM版にしておけば良かったかな、と思うことがあります。悪い癖です。

ということで、そのサイトをそれ以降も時々眺めていたのですが、先日たまたま気付いて(見つけて)しまったんです。液晶パネルのみTN HDではあるものの、それ以外のスペックは最上位の、20GL0005USというモデルが$344で出ていることに。

画像では既に「Out of Stock」になっていますが、見つけた時には残り在庫1。というのも、これ、新品ではなくOB(OPEN BOX PRODUCT)だからです。$344と安いのもそのためなのですが、海外だとRefurbishedモデルなどがAmazonでも半額近い価格でよく出回っていることもあり、これらは中古とはまた別の扱いになります。ということで、今回こそは!と思ったのですが、購入方法を模索している2日間の内に売れてしまいました。

ただ、その時点ではBackorderを受け付けていまして、そこに食い込む形で注文を完了。果たしていつ次のOPEN BOX品が入荷するか分からないのですが、ひとまず次に入荷した際には振り分けてもらえるはずです。そして、その後、前述のように「Out of Stock」になり、注文が出来なくなりましたので、ギリギリだったかもしれません。

注文自体はかなり苦労しまして、まず日本(海外)からアクセスすると、注文時に電話での確認が必要という状況。また、使用できるカードもアメリカ国内で発行されたもの。 さらに、発送はアメリカ国内(とカナダ)のみ。となると、使用できるカードが自分自身のカードになるため支払用の住所と発送先の住所が異なると、これまた承認されないのです。要はアメリカに住んでいないと売らないよ、ということ。

要は転送サービスも使えず、考えられる方法としては販売代行サービスを利用するくらい。久しぶりに壁にぶち当たりました。

結果としては、妹夫婦が現在アメリカで生活をしておりまして、ありがたいことに協力してくれることに。本当にありがとう。日本で必要なことがあったらなんでも協力するからね。

ということで、全く他人にお勧めしようがない(非常に限られた、一番普通の)方法で注文した2台目のLenovo ThinkPad 13 Chromebook。果たしていつ届くか現時点では不明です。(ちょっと手放すタイミングが早かったか。)

そして、2台手元にあっても出番が減ってしまって可哀想かな、と思っていた今までのThinkPadは使ってくださる方が見つかり、今はその方の元で頑張ってくれていると思います。(当ブログを読んでくださっている方でした。ちょっと驚きましたが、そういう方にお譲り出来て嬉しかったです。ありがとうございます。)

ということで、一時的に手元からThinkPad 13 Chromebookが無くなってしまいましたが、今もお薦めのモデルであることに変わりはありませんし、届き次第液晶パネルを交換の上、また使い勝手を日々ご報告していきたいと思います。

発送はアメリカ国内のみ、更に日本のカードでは決済すら出来ないアメリカの通販サイトTigerdirectでThinkPad 13 ChromebookのOPEN BOX PRODUCTを見つけ、現在アメ...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。